※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


  • タイマーではかってみました!//// ただしくは 12分32秒03 です// -- まぅ (2009-08-24 14:50:31)
  • ちなみにこれは、みかっちです// -- まぅ (2009-08-24 14:50:59)
  • 可愛い~~★ -- ぴぁの (2009-08-24 14:52:05)
  • みかっちってカンジでてる☆かわいい -- みな (2009-08-24 14:52:46)
  • かわいィ(>_<) -- れな (2009-08-24 14:53:38)
  • れな≫小説 完結したよ☆ -- ぴぁの (2009-08-24 14:54:36)
  • ぴぁの、有難う! みなさん、そうですか//ありがとうございます><// れなさん、コメントありがとうございます/// -- まぅ (2009-08-24 14:55:39)
  • ぴぁの≫えっっそなの!?みにいく! -- れな (2009-08-24 14:57:03)
  • 休み時間、いつものように友達と話してたら、ある男友達に、「Aがお前のこと呼んでるから、階段の一番上の所行って」って言われたんです。なので、私はすぐに階段の所に行ったんです。そこには、言われたとおり男友達Aがいました。Aに、「あっ、来た来た」と言われ、「何?告白~?(笑)」と、冗談で言ったら、「・・・うん。俺、お前のこと好きなんだ」と、Aに言われちゃいました。びっくりして、私は固まってしまいました。私は、Aの事はただの男友達だと思っていたので、何も言えませんでした。私が固まっていると、急にAに押し倒されました。そして、Aに私の胸を揉まれました。私は、抵抗しました。「ちょっ・・・やめてよ!」そう言ったのに、Aは胸を揉むのをやめません。いつの間にか上の服まで脱がされ、ブラジャーも取られました。「お前、意外といやらしい体してんだな」と言われ、ますます恥ずかしくなってきました。さっきよりも強く胸を揉まれ、乳首を吸ったり舐めてきました。私は、嫌だと思っていても何も言えず、「んっ・・・あぁんっ!」と、甘い声を出してしまいました。そのまま、スカートとパンツまで脱がされて、私は全裸になりました。Aは、私のあそこに指を突っ込んできました。「じゅぷじゅぷ」と、気持ち良い音がしました。それからしばらく、Aにいろんな事をされていると、先輩が来ちゃったんです!(男の。)その先輩とは、Aの部活の先輩で、私の好きな人なんです。先輩は、私を見て、顔を赤くしました。そして、いつの間にか、先輩まで私の体を触ってきました。でも、先輩は私の好きな人なので、抵抗はしませんでした。そのまま、何分か過ぎていきました・・・。 -- まき (2009-08-24 15:24:46)
  • まきさん、やめてください///迷惑です>< -- まぅ (2009-08-26 22:10:47)
名前:
コメント:


添付ファイル