地下妄の手記 An intermission

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昔見た歌劇に倣って、ここで一寸「休憩」。
  徒然と秋庭氏とその御一統様の最近の所業を論って来ましたが、ここでご報告を
兼ねて、雑談させてもらいます。

  これだけ「大東京の地下99の謎」に貢献している「東京の地下鉄がわかる事典」
が秋庭氏と二見書房にどのように扱われているのか?

  はいこれ、


         「大東京の地下99の謎」(秋庭俊著 二見書房 2006年刊) 239頁

  239頁と言うのは同書の最終頁、つまり、一番の末尾。しかも「東京の地下鉄が
わかる事典」は【地図】なのだそうです。
  可哀想な「青木栄一氏と日本実業出版社」。
  まぁ、この5頁に亘る「参考文献一覧」は、OCRコピーなのか、間違いが随所にあり
ますから、【地図】も誤記で言い抜けようとお考えかもしれませんが。
  これ、編集者、出版事業者が知りませんでしたと言える事なんでしょうか?そんなに
迂闊なのでしょうか?違うでしょう?承知の上、つまり最初から犯意があるんでしょう。
著作権法違反、盗用は親告罪だから。

  過日私は、「帝都衛星軌道」(島田荘司著 メフィスト小説現代1月増刊 講談社20
05年刊)に関する編集部とのやり取りの中で、出版事業者、編集者は他者の著作物を
無断複写した結果において、当該権利者から申し出があれば、原著者と交渉して権利
取得するか、原著者が納得しなければ法的対処致し方ない。というのが業界の慣行
あると聞きました。これは、一編集屋(蔑みを以って申し上げておりますが)の個人的見
解であったかもしれませんが、以後の照会に対し講談社からは何等の回答もありません
ので、私は、この業界は、業界の慣行つまり、平気で泥棒をするのが当たり前の業界と
認識するに至りました。
  よって、二見書房がこの業界の慣行を当たり前と認識しておられるなら、二見書房
は確信犯であり、共同正犯なので、泥棒と申し上げているのです。秋庭氏が泥棒である
のは、今に始まったことではありませんので、改めては・・・(笑。

  そこで、私は2006年12月10日、二見書房のサイトにある「お問合せ先」
 >>info@futami.co.jp に以下のメールを差し出しました。
  但し、先方のサイトが望む様な書式(パソコンのメールソフトのフォームに依存する
書式)ではなく、捨てアドからの「619」名での送信ですからジャンク扱いされたかもしれ
ませんが。

>冠省 私めはネット上での通称を619と申します。
>突然にメール申し上げ恐縮ですが、貴社2006年11月29日刊(25日初版)の
>
>秋庭俊氏著標題「大東京の地下99の謎」に関しお尋ねいたします。
>「大東京の地下99の謎」に関しましては、青木栄一氏監修 日本実業出版社編
>「読む・知る・愉しむ東京の地下鉄がわかる事典」より秋庭氏、並びに貴社が、記述
>の盗用を為されているのではないかとの疑念をもっております。
>取り敢えず、5例ほど、下記の通りインターネット上に掲示いたしましたので、ご確認の
>上、当該事実について貴社のご見解を承りたく存じます。
>
>http://www3.atwiki.jp/619metro/pages/55.html
>http://www3.atwiki.jp/619metro/pages/56.html
>http://www3.atwiki.jp/619metro/pages/57.html
>
>なお、まだ、3~4点盗用と思しき記述がありますので、順次掲示していこうと考えて
>おりますことを申し添えます。また、貴社おいて(秋庭氏は常習者ですから敢えて彼の
>ことを言いませんが)正当な引用と誤認されておられるようですが、他者著作物(主に
>図版ですが)からの複写に関して、許諾を得られずに行われていると思しきものが散見
>されます。釈迦に説法かとは存じますが、貴社サイトの著作権についてを熟読の上、
>これらについても、ご見解を承りたいと存じます。
>                                      
>                                               草々
>                                      
>                                       619拝

  さて、次はどうしましょうか?Amazon のカスタマーレビューに投げ文でもしま
しょうか(笑。