※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戦艦大和or武蔵


総アクセス数→ -

今日来た→ -

昨日来た→ -


大和(やまと)は、大日本帝国海軍が建造した大和型戦艦の一番艦。しばしば**大艦巨砲主義の象徴とされる。


太平洋戦争開戦直後に竣工・就役した。その後、連合艦隊旗艦任務を務め、これは司令部設備に改良が施された同型艦 武蔵が就役するまで継続された。

建造

「大和(計画名A140F5)」は1937年11月4日、広島県呉市の呉海軍工廠の第4ドック(造船船渠)で起工された。その乾ドックは大和建造の為に拡張されて、長さが314m、幅45m、深さ11mとなった。米国に本型を超越する戦艦を作らせぬ為に、それは秘密裏に建造され、当初は海軍の中でも一部に知らされているだけだったと言われている。機密保持のため造船所を見下ろせる所には板塀が設けられ、ドックには艦の長さがわからないよう半分に屋根がかけられた。建造に携わる者は厳しい身元調査が行われ、造船所自体が厳しい機密保持のために管制下におかれた。

そして1940年8月8日進水、「天皇陛下進水式御臨席」の噂も飛び交う中、結局は海軍大臣代理より「大和」と発表される(なお艦首に菊の御紋章のある軍艦の艦名に関しては海軍省の提出した2つの候補から天皇が選定した一つをその艦に命名するのが慣例である)。もっとも、進水といっても、武蔵の様に陸の船台から文字通り進水させるのではなく、大和の場合はドックにただ、注水するだけであった。しかも、機密保持からその進水式は公表されることもなく世界一の戦艦の進水式としては非常に寂しいものに思われたという。


なお、「大和」とは奈良県の旧国名(大和)というばかりでなく、「日本」そのものを象徴する意味合いも含まれており、海軍の本艦にかける期待の度合いが見て取れる(同様の名称として扶桑がある)。1941年12月7日公試終了、同年12月16日就役。


戦役

1942年2月12日連合艦隊旗艦となる。同5月29日柱島出航、ミッドウェー海戦に参加、同6月14日柱島帰投。1942年8月17日ソロモン方面の支援の為柱島出航、同8月28日トラック入港。1943年2月11日、連合艦隊旗艦任務を通信、旗艦設備が改良された「武蔵」に委譲。1943年5月8日トラック出航、柱島へ向かう。この頃、ソロモン諸島で激戦が繰り広げられている最中にも泊地から動かない様を揶揄して、他の艦の乗組員からは「大和ホテル」と呼ばれた。

1943年12月25日トラック島西方180海里で米潜水艦「スケート」より攻撃を受け3番砲塔右舷に1本被雷した。破口はバルジのみであったにもかかわらず、爆発の衝撃で舷側鋼板の下端部が内側に押し込まれ、装甲鈑構造の支持ブラケットが内側に動いて弾片防御縦壁を突き破り、機械室と火薬庫に想定外の浸水被害を受けた。これは敵弾の命中の衝撃のみで浸水をきたす恐れがあるという致命的な欠陥であった。


1944年6月15日、マリアナ沖海戦に参加。同10月22日、レイテ沖海戦に参加。第二艦隊旗艦として米軍上陸船団の撃破を目指し出撃。25日サマール島沖海戦にて主砲弾を104発発射。大和に突入しようとした駆逐艦ジョンストンを副砲の射撃により撃沈。レイテ沖海戦では往復の航程で米軍の爆撃により前甲板に4発の爆弾が命中、約4000トンもの浸水を受けるも、戦闘継続に支障は無かった。


レイテ湾の入り口まで来たが、第二艦隊司令長官栗田健男中将は何故か反転し、突入することなく引き返している。


レイテ湾口ではキンケード中将の率いる米第七艦隊が待ち伏せしており、その中には戦艦6隻が含まれていたから、もし栗田中将が突入を命じていれば、史上最後の戦艦部隊同士の艦隊決戦になっていた可能性が高い。


最期

呉に帰港した後の翌1945年3月、呉軍港が空襲を受けた際、敵機と交戦した。目立った被害はなかった。

同年4月6日、沖縄に向けて出撃する。「光輝有ル帝国海軍海上部隊ノ伝統ヲ発揚スルト共ニ、其ノ栄光ヲ後昆ニ伝ヘ」る為にと神大佐の発案で唐突に実施された。大和(艦長:有賀幸作大佐、副長:能村次郎大佐(中佐?)、砲術長:黒田吉郎中佐)を旗艦とする第二艦隊(司令長官:伊藤整一中将、参謀長:森下信衛少将)に沖縄特攻の命令が下ったのは、4月5日、出撃の前日のことであった。


第二水雷戦隊(司令官:古村啓蔵少将、旗艦軽巡洋艦矢矧、第四十一駆逐隊(冬月、涼月(防空駆逐艦))、第十七駆逐隊(磯風、浜風、雪風)、第二十一駆逐隊(朝霜、初霜、霞)など)と共に山口県徳山湾沖より出撃(天一号作戦(菊水作戦))。先導した対潜掃討隊の第三十一戦隊(花月、榧(カヤ)、槙(マキ))の3隻は豊後水道で呉に引き返させた。


菊水作戦の概要は、アメリカ軍に上陸された沖縄防衛の支援、つまり、その航程で主にアメリカ海軍の邀撃戦闘機を大和攻撃隊随伴に振り向けさせ、日本側特攻機への邀撃を緩和し、もし、沖縄にたどり着ければ東シナ海北西方向から沖縄島残波岬に突入、自力座礁し大量の砲弾を発射できる砲台として陸上戦を支援し乗員は陸戦隊として敵陣突入させるというものであった。アメリカ軍の制海権・制空権下を突破して沖縄に到達するのは不可能にちかく、作戦の意義はまさに、一億玉砕のさきがけであった。しかも戦争末期には日本軍の暗号はアメリカ軍にほとんど解読されており、出撃は通信諜報からも確認され、豊後水道付近では米潜水艦に行動を察知され、特に暗号も組まれずに「ヤマト」と名指しで連絡されたいう。当初、米第5艦隊司令長官レイモンド・スプルーアンス大将は戦艦による迎撃を考えていたが「大和」が西進し続けたため日本海側に退避すると思い、航空攻撃を命じた。偽装進路をとらず、沖縄に直進していたら、世界最後の戦艦同士の砲撃戦になっていた可能性はあった。


4月7日14時23分に、鹿児島県坊ノ岬沖90海里(1海里は1,852m)の地点で米軍航空隊386機(戦闘機180機・爆撃機75機・雷撃機131機)の波状攻撃で猛攻を受ける。11本の魚雷と7発以上の直撃弾を受け、大火災をおこした大和は最後の魚雷が命中した3分後傾斜が6度から20度になり総員退艦命令が出された。しかし、艦内の大半のものにそれは知られず、総員退艦発令3分後大傾斜後横転(のちに転覆?)し海中で弾薬庫が大爆発(機関部が水蒸気爆発を起こしたという説もある)、船体は折れて海に沈んだ。そのときに発した火柱は、遙か鹿児島でも確認できたという。


同型艦の「武蔵」が魚雷20本以上・爆弾20発近くを被弾し、炎上しながら9時間程耐えたのに比べ「大和」はいささか早く沈んだ印象があるが、これは被弾魚雷の内1本を除いては全て左舷に集中したためと、低い雲に視界を遮られて大和側から敵機の視認が困難を極めたからであり、大和の操艦や性能が武蔵に劣っていたわけではない。米軍航空隊は「武蔵」撃沈で手間取った点を重視し、大和型の攻略法を考えていた。その方法とは片舷の対空装備をなぎ払った後、その側に魚雷を集中させて横転させようという物で、実際に第一波攻撃では「大和」は魚雷を被弾していない。しかしながら、米軍側と日本側の戦闘記録による命中数と被弾数には大きな食い違いがあり、魚雷に至っては米軍側は30本以上を主張しており、その戦闘の激しさを物語っている。


なお、菊水作戦時、沖縄までの片道分の燃料しか積んでいなかったとされていたが、実際には約4,000(満載6,000)トンの重油を積んでいた。重油タンクの底にある計量不能の重油を各所からかき集めたためで、実際にはその量だと全速力でも3往復はできたという。また、うまく沖縄本島に上陸できれば乗組員の給料なども必要とされるため、現金もかなりの額を持っていった(2006年の価値に換算して9億3000万円分ほど)。なお出撃に先立ち、傷病者とともに兵学校卒業直後の士官候補生数十名が退艦させられている。


戦死者は伊藤整一第二艦隊司令長官(戦死後大将)、有賀幸作艦長(同中将)以下2,498名、生存276名。


海上特攻の経緯
『戦艦大和』(児島襄著)によると、4月2日矢矧での幕僚会議では次の3案が検討された。

航空作戦、地上作戦の成否如何にかかわらず突入戦を強行、水上部隊最後の海戦を実施する。
好機到来まで、極力日本海朝鮮南部方面に避退する。
揚陸可能の兵器、弾薬、人員を揚陸して陸上防衛兵力とし、残りを浮き砲台とする。
この3案に対し古村少将、山本大佐、伊藤中将ら幕僚は3.の案にまとまっていた。 しかし突然4月4日神重徳大佐から電話により特攻作戦が伝えられた。 この命令は連合艦隊司令長官と軍令部総長の決裁後に軍令部、連合艦隊の幹部に通告されたため反論しようがなかった。

特攻命令を伝達に来た草鹿少将に対し伊藤中将が納得せず、無駄死にとの反論を続けた。自身も作戦に疑問を持っていた草鹿少将が黙り込んでしまうと、たまりかねた三上中佐が口を開いた「要するに、一億総特攻のさきがけになっていただきたい、これが本作戦の眼目であります」その言葉に伊藤中将もついに頷いたという。

『戦藻録』(宇垣纏中将日誌)によれば、及川軍令部総長が「菊水一号作戦」を天皇に上奏したとき、「航空部隊丈の総攻撃なるや」との御下問があり、「水上部隊を含めた全海軍兵力で総攻撃を行う」と奉答したので第二艦隊の海上特攻も実施されることになったということである 現在
現在の大和は、北緯30度43分、東経128度04分、長崎県男女群島女島南方176キロ、水深345mの地点に沈没している。艦体は1番副砲を境に前後二つに分かれ、艦首は北西(方位310度)に、艦尾部は東(方位90度)方向を向いている。右舷を下にした艦首部より1番副砲までの原型をとどめた部分、転覆した状態の3番主砲塔基部付近より艦尾までの原型をとどめた後部が約170メートルの間に、原型をとどめぬ艦中央部は一つの起伏となり艦尾艦首の70メートル南に転覆した状態で、根元から折れた艦橋は艦首の下敷きとなり、各々半分泥に埋まった状態で沈んでいる(NHK特集『海底の大和、巨大戦艦四十年目の鎮魂』にて放送)。


歴代艦長
(階級はいずれも大佐)

宮里秀徳:1941年9月5日~(艤装委員長)
高柳儀八:1941年11月1日~
松田千秋:1942年12月17日~
大野竹二:1943年9月7日~
森下信衛:1944年1月25日~
有賀幸作:1944年11月25日~

フィクションの中の大和
詳細は大和型戦艦に関連する作品の一覧を参照

主要参考文献

通史
児島襄『戦艦大和』(文春文庫、1986年)上巻 ISBN 4167141051 下巻 ISBN 416714106X
渡部真一『戦艦大和 びっくりデータ99の謎』(二見文庫、1994年) ISBN 4576941178
平間洋一 編『戦艦大和』(講談社選書メチエ、2003年) ISBN 4062582694
原勝洋『戦艦大和のすべて』(インデックス・コミュニケーションズ、2005年) ISBN 4757302894

建造記録
原勝洋 編『戦艦大和建造秘録 完全復刻 資料・写真集』(KKベストセラーズ、1999年) ISBN 4584170762
御田重宝『戦艦大和の建造』(徳間文庫、1999年) ISBN 4198911525
前間孝則『戦艦大和誕生』(講談社+α文庫、1999年)上巻 ISBN 4062564017 下巻 ISBN 4062564025

図面集
日本造船学会 編『昭和造船史 別冊 日本海軍艦艇図面集』(原書房明治百年史叢書第242巻、1978年) ISBN 4562003367
岡本好司『スーパーイラストレーション 戦艦大和』(モデルアート社1993年9月号臨時増刊 No.414)
ヤヌス・シコルスキー 著\原勝洋 訳、監修『戦艦大和図面集』(光人社、1998年) ISBN 4769808453

写真集
原勝洋 編『戦艦「大和」 永遠なれ!』(KKベストセラーズ、2005年) ISBN 45844170975

戦記
吉田満『戦艦大和』(角川文庫、1968年) ISBN 4041281016
吉田満『戦艦大和ノ最期』(講談社文芸文庫、1994年) ISBN 4061962876
ノンフィクション、戦争文学の古典と位置付けられている。しかしその内容の真実性については一部疑問も投げかけられている(駆逐艦の短艇指揮官の行動など)。
吉田満・原勝洋 編『ドキュメント戦艦大和』(文春文庫新装版、2005年)ISBN 4167349043
原勝洋『日米全調査 決戦戦艦大和の全貌』(アリアドネ企画、2004年) ISBN 4384033893
レイテ沖海戦における大和艦隊の実態、巻末付九四式四十糎砲塔兵器学教科書。
阿部三郎『特攻大和艦隊 帝国海軍の栄光をかけた十隻の明暗』(光人社NF文庫、2005年) ISBN 4769824580
原勝洋『真相・戦艦大和ノ最期 写真と新資料で解明!』(KKベストセラーズ、2003年) ISBN 4584187576
辺見じゅん『決定版 男たちの大和』(角川春樹事務所ハルキ文庫、2004年)上巻 ISBN 4758431248 下巻 ISBN 4758431256

証言集
原勝洋 編『伝承・戦艦大和』(光人社、1993年)上巻 ISBN 4769806663 下巻 ISBN 4769806671

海底探査記録
辺見じゅん・原勝洋 編『戦艦大和発見』(角川春樹事務所ハルキ文庫、2004年) ISBN 475843123X
テレビ朝日出版部 編『戦艦大和 海底探査全記録』(テレビ朝日事業局出版部、1999年) ISBN 4881312367

[編集] 関連項目
大日本帝国海軍艦艇一覧
大和 (初代)
平賀譲
牧野茂
吉田満
岩本徹三
呉市
大和神社
奈良県天理市にある神社。大和の艦内には同神社の分霊が祀られており、現在では大和と第二艦隊の戦没者が祀られている。
呉市海事歴史科学館
愛称“大和ミュージアム”、1/10スケールの戦艦大和が再現されている。
大和型 (架空戦記)




20 item(s)
Last-Modified:2017/09/22 11:38:47

45 item(s)
Last-Modified:2017/09/22 11:38:47
新着記事は見つかりませんでした。

メニュー

-トップページ

-更新履歴

-一度は見てね

-戦争

-お絵かき

-ダウンロード?

-リンク

-意見・感想・その他できれば送ってください。


↓↓↓↓当サイトのバナーです。↓↓↓↓

ダウンロード

戦艦大和or武蔵




グーグル検索


[[img(http://x7.suppa.jp/bin/ll?092491500 ]])

[http://x7.suppa.jp/bin/gg?092491500 アクセス解析]

;</script>)