裏のーと:ザルカバード


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 裏闇王攻略時のデータ

※裏闇王護衛龍、インとヤンは釣っても裏闇王はリンクしない。
※同時に倒せば倒せる。倒した後は、ジョブチェンジをする時間もあるらしい。
※裏闇王が戦闘中に呼ぶが、イン・ヤン撃破後の時間か、戦闘開始からの時間かは不明確。
※絶対防御は有効だけど、万能じゃない。

[第二回合同裏闇王討伐計画]                  
平成22年5月22日(予備日29日)を予定していました。  
なんとか6月19日に討伐成功。参加された皆様、お疲れ様でした。  
色々と予定が変わってすみませんでした。            

◆「第二回合同裏闇王討伐計画について」
  • 日時:平成22年5月22日(予備日29日)
      24時集合、24時半突入予定
  • レリック装束、100貨幣、 闇王ドロップ品 は、1種希望制。
  但し、フリー品の取得も1つまで。
  • レリック武器、1貨幣、素材はフリー(何個でも可)
  • 経験値アイテムは囮役が取得。
  • 時計代は25万を人数割り。
  • パールは合同用パールを使用します。

  • 構成(予定)
アルバース:侍 アパチャイ:黒→戦 アウリガ:黒→白
バットーサイ:侍 ダイモス:戦 マゴット:吟
ガンブ:モ ゴルディ:シ ホウテン:侍
イリーナ:白 ヤンカー:ナ ミドリ:吟
ミケゾン:モ リリス:白 ミーツ:戦
リチェ:吟 スパイク:戦 ボイ:青
ムラ:赤/暗 ルーボウ:黒 マングース:赤/暗
ミンミン:黒or赤 ミルミル:赤/暗 ムチュ:黒
ヒデカズ:黒

※ここ最近の出席状況から独断で仮決めしました。
 変更の可能性がありますのでご注意ください。

  • 時間を決めてソウル マドマド→パーティ移動してメヌメヌ→パーティ移動してマチマチ
  • 赤/暗2名1組で連続魔スタン。45秒で次の組。合同LSと併せて6名3組予定。
  • 約2分で倒せなかったら、全・滅♪
  • 前衛1人あたり与ダメノルマ、約3000(合同LSが同規模と仮定して)。
  • 撃破できたら、写真撮影にご協力ください。(さくっと撮って、さくっと雑魚撃破に移行できればと思います)
 最前列タル/sit 2列目タル(立ち) 3列目ヒュム・猫 4列目エル・ガル

  • 奥付
 2010/7/10 ver1.1


  • 2010年6月以前の記事
大半の敵が大量リンクするため、4国・氷河と同じように殲滅して進むには相当数のメンバーが必要。
通常の人数(24人~)で攻略する場合、延長ポイント付近を重点的に倒す事になるので、道中の移動にも気を遣う事となる。

氷河方面から西に進むと、開けたエリアの正面に敵がいるが、これらは無視する。
本隊は「クリスタルライン」(骨のような形をした、ウェポン系のモンスが群がるオブジェ)の南沿いを西に向かって走るのが安全。

通常ダイスワンでは、本隊は「クリスタルライン」沿いに進み、表MAP(H-8)あたりまで進んで待機。
西に見える目玉(侍竜忍召が湧くが、召は反応しない。召を釣ると南の目玉がリンクするため、注意)を掃除しておく。
その間、別働部隊が延長1(囮1、抜き兼撃破役1)、延長2(黒4人以上)を処理する。

最初の延長ポイントは、表のMAPで(I-9)あたり(テンキー8)。
  • 基本は囮が北西から石に向かって走り、V字にターンして北東に逃げる。その間に延長石だけ抜く。
但し、与一の弓を所持しているエルヴァーンのお侍さんがいる場合、TP300まで貯めた南無八幡を中てる事により、ソロ撃破可能(要トラクタ、レイズ)

延長2は、表MAP(H-9)。OPが近くにある砦。
  • 黒が4人以上いない場合、囮で対処する。
  • 抜き役2人が予め目玉をタゲり、囮1が北から南に目玉をからめて走る。目玉から湧くのも目玉であることから、敵の移動速度はあまり速くないので、落ち着いて対処すれば問題なく抜ける。
  • 囮は、南の方の、他に絡まれないあたりで、蝉を唱えながら待ってる感じでよい。
黒が4人以上いる場合、黒リーダーの指示で時間を合わせ、4系ガで初期配置の目玉を倒し、古代2で湧いた延長石を撃破する。
ファストキャスト装備を外しておくのは、言うまでもありません。

延長1、延長2、本隊の1匹目の目玉を処理したら、赤砦の裏へ移動する。(表MAPの(H-7)テンキー1)
3体並んでいる目玉を、西側から釣ればリンクしないので、順番に倒す。
この真ん中の目玉を倒すと延長3が湧くので、シフで倒す(ザルカの石は、HPが少ないため、シフで十分倒せる)

延長3を倒したら、赤砦前の目玉(ナ暗狩獣吟)を釣る。

●進軍の方針により、この先の行動が変わる。
1) 闇王、プシュケー、武器の欠片を目的とする場合、ここからNMの殲滅を行う。
2) NM(15体)を倒すには概ね1時間程かかるため、NMを無視して雑魚の数をこなす場合、リンクしにくい雑魚を倒す。
  • 雑魚を多く倒しても、ドロップが増えない事が多いのも事実。
  • NM砦を2箇所以上やる場合、NM砦を全箇所やったほうがよい。(砦1箇所あたり12分、2箇所で24分。5箇所やると60分だが、30分の延長が湧くため賞味30分)

→1)NMルート
構成により攻略が異なる。
黒4名いる場合は、砦の裏からガ4系で目玉を倒し、湧いたNMの処理という形。
マラソンは、遠隔攻撃主体の敵(狩忍)、魔法主体の敵(白黒赤吟)をひっぱる方が比較的楽。
NMがマラソンできない場合、囮を行い、倒せる数だけ抜く。

赤砦:CZ戦、DB赤、MD吟。
白砦:MA獣、DGモ、PS白。
黒砦:MO黒、DS暗、MG忍(微塵がくれは砦の段差を利用することにより、後衛の回避が可能)
シ砦:MN召、CRシ、MSナ。
竜砦:CV侍、KZ竜、MC狩。

→2)雑魚ルート
赤砦の南に残っている目玉(侍竜忍召と、ナ暗狩獣吟)を処理する。
白砦の裏を通り南下し、表MAP(G-9)にいる目玉2体(戦x2吟と、モx2吟)x2を処理する。
シ砦の裏を通り北上し、表MAP(G-7)にいる目玉3体(戦白、戦吟、モ吟)を処理する。
  • 時間を合わせたガ系で目玉をやいてもよし、ストブリファラを張った赤が釣り、雑魚を1点に集めてプガでもよい。
その北西にいる目玉2体(戦赤吟、モ白獣)を処理する。
  • 東側から攻略する場合、ガ系で焼くのは難しいので注意。


1)、2)→「最終防衛ライン」ズヴァール城前に並ぶ目玉6体(とそこから湧く雑魚)をこう表記する。
ここの、北から2番目、及び北から4番目の目玉を倒すと、延長石が湧く(と思われる)。
  • ここの目玉の指示方法については、多少注意すること。
  • 「上から*番目」と指示した場合、「地図を北上にして見て、上=北」なのか、「エリアが傾斜しているため、傾斜の上側=南」なのかで混同するため、南北で指示するようにする事。
「最終防衛ライン」は、北から3、4番目の目玉と雑魚を倒す事により、敵を南北に分断できる。
そのため、囮が北から南に走り(NM砦をぬけて、白砦の南側あたりまで走るのがよい)、抜き役5人が目玉2体、竜x2、白、黒を抜くとよい。(ここは北から、ナx2、暗x2、竜x2、白黒、白黒、白黒)
  • 目玉が古代2等で狙撃可能かどうか、失念。できなかった気もします。
ここで抜きの注意として、白と黒は各3体ずつ湧くので、北から4番目の目玉が湧かせた白と黒を見極めること。
竜は足が速い(湧く雑魚の中で唯一魔法を使わない)ので、竜担当の抜き役は南側(囮が逃げる方向)に予め待機しておいた方がよいかもしれない。
  • なお、足が速いということは、囮が死んで戻るときは最後尾である可能性が高いので、抜きに失敗したとしても、巧くすれば戻りきる前に再度抜くことが可能である。
分断に成功したら北側の目玉x2、ナx2、暗x2を処理し延長させる。
分断に失敗したら再度囮を行、延長を確定させるか、再び分断を試みる。

→1)NMルート
目的により、ここからプシュケーや闇王へ向かうか、武器の欠片へ向かうかする。

→2)雑魚ルート
「最終防衛ライン」を殲滅し、残っている時間で雑魚をやる。
時間が少ない場合、ウルガラン方面の段差を囮で登り、各武器(格闘。片手刀、両手槍、両手棍)前の雑魚がお勧め(1箇所5~10分程度)
時間がある場合、表MAP(G-8)テンキー6と9の間あたりにいる、南北に移動している目玉をやる。
  • この際、雑魚を優先してみるとよいかもしれない。
  • 雑魚の寝かしを優先し、目玉は挑発持ちが挑発し、マラソンする。
  • マラソンルートは、釣った場所と「最終防衛ライン」の間にある山の周りを、大きくマラソンする。
  • (MAPでいうと、(F-7)(F-8)(G-7)(G-8)にまたがる進入不可箇所の周り)
  • 今までの処理により、エリアが広く使えるはずなので、以後目玉はマラソンしてみるとよい…かもしれない。
  • 同様の目玉マラソンを行えば、その他の場所もうまくいく…かもしれない。