※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


戦艦・三菱(せんかん みつびし)


鈴木 蘇理央(スズキ ソリオ)

CV:佐藤聡美
年齢:18
性別:女性
階級:少尉
容姿:158cm,48cm,金髪碧眼でちょっとボーイッシュ。なおその胸は豊満であった
能力:自信過剰でポンコツでアホ。ハニートラップとかはできない。自分よりランキングが上の者には全力で媚びて取り入ろうとする。イメージカラーは黄色
性格:友達の持ってるお金想いの優しい女の子。何かあるとすぐ涙目になる。自称SRランクでURランクの豊田を尊敬している。
備考:元は名家の出身なのだが家はすっかり没落し借金を抱え今にも潰れそう。その家を再興するために頑張っているのである。
趣味は売名と金儲け。
台詞:「ソリオお金だ~いすき」「人気投票ナンバー1の豊田ちゃんのお友達の鈴木です」「へっへっへ、三菱のマドンナたる私を知らないとはお仕置きが必要ですね」「SRだって使い方によってはURを凌駕することもあるんです」


本田 恵(ほんだ けい)

CV:佐倉綾音
年齢:18
性別:女性
階級:少尉
容姿:身長171㎝ 体重65㎏(B:82 W:69 H:85)長身で黒髪ロング、きつい印象を受ける釣り目が特徴。
能力:才能だけなら中の上だが、ストイックなため能力は高い。得意な戦術は射撃、特に自分も相手も動きながらの射撃制度が高く、乱戦で能力を発揮できる珍しい射手である。
性格:自分に厳しく他人に厳しく身内に甘い、有言実行が座右の銘で、まず最初に目標を口にする。目標は達成が困難でも口にするため一部ではビックマウス扱いされることもある。他人にもかなり高いレベルの要求をするので疎まれることも多い。ものすごく甘党。
備考:
台詞:「結果を出してから口にするのは簡単、でもそんなものに意味なんてない、目標は口にしてから達成するから意味があるの。」


豊田 芹佳(トヨダ セリカ)

CV:佐藤
年齢:18
性別:女性
階級:少尉
容姿:164cm 55kg 92(F70):62:86 ショートの外はね癖毛
能力:
性格:ゆるふわ
備考:
台詞:「じゃじゃ~ん!」「そんなことよりお昼にしましょ!怒りっぽくなるのはお腹がすいてるからよ」


二津 栄吉(につ えいきち)

艦長
CV:大塚明夫
年齢:男性
性別:48
階級:大佐
容姿:白髪交じりの短髪と、少し整えてある無精ひげ、少ししわがありつつもキリリとした目つきのダンディな中年
能力:司令官としての才覚にあふれているが、美学をもって仕事にあたるため効率よりも見栄えを優先する場合がある、だが敵の搦め手に対応する能力はある
性格:搦め手よりも正攻法を好む、王道を行きたいタイプ、卑怯卑劣を憎み正道であれば敵に対しても寛容、特別な一品に目がなく試験品だった神機を自分の部隊に配属させるように動くなど収集癖がある。
備考:階級で呼ばれることを嫌い他人には「二津さん」と呼ばせている、口癖は「やっちゃえ」
台詞:「やっちゃえ〇〇」「やるねぇ」「我々は王道を行くだけだ」


その他(没等)


司馬 梨絵(しば りえ)

CV:小澤亜李
年齢:18
性別:女性
階級:少尉
容姿:茶髪、ショートボブ、身長155㎝、体重54㎏、胸はB、おしゃれするだけの金銭的余裕がないので私服がダサい
能力:反射神経、動体視力に優れ、近接白兵戦闘が得意、逆に客観視が苦手で戦場全体を見渡す力が不足している
性格:思考より先に行動するタイプ、快活ではきはきしている。両親とは死別し天涯孤独の身の上で孤児院から生活の為に軍に志願した。割と不幸な身の上だがそれを感じさせない明るさがある。真面目で正義感が強い。
備考:実家はもとから貧乏、父は徴兵により戦場で死亡、兄弟はなし。選民意識の高い帝国では孤児院出身者は最底辺の扱い。
台詞:「やらないで後悔するぐらいならやって後悔する!」

王子様(名前未定)

CV:
年齢:
性別:男性
階級:
容姿:
能力:
性格:少しお祭り好きでイベント事はわくわく。頼られるのは嫌いじゃない。
備考:例えばテスト前にはノートを貸してくれたり、例えばボールを渡せば得点する。そんな感じの俺達の大先生。
台詞:


芭・乱守(ば らんす)

CV:
年齢:18
性別:男性
階級:少尉
容姿:赤い鉢巻に執事服
能力:過去の事故によるサイボーグ手術を受けたことで超人としての力を発揮する。その際博士の世話をするために執事としての能力も得た。
性格:気は優しくて力持ち。思い込みが激しいところがある。梨絵にとある恩があり彼女のことをお嬢と呼び守ることを誓う。
備考:内紛の絶えない小国の出身であり幼少時から戦地に身を起き暮らしてきたためサイボーグ執事を自称する。しかし実際にサイボーグである。
台詞:「任せろお嬢!」「俺はサイボーグだがお前らなんかよりよっぽど人の心を持ってるつもりだぜ!」「みんな…さがれっ!
これは罠…っ!卑劣なトラップ…っ!!」 「エ、エネルギーダウンだとぉ!?」


木花 白夜(このはな びゃくや)

CV:
年齢:18
性別:男性
階級:少尉
容姿:白い鉢巻がトレードマークの黒髪。ザ・武士的外見。軍服を改造した白いロングコートを着ている。
能力:自他ともに認める天賦の才の持ち主であり、どの分野でも他人より優れた結果を残せる。剣を取り入れた古武道コノハナ流を極めている
性格:天才ゆえの傲慢なところがあり他人をナチュラルに見下しているところがあるが本人にとって一切の悪気はない。
しかし決して悪い人間ではなく、意外と情に篤く涙脆いところもある。
幼い頃より過酷な環境での修行で育てられたため大分ズレた感性の持ち主。
放ろう癖があり時折フラッといなくなってはどこかで遭難連絡を受け送還されてくる。
大体のものは一回見たら完璧に真似できる。
備考:偉大なる一族の始祖はかつて由葉明王と呼ばれたコノハナ教に名を遺す仏神とされており信仰はかかさない。
台詞:「気にするな。お前が弱いんじゃない俺が強すぎるんだ」「俺が負けを認めなければ敗北ではない!」「俺は負けん!天才の俺が負けるということは