地下妄の手記 作家の品格

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「作家の品格」

  文庫版69頁

   『丸ノ内線建設史』の線路図を開くと、予想どおり、丸ノ内線は水の下を走っていた。

  『建設史』には「弁慶濠の仕事」という節が設けられ、水を乾かした次第が詳しく述べられている。

  丸ノ内線が水の下を走っていることは、ほとんど疑いようもなかった。

   だが、国土地理院の原図では、丸ノ内線は道路の下を走っている。ほとんど同じようなことが

  ここでも起こっていた。

 「丸ノ内線建設史」には「弁慶濠の仕事」などと言う下品な節はありません。ゴト師じゃあるまいし。

  「第16節弁慶濠内の工事」

  1.工事箇所

   赤坂見附弁慶橋付近から弁慶濠内に入り紀の国坂付近に至るまでの延長約 243mの工事である。

  着手当時は濠内の最大水深 約 1m、両岸石垣付近の水深 約 60cmで地質は軟弱であった。

  (丸ノ内線建設史 下巻171頁)