「蒼弓ノート」 別館 foobar2000で簡単エンコード
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここではaoTuVのリファレンスエンコーダであるVENCを、foobar2000で使うための説明をします。foobar2000はWindows用の多機能な音楽プレイヤーですが、エンコードのためのフロントエンドとして使うこともできます。

foobar2000のダウンロード

aoTuV VENCのダウンロード


事前の準備

  1. foobar2000のメニューからFilePreferencesを選択します。すると、Preferencesウィンドゥが表示されます。
  2. ウィンドゥ左のメニューからToolsConverterを選択します。
  3. 右側にあるのAdd Newボタンを押すとCommandline Encoder Settingsウィンドゥ(画像1)が表示されます。
  4. 一番上のEncoder設定でCustomを選択します。
  5. 同ウィンドゥのEncoder:にはエンコーダの実行ファイルを指定します。ここではVENCを指定してください。
  6. 続けて、Extension:にはoggと入力します。
  7. Parameters:には-q4 - %dと入力します。
  8. 次のBit Depth Control, Format:lossyを選択します。
  9. 続けて、Highest BPS mode supported:では16を選択します。
  10. Display Info下には好きな情報を書いてかまいませんが、ここではEncoder name:OggVorbis(venc) -q4と書いておきます。
  11. 現在のウィンドゥの右下にあるOKボタンを押します。
  12. Preferencesウィンドゥに戻ってきました。右下にあるSave Allボタンを押します。そうしたらそのまま隣にあるCloseボタンを押します。

これで準備が整いました。

エンコード

  1. foobar2000のメインウィンドゥにエンコードしたいファイルをドラッグアンドドロップ(D&D)します。
  2. さきほどD&Dされたファイルを選択し、マウスを右クリックすると表示されるメニューからConvertConvert toを選択します。
  3. Converter Setupウィンドゥが開くのでまずEncoding Presetにて先ほど設定したOggVorbis(venc) -q4を選択します。
  4. OKボタンを押すと、エンコードされたファイルの保存場所を指定するダイアログが開きます。指定が終わればエンコード処理が始まります。

TIPS


事前の準備の説明で-q4と書かれた部分の4はQuality設定値を表します。aoTuVでは-2から10までの値を設定できるため、この4という数値を別の数値に置き換えることで、異なる音質やファイルサイズでエンコードするための設定を作ることが出来ます。
先の-q4は、ビットレート換算で概ね128kbpsでエンコードする設定です。



Commandline Encoder Settingsウィンドゥ(設定例)

添付ファイル