メニュー2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アメリカ合衆国のニューヨークと言えば、自由の女神でしょうか。


日本では、夏の風物詩としてお馴染みなのが花火ですが、そんなニューヨークでは7月4日独立記念日の花火が、とても有名のようです。


ルーズベルトアイランドは、マンハッタンの東側イーストリバーに浮かぶ島で、マンハッタンからは、ケーブルカーや地下鉄で移動できるそうです。
そこは、「キングコング」の映画でも有名な場所だそうです。


7月4日当日、ルーズベルトアイランドの南端に設けられた花火特設会場が6時にオープンするそうです。
自由席なので、できるだけ早く行く事で良い席が確保できるそうです。
5時半までには駅やトラム(ケーブルカー)に着くようにするのがベストだそうです。


駅トラムから、花火特設会場までは無料のシャトルバスが出ており、入り口に着くとチケットをピックアップして会場に入ります。
良い席を、できるだけ南端に、確保すると良いそうです。


花火は日没後、午後9時から始まります。
それまで会場の屋台でホットドックを食べたり、ジャズの生演奏を聴いたりして楽しめるようです。
午後9時頃から、イーストリバー上に星条旗をかたどった花火や壮大な花火を、30分ほど見ることができるようです。


ルーズベルトアイランドでの鑑賞方法は、ニューヨーカーの間ではあまり知られていないそうです。
では、花火を普通はどこで見るのでしょうか。


普通は、マンハッタンの一番東のFDRという高速道路が一般に開放され、夕方早々から人々がじわじわと集まってくるようです。
人混みは、かなりのものになるそうです。
4,5時間外にじっと立っていられる辛抱強い方には無料ですし、お勧めの鑑賞場所とも言えそうです。


日本でも、海外でも花火は人々が楽しみにするイベントであるようです。
また、待ち時間や混雑も同じ様にあるようです。


今回はニューヨークの花火事情について少し見てきましたが、海外のその他の地域、アジア、ヨーロッパなどでも様々な花火大会などがありそうです。


海外に足を運ぶ際は花火を楽しむというのも良いかもしれません。