※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スペシャルステージ



ステージ解説

運命に導かれるように終結する戦士達。
新たな任務にダイゼンガーが吠え、アウセンザイターが駆ける!
宇宙を裂くツイン・バード・ストライクとマニューバーGRaMXs!
鋼の戦神が立ち上がる時、外道を許さぬ闘志が燃え上がり、龍と虎は咆哮する。
そして虚空の使者は不敵に笑い、陽気な暗殺者は華麗に舞う。
未知のバトルゾーンが今、幕を開ける。

クスハ
「こうやって見ると・・・」
ミナキ
「二人・・・似てるわね」
ブリット
「え・・・髪型くらいだろ?」
トウマ
「金髪か・・・悪くないかもな・・・。今度、ブリーチしてみるかな・・・」
トウマ
(それにしても・・・)
クスハ
「・・・?」
トウマ
(やっぱり、このクスハって子とあいつ・・・恋人どうしなんだろうな・・・)
(いいなあ・・・あんな可愛い子がカノジョだったら毎日、楽しいだろうなあ・・・)
(向こうは俺達のこと、どう見てるんだろう・・・恋人、パートナー、友達、師弟・・・)
(やっぱり飼い主と・・・)
クスハ
「あの・・・トウマ君?」
トウマ
「おうわっ!!」
クスハ
「ご、ごめんなさい!何だか驚かせてしまったみたいで・・・」
ミナキ
「気にしないでください。トウマの場合、よくあることですから。」
ブリット
「へぇ・・・仲がいいんですね」
ミナキ
「それは私達・・・」
トウマ
「私達・・・!」
ミナキ
「・・・大切な・・・パートナーですから・・・」
トウマ
「そうでふか・・・」
ブリット
「お・・・おい、トウマ・・・!どこいくんだよ・・・!?」
トウマ
「すまん、ブリット・・・。会ったばかりで悪いが、俺はリタイアだ・・・」
トウマ
「自室でふて寝させてもらう・・・」
ゼンガー
「目を覚ませ、トウマ・・・!」
トウマ
「おうわっ!!」
ブリット
「ゼンガー少佐!」
ゼンガー
「久しいな、ブルックリン。精進しているか?」
ブリット
「はい・・・!」
トウマ
「ってことは、ゼンガーが前に言っていた剣の弟子って・・・」
ゼンガー
「そうだ・・・このブルックリンだ」
ブリット
「いや・・・弟子だなんてそんな大それたものじゃ・・・」
トウマ
「ふうん・・・」
「決めた!ブリット、俺と組み手しようぜ」
ブリット
「え・・・」
トウマ
「やっぱり、師匠に挑戦状を叩き付ける前に弟子を倒しておかないとな」
ブリット
「・・・面白い。受けて立つぜ、トウマ!」
バラン
「よいものだな、若者というのは」
レーツェル  
「ええ・・・。競い合い、高め合い・・・そして、生まれる絆・・・。彼らこそ時代を担う新しい力でしょう」  
ルリア  
(トウマの場合、時々ライバル意識がへんな方向に向かっているようだがな・・・)  
クスハ  
「ねえ、ミナキさん。私達も応援に行きましょうよ」  
ミナキ  
「はい・・・」  
クスハ  
「今度は照れずにちゃんと応援してあげて下さいね」  
ミナキ  
「え・・・その・・・あの・・・」  
クスハ  
「大丈夫ですよ。ちゃんと恋人同士に見えますから」  
クスハ  
「トウマ君はショックを受けてたみたいですけどね」  
ミナキ  
「・・・だって・・・恥ずかしくて・・・」  
セレーナ  
「かあーっ!たまんないねえ、このピュアっ娘は!これだけでメシが3杯食えるってね!」  
エルマ  
「下品ですよ、セレーナさん!」  
ミナキ  
(噂には聞いていたけど・・・)  
クスハ  
(すごいナイスバディ・・・)  
ミナキ  
(コスチュームもすごい・・・)  
クスハ  
(肩のトゲトゲが気になるけど・・・)  
セレーナ  
(しっかし、アイビスやスレイも純情娘だったけど・・・)  
(この子達は、それに輪をかけての清純派ね・・・となると。)  
ゼオラ  
「な、何です・・・セレーナさん・・・?」  
セレーナ  
「ゼオラ・・・あんたには是非とも私の路線を継いでもらいたい・・・!」  
ゼオラ  
「ろ、路線って・・・もしかして・・・」  
セレーナ  
「そう!もっと胸の切れ込みも深く!もっと腰のラインも強調して!」  
ツグミ  
「待ちなさい、セレーナ!ゼオラの服のコーディネイトは私に任せてもらうわ!」  
ゼオラ  
「ちょ、ちょっと待って下さい!わ、私・・・今の格好が気に入って・・・」  
クォヴレー  
「助けに行かないのか?」  
アラド  
「いいって、いいって。たまにはゼオラも女同士の会話ってのを楽しまなくちゃな」  
スレイ  
「そんな優雅な状況じゃないと思うが・・・」  
アイビス  
「えと・・・アラドだよね?君のカノジョ・・・このままじゃとんでもないことになっちゃうよ・・・」  
アラド  
「!」  
アイビス  
「ご、ごめん!お、おどかすつもりはなかったんだけど・・・」  
アラド  
「お・・・おれとゼオラってカップルだったのか・・・!?」  
スレイ  
「は?」  
クォヴレー  
「・・・今さら何を言っている?」  
アイビス  
「大丈夫だよ、アラド。二人はお似合いだよ」  
アラド  
「へ・・・」  
アイビス  
「今は片思いかも知れないけどいつかきっと君の想いは届くよ・・・。だから・・・」  
「頑張れ、アラド!」  
アラド  
「は・・・はひ・・・」  
スレイ  
(成長したな、アイビス・・・。他人の恋路を応援するとは・・・)  
クォヴレー  
(どうも方向は明後日を向いているようだが・・・)  
アラド  
「・・・ところで、クォヴレー・・・。お前、どうしてここにいるの?」  
クォヴレー  
「俺という存在はここにはいないが、どこにでもいる・・・。ただ、それだけだ・・・  
アラド  
「・・・相変わらず、お前の言うことは訳わかんねえ・・・」  
リュウセイ  
「しかし、これだけのメンバーが揃うとは壮観だぜ」  
ライ  
「そうだな。それも本来なら出会うはずのない人間達が一堂に会するとは・・・」  
アヤ  
「まさか、これも無限力の意志・・・?」  
ヴィレッタ  
「いや・・・そうじゃない」  
マイ  
「隊長・・・何か知っているのか?」  
ヴィレッタ  
「このシナリオは無限力以上の意志・・・我々の出会いを望む人々の声の結果だ」  
ライ  
「その人々とは・・・」  
リュウセイ  
「もしかしてモニターの向こう側にいる・・・」   

ここで扉が開くSE   

クスハ  
「皆さんお疲れ様です~!お茶にしませんか?」  
ミナキ  
「私とクスハさんで特製ドリンクを用意しました」  
クスハ  
「どうぞ召し上がって下さい」  
アラド  
「それは・・・!」  
ツグミ  
「あの・・・!」  
リュウセイ  
「伝説の・・・!」  
トウマ  
「ん?どうした、みんな?」  
ブリット  
「トウマ・・・ミナキさんの料理の腕は?」  
トウマ  
「そういえば、ミナキの手料理って食べたことがないな・・・」  
「ってことは、これが初めての味ってやつか!」  
リュウセイ  
「ま、待て、トウマ!」  
クスハ  
「はい、トウマ君」  
ミナキ  
「たっぷりあるからたくさん飲んでね」  
トウマ  
「サンキュ!いただくぜ!」    

毒SE  

ミナキ  
「どう?」  
トウマ  
「!」    

雷SE  
そして⊂⌒~⊃*。Д。)   

ミナキ  
「トウマ!」  
ルリア  
「・・・嘆かわしい・・・。想い人の手料理に感激して、失神するとは・・・」  
アラド  
(違う・・・絶対に違う・・・!)  
ブリット  
(トウマ・・・お前のガッツ・・・尊敬するぜ・・・)  
ゼオラ  
「アラドももらったら?どうせ、またお腹すいてるんでしょ?」  
アラド  
「お、お前・・・あの汁の噂・・・知らないのかよ・・・!」  
クォヴレー  
「・・・・・・・」  
アラド  
「クォヴレー・・・お前・・・」  
クォヴレー  
「ここは俺に任せろ」  
クスハ  
「じゃあ、はい・・・クォヴレー君」    

毒SE   

ゼオラ  
「おいしい?」  
クォヴレー 笑いながら  
「・・・・・・・」   

爆発SE  
そして⊂⌒~⊃。Д。)⊃   

ゼオラ  
「クォヴレー!」  
アラド  
(すまねぇ、クォヴレー・・・お前のこと・・・一生、忘れねえよ・・・)  
ツグミ  
(撃墜数2・・・恐るべし・・・)  
クスハ  
「う~ん・・・ちょっとハバネロを入れ過ぎたみたいね・・・」  
セレーナ  
(エルマ・・・成分分析を・・・!)  
エルマ  
(い、いやですよ・・・。ボクの繊細なテスターを、あの汁に漬けるなんて・・・!)  
クスハ  
「さあ、今度はステビアで甘味を足したから飲みやすいですよ」  
アイビス  
「ダ、ダメだ・・・このままじゃ・・・!このままじゃ・・・!」   

警報SE  

ライ  
「援軍か!?」  
アヤ  
「・・・これは敵襲の報よ。気持ちはわかるけど・・・」  
リュウセイ  
「よ、よっしゃ!出撃だ、みんな!」  
ブリット  
「おう!!」  

ゼンガー 汁を見ながら 
「・・・・・・・」 
レーツェル 
「友よ!それは・・・!」   

毒SE  

ゼンガー 
「まずい・・・」 
「かはっ!!」   

ラスボス爆発SE  

レーツェル 
「安らかに眠れ、友よ・・・」  

シナリオデモ終了  

戦闘マップ上での会話
ミナキ 
「敵機接近!来ます!」 
ヴィレッタ 
「大丈夫か?トウマ、クォヴレー・・・」 
ヴィレッタ 
「それともう一名・・・」 
ゼンガー 
「・・・・・・」 
トウマ 
「俺達以外にも、あの汁でぶっ倒れたやつがいるのか?」 
レーツェル 
「余計な詮索は後だ、来るぞ・・・!」 
ゼンガー 
(すまん、友よ・・・)  

クォヴレー 
「ネシャーマか・・・」 
アヤ 
「まだ、この宇宙に存在していたなんて・・・」 
リュウセイ 
「ならば、見せてやろうぜ!集まった俺達の力を!」 
セレーナ 
「そう気張らなくていいわよ・・・。ここはお遊びステージなんだから」 
トウマ 
「ミナキ!そこで俺達の戦いを見ていてくれ!」 
ミナキ 
「頑張ってね、トウマ」 
トウマ 
「ああ!」 
(決まった・・・) 
ルリア 
「・・・格好つけるのはいいがしっかりやってくれよ」 
トウマ 
「わ、わかってるって!」  

セレーナ 
「ん?エルマ何やってんの?」 
エルマ 
「せっかくですから、この場面に合うBGMを用意しようと思って・・・」 
「とりあえず、ボク・・・この2曲からマップ中のBGMを決めたいと思います」 
  
SKILL Ver.αⅡ 
GONG Ver.αⅢ  

エルマ 
「じゃあ、これでいきます!」 
セレーナ 
「OK、ノリノリね!」 
アラド 
「んじゃ、行きますか!」 
レーツェル 
「各自、敵を殲滅するぞ。この宇宙にしがみついた怨霊達を成仏させてやるんだ!」 



ルリアが戦闘

ルリア 
「私がただのゲストキャラクター・・・」 
「もとい、ただの侍従ではないと教えてやる!」 
エルマ 
「ルリアさんがさっき口にしたゲストキャラクターって何のことですか、セレーナさん?」 
セレーナ 
「余計な詮索はしちゃ駄目よ、ボク・・・」 
「人間一つや二つ、誰にも語れない秘密があるものよ」 
ヴィレッタ 
「セレーナの言う通りだ。特に女性となればなおさらにな」 
エルマ 
「は、はい!」 
ルリア 
「そういうことだ、エルマ。勘弁してくれ」 
エルマ 
「は、はい~!」 
セレーナ 
「あらら・・・この子、また悪い病気が出ちゃったみたい・・・」  
 

戦闘後  

トウマ 
「さすがはルリアだ。アルマナが頼りにするのも納得だ」 
ルリア 
「・・・・・・」 
クスハ 
「礼儀正しくて教養も高くて、武術の腕もたつなんて・・・」 
ルリア 
「・・・・・・」 
クォヴレー 
「そうでなければアルマナのお付きは務まらんだろう」 
ルリア 
「・・・・・・」 
セレーナ 
「ルリア・・・もしかして、あんた・・・テレてるの?」 
ルリア 
「・・・う、うるさい・・・」  


バランが戦闘

バラン  
「トウマ!ここはワシとお主の連携をご披露しようではないか!」  
トウマ  
「俺とあんたでか!?」  
バラン  
「ゼンガー殿とレーツェル殿にあってワシ達に無いもの・・・それは合体攻撃!」  
トウマ  
「合体攻撃!」  
バラン  
「ワシとお主なら、竜巻斬艦刀を超えた物ができるはずだ!!」  
トウマ  
「ようしわかったぜ、バラン!で、名前は・・・!?」  
バラン  
「その名もファイナル・ドバン・クラッシュ!」  
トウマ  
「待った!それじゃ俺の入る余地が無い!」  
バラン  
「では、これだ!ダイナミック・ドバン・ライトニング!」  
トウマ  
「どうも・・・ドバンの名前が入るとインパクトで負けちまうな・・・」   
ミナキ   
「あの~、長々やった後に申し訳ないのですが、そんな技ありませんから・・・」  
トウマ  
「あ・・・やっぱり・・・?」  
バラン  
「う~む、残念無念・・・」   

戦闘後  

トウマ  
「さすがはバラン!豪腕無双は健在か!」  
バラン  
「我が鉄球に砕けぬものなし!・・・というのはどうだ?」  
ゼンガー  
「むうっ!」  
ルリア  
「オリジナリティに欠けるのがいささか・・・」  
バラン  
「むう・・・いかんな・・・。バルマー伝統の戦略、他の星を利用する事に慣れ過ぎたか・・・」  
「むう・・・鉄球・・・鉄球・・・。鎖が切れたら何処へ飛ぶ・・・」  
「・・・駄目だ、浮かばん・・・」  
クスハ  
「あ、あの・・・戦闘中に余計な事考えていると危険ですよ」   


ゼンガーが戦闘

ゼンガー  
「こうして皆が集まって一つの目的の為に結集出来るのもモニターの前にいる方々のおかげだ」  
「感謝させてもらう」  
アラド  
「それだけじゃ足りないっスよ!何しろこのシナリオにたどり着くにはかなりの苦労が必要なんスから!」  
ゼンガー  
「うぬ・・・ならば、斬艦刀の煌きで、その想いに応えよう!」  
ヴィレッタ  
「結局、そうなるようね」  
レーツェル  
「ふ・・・我が友らしいな。ならば、我々もそれに続こう!」  
ゼンガー  
「活目せよッ!!我が名はゼンガー・ゾンボルト!悪を断つ剣なり!!」  
トウマ  
(くう~っ!悔しいが決まってるぜ・・・!)   

戦闘後  

ゼンガー  
「むんっ!」  
ブリット  
「凄い・・・!正に剣魂一擲・・・!」  
バラン  
「さすがはゼンガー殿!斬艦刀の恐るべし切れ味、久々に見せてもらった!」  
トウマ  
「悔しいが・・・まだまだ一歩、いや二歩・・・五歩くらい及ばずか・・・」  
ゼンガー  
「精進しろ、ブルックリン、そしてトウマよ・・・!」  
ブリット  
「押忍っ!」  
トウマ  
「おうっ!」   


レーツェルが戦闘

レーツェル 
「この戦いが終わった暁には、皆を私の手料理でもてなすとお約束しよう」 
ライ 
「本当か、兄さん!?」 
アヤ 
「あの噂に聞くレーツェルさんの料理が食べられるなんて楽しみね!」 
ゼオラ 
「ちなみにどんな料理を作られる予定なんですか?」 
レーツェル 
「各人好みがあるだろうから和洋折衷、様々な料理を用意する予定だ」 
ミナキ 
「うわ!豪華ですね!」 
アラド 
「へへへ・・・こうなりゃとっとと敵を蹴散らしてパーティといきましょう!」 
レーツェル 
「ならば、参る!」 
レーツェル 
「トロンベよ、今が駆け抜ける時!」  

戦闘後  

ヴィレッタ 
「黒い竜巻・・・その力、見せてもらったぞ」 
レーツェル 
「ふ・・・この程度、我がトロンベにとってギャロップに過ぎんさ・・・」 
ライ 
「相変わらずだな、兄さん・・・」 
アラド 
「マ、マジ!?レーツェルさんってライ少尉のお兄さんなんスか!?」 
ゼオラ 
「ア、アラド・・・」 
マイ 
「アヤ・・・アラドって・・・」 
アヤ 
「う~ん、きっと人生を楽しめるタイプね」 
レーツェル 
「アラド・・・一流のパイロットは観察眼も一流でなくてはならないぞ」 
アラド 
「・・・努力するっス・・・」


ゼオラが戦闘

ゼオラ
「ねえ、アラド。この戦いが終わったら今度こそスクールの皆を探しに行きましょう」
アラド
「そうだな、ラトやオウカ姉さんの行方も気になるし」
「けど、どうやって探す?この広い世界、俺達二人だけじゃとても・・・」
ゼオラ
「・・・そうね」
トウマ
「何しけた顔してんだよ、2人共!」
アラド
「トウマさん・・・」
トウマ
「人探しの基本は人海戦術!2人で駄目なら3人・・・3人で駄目なら皆でやればいいさ!」
ゼオラ
「でも、皆さんに迷惑をかけることは・・・」
リュウセイ
「何言ってんだよ!」
クォヴレー
「俺達は仲間・・・なんだろう?」
クスハ
「そうですよ。あの戦いだって私達は乗り越えたんです」
「皆で力を合わせれば出来ない事なんて有りません」
アイビス
「やろうよ、ゼオラ!あたし達チームTDも手伝うからさ!」
アラド
「ゼオラ!」
ゼオラ
「うん!」
「皆・・・ありがとう」

戦闘後

スレイ
「彼女・・・良い腕をしているな」
アイビス
「そうだね。それに、あの機体のテスラドライブを上手く使いこなしてる」
ツグミ
「やっぱり、彼女・・・6人目の戦士にぴったりね・・・」
ゼオラ
「ろ、6人目!?」
ツグミ
「熱血アイビス、クールなスレイ、頭脳派の私に、お色気要員のセレーナ、アイドルのイルイにマスコットのエルマ・・・」
「これに昨今の流行の6人目を加えれば、完璧じゃない」
アラド
「ツ、ツグミさん・・・」
リュウセイ
「そこまで壮大なプロジェクトだったとは!」
ゼオラ
「助けて・・・アラド・・・」


アラドが戦闘

アラド
「とっととあんたらを倒して飯の時間とさせてもらうぜ!」
ヴィレッタ
「食事も結構だけどアラド、私がレッスンした事をちゃんと覚えているかしら?」
アラド
「も、もちろんっスよ」
ヴィレッタ
「では質問。ゲーム中に困ったら一体何をすればいいのかしら?」
アラド
「そ、それは・・・」
ヴィレッタ
「ちなみに間違えたら戦闘終了後の食事は無いと思いなさい」
アラド
「そりゃあんまりっスよ!ヴィレッタさん!」
アヤ
「大丈夫よ、アラド。確かにヴィレッタ隊長は厳しい人だけどそこまでしないと思うわ」
「ねえ、マイ」
マイ
「うん。せめて一品抜かれるくらいで済むはずだ」
アラド
「その一品が俺にとっちゃ死活問題なんだよ!」
ヴィレッタ
「話が済んだところでそろそろ先の問いに答えてもらおうか」
アラド
「はい!答えは『運任せ』です!」
ヴィレッタ
「・・・・・・」
アヤ
「・・・・・・」
アラド
「・・・・・・」
マイ
「これは全品没収決定だな・・・」

戦闘後

クォヴレー
「腕を上げたようだな、アラド・・・」
アラド
「俺だって独りでもやれるって事だ!」
セレーナ
「じゃあ、ゼオラをもらっていい?」
アラド
「い・・・!」
ツグミ
「ダメよ!ゼオラは私がコーディネイトするんだから!」
アイビス
「まだ、その話・・・続いてたんだ・・・」
ゼオラ
「アラド・・・」
アラド
「と、とにかく!難しい話は戦闘の後だ!」


アイビスが戦闘

アイビス
「またこんな風に皆が集まれたらいいのにね」
ツグミ
「そうね、でもそれは難しいんじゃないかしら・・・」
スレイ
「どうしてだ?」
ツグミ
「私達がこうして集まっているのは、並列世界が混合しているようなものだもの」
「それはとっても危険で面倒な事なのよ。色々とね」
アイビス
「そっか・・・残念だね・・・」
クォヴレー
「諦めるのはまだ早い」
アイビス
「クォヴレー」
クォヴレー
「現に俺達はこうして共にいる」
「この世界が存在する限り、神といえどその事実を消せはしない」
レーツェル
「クォヴレーの言う通りだ。無いのならば、我々は独自の道・・・独自の世界を作ればいい・・・」
「そう・・・オリジナルジェネレーションをな」
アイビス
「はい!」

戦闘後

ヴィレッタ
「アイビスも随分と腕を上げたようだな」
レーツェル
「これで我が友も安心して眠る事が出来よう」
アイビス
「そ、そんな・・・あたしなんて・・・まだまだですよ!」
トウマ
「な、何だか・・・見た目と違って随分と奥ゆかしいな・・・」
バラン
「うむ・・・ヘソ出しなどしおってはしたない娘だと思っていたが何とも・・・」
アイビス
「ツグミ・・・やっぱり・・・この服は・・・」
ツグミ
「ダメよ、アイビス!ミニスカートは似合わないって評判だったじゃない!」
「というわけで、あなたはずーっとその服よ!」
アイビス
「はい・・・」


スレイが戦闘

スレイ
「・・・」
ゼオラ
「どうしたんです、スレイさん?」
アラド
「何か・・・元気無いみたいっスけど・・・」
スレイ
「・・・まあな」
ブリット
「俺達で良かったら何があったか話を聞きます・・・」
トウマ
「ブリットの言う通りだぜ!さあ、遠慮なく俺達にストレスの原因を打ち明けてくれ!」
スレイ
「いいだろう・・・。私がブルーな理由、それは・・・」
クスハ
「それは!?」
スレイ
「どうして、私達のルートにはまともな男性がいないのだろう・・・」
アラド
「へ・・・?」
スレイ
「おかげで他のルートでは恋愛話があるというのに、私達だけは夢だ復讐だと色気の無い話ばかり・・・」
レーツェル
「ほう・・・君にしては随分と珍しい理由で悩んでいるな」
スレイ
「私だって恋の一つもしてみたいと思う時もある・・・」
セレーナ
「ちょっと待った、スレイ!あんたエルマの事を忘れてるよ!」
エルマ
「そうですよ、スレイさん・・・。スレイさん・・・ボクにキスまでして・・・ひどい・・・」
アイビス
「へえ・・・スレイ・・・。あんた・・・エルマにそんな事したんだ・・・」
スレイ
「あ、あれはエルマがあまりにいじらしくて・・・その・・・」
ツグミ
「もう・・・スレイったら私達のいない間にそんな事を・・・」
スレイ
「う、うるさいっ!今は戦闘中だ!!」

戦闘後

アイビス
「やるじゃない、スレイ!」
スレイ
「当然だ。戦技なら私の方がお前より上だ」
アイビス
「うん・・・。悔しいけど、それは認めるよ」
「スレイはやっぱり、あたしの目標だ」
スレイ
「あ・・・ああ・・・。その・・・素直に・・・ありがとう・・・」
セレーナ
(あらら・・・戦技では勝っていても・・・)
レーツェル
(あの笑顔には勝てないという訳か・・・)
(我が友、フィリオよ・・・。お前が希望を託した翼達は今日も輝いているぞ・・・)


ヴィレッタが戦闘

ヴィレッタ
「あの人の使命は私が引き継ぐ・・・そして、私は未来を掴み取ってみせる!」
レーツェル
「ヴィレッタ大尉、その使命、皆で協力させてもらおう」
ヴィレッタ
「ありがとう・・・。その言葉だけで充分だわ・・・」
ゼンガー
「遠慮は要らん。友に協力するのに何の理由があろうか」
ヴィレッタ
「そうね・・・」
「じゃあ、まず手始めに私達の道を塞いでいる、こいつらを蹴散らすとしましょう!」
レーツェル
「承知した!」

戦闘後

ゼオラ
「さすがですね、ヴィレッタ大尉・・・」
ヴィレッタ
「この程度の事は私にも出来るさ」
クスハ
「・・・・・・」
ブリット
「どうした、クスハ?」
クスハ
「う~ん、ヴィレッタ大尉とクォヴレー君・・・似てると思わない?」
ヴィレッタ
「?」
クォヴレー
「?」
ブリット
「そう言えば・・・」
トウマ
「年恰好から考えて生き別れの姉弟ってところかな・・・」
クスハ
「きっと戦火の中で別れた二人が数奇な運命を経て巡り会えたのね・・・」
ヴィレッタ
「クスハ・・・?」
クスハ
「おめでとうございます、ヴィレッタ大尉!」
ヴィレッタ
「あ・・・ああ・・・ありがとう・・・」


クォヴレーが戦闘

クォヴレー
「この生命が造られた物だとしても俺は生きている・・・。仲間達と共にな!」
トウマ
「なあ、アラド。『生命が造られた』ってのは一体何なんだ?」
アラド
「そ、それはっスね・・・」
クォヴレー
「・・・俺はバルマーのシヴァー・ゴッツォにバルシェムとして造られた・・・」
「これがその問いへの返答だ」
トウマ
「な、何だって・・・!?」
アラド
「クォヴレー・・・」
クォヴレー
「何も気にする事は無い。俺は一人の人間として生きている」
「生まれがどうあれ今の俺は俺でしかない」
マイ
「そうだな・・・」
アヤ
「ええ、そうよ・・・」
エルマ
「うん・・・うん・・・!クォヴレーさん・・・ボク・・・感動しました!」
「ボクも来世は人間として生まれ変わります!」
クォヴレー
「あ、ああ・・・。頑張ってくれ・・・」

戦闘後

セレーナ
「あ、あれが死霊を己の力に変える機体の性能なの!?」
ブリット
「あの機体が敵になったと思うとゾッとするな」
トウマ
「だが、共闘出来るならこれ以上、頼りになる奴はいないぜ!」
クスハ
「でも死霊を力に変えると言う事は、それだけの死が世の中に溢れていたって事でしょう・・・」
クスハ
「それって・・・」
クォヴレー
「心配はいらない」
クスハ
「え?」
クォヴレー
「死は輪廻転生への一歩に過ぎず、生は死後の魂がどうあるかを決める道のようなもの・・・」
「ディス・レヴはその狭間の力を使っているに過ぎない。ただ、それだけだ・・・」
アラド
「やっぱり訳わかんねえ・・・」


トウマが戦闘

トウマ
「見ていてくれ、ミナキ!俺の闘志と君の想いが詰まった大雷凰の戦いを!」
ミナキ
「頑張ってね、トウマ!」
ルリア
「あの猛き姿と想いに姫様は惹かれたのか・・・」
バラン
「何と!姫様がトウマに想いを寄せておったというのか!?」
ルリア
「ご存知なかったのですか?」
バラン
「うむ・・・。して、トウマは姫様のお気持ちに気付いておるのか?」
ルリア
「そういう事には意外とに鈍感なようですね、彼も・・・。それに彼にはミナキがいますし・・・」
バラン
「おのれ、トウマめ!姫様の純情を弄び、他の女性に現を抜かすとは!!」
ルリア
「あの、バラン様?」
バラン
「トウマ・カノウっ!!」
トウマ
「な、何だよ、バラン!こっちはこれから戦闘なんだぞ!」
バラン
「黙れえいっ!よくも姫様の心をたぶらかしおって!」
トウマ
「た、たぶらかした!?」
バラン
「そこを動くな!ワシの鉄球が、その性根を叩き直してくれるわ!」
トウマ
「ちょ、ちょっと待った!何がどうなってるんだよーっ!」

戦闘後

ブリット
「やるな、トウマ・・・!」
トウマ
「へへ・・・こんなのは序の口だぜ!」
リュウセイ
「ミナキもいないのによくやるぜ」
トウマ
「何言ってんだ!ミナキは外部から大雷凰のオペレートをしてくれてるんだぜ」
トウマ
「つまり、俺とミナキと大雷凰は一心同体ってやつだ!」
セレーナ
「あらら・・・じゃあ大雷凰は邪魔者じゃない」
トウマ
「んぐっ!」
バラン
(まったくもって・・・)
ゼンガー
(修行が足りん!)


クスハが戦闘

ブリット  
「いくぞ、クスハ!俺達と四神の力・・・他の主人公に見せてやろう!」  
クスハ  
「ええ!」  
リュウセイ  
「やっぱ超機人はかっこいいよなあ!」  
「あの変形システムといい、4つの力が一つになった点といい!」  
「さすがはαシリーズを駆け抜けてきたロボットだけあるぜ!」  
ブリット  
「ありがとうよ、リュウセイ!これも全てはお前を始めとするみんなのおかげだ」  
リュウセイ  
「そう言われると何か照れるな!」  
クスハ  
「でも平和になって良かった。これでユキコおばさまも安心できるわね」  
リュウセイ  
「まあな」  
「・・・・・・」  
「ちょっと待て。何でクスハが俺のお袋の名前を知ってんだ?」  
クスハ  
「う~ん・・・どうしてだろう・・・?」   

戦闘後  

ライ  
「龍虎王の力、健在だな」  
クスハ  
「はい!この銀河に危機が訪れれば彼らは力を貸してくれます!」  
レーツェル  
「四神の力か・・・。正に銀河の守護者だな」  
アラド  
「星を守る龍に虎につばめ、鯉・・・すごい包囲網だぜ!」  
クォヴレー  
「ああ。これではキョジンもどうしようもないだろう」  
ゼオラ  
「ちょ、ちょっと・・・二人共・・・何言ってるのよ・・・!」   


セレーナが戦闘

セレーナ
「トウマ!ブリット!接近戦の極意ってやつを見せてあげる!」
セレーナ
「私の戦い・・・よ~っく見ておきなさいよ!!」
ブリット
(見ておきなさいって言われても・・・)
トウマ
(直視するのは、色々とヤバいぜ・・・あの人は・・・)
エルマ
「セレーナさん、あんまり青少年をからかわない方がいいですよ」
セレーナ
「純情そうな子を見るとついね・・・イタズラ心が・・・」
エルマ
「でも、セレーナさんってジェルバの時から女の武器使うの下手クソだったじゃないですか・・・」
セレーナ
「む、昔の話はいいじゃないの・・・!」

戦闘後

クォヴレー
「非力な機体でそこまでやるとはな・・・」
セレーナ
「サンキュ。ま・・・アレグリアスは寄せ集めの資材で改造したようなものだからね」
ツグミ
「カスタムメイドって言って欲しいわね」
トウマ
「それってエルマみたいなものか?」
エルマ
「トウマさん!ボクはセレーナさんのメイドさんじゃありません!」
トウマ
「お、俺・・・そういう意味で言ったんじゃ・・・」
セレーナ
「ツグミ・・・!」
ツグミ
「了解!この戦いが終わったら、エルマ用にレースのエプロンを作るわ!」
エルマ
(ボク・・・ドウナッチャウンダロウ・・・)


リュウセイが戦闘

リュウセイ
「いくぜ!バンプレイオスの力、たっぷりと見せてやる!」
ライ
「張り切るのはいいが、バンプレイオスはお前だけのマシンでは無い事と忘れるな」
リュウセイ
「分かってるって!ライ、アヤ、マイ!頼むぜ!」
ライ
「よし・・・!トロニウム・エンジン・フルドライブ!」
アヤ
「システムコネクト・・・!マイ、行くわよ!」
マイ
「T-LINKツインコンタクト!」
リュウセイ
「天上天下・・・天下無双の力、αシリーズの締めくくりに見せてやるぜ!」

戦闘後

リュウセイ
「おっしゃあ!バンプレイオスの力、見たか!」
エルマ
「質問です。今回、本当にRマシンって分離しないんですか?」
ライ
「残念ながらな・・・」
アヤ
「でも、いつかは皆さんにお見せする日も来ると思うわ」
マイ
「その日が来るように皆の応援を待っている・・・」
アイビス
「み、皆って誰の事?」
ツグミ
「はいはい・・・。そういうのは聞くだけ野暮ってやつよ」