夏を楽しむ「花火図鑑」情報


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夏になると毎年お馴染みなイベントと言えば、花火大会なのではと思いますが、大規模な花火が次々と上がる光景は豪華でもあり、あまり種類がどうだとか考える事も無いかもしれませんが、同じ打ち上げ花火でもいろいろな種類があるそうです。


そこで今回は、、「花火図鑑」を簡単にですが、見て行きたいと思います。


日本の花火を代表するのが、「菊」と言う花火です。
花火が上空高く開くと、星が尾を引きながら四方に飛び散り、菊花の模様を描きます。


光の帯がゆっくりと空から流れる落ちる雄大な花火で、最近の花火大会の尾張を飾る事も多いのが冠菊だそうです。
昔は、秀菊と書いたそうです。


色とりどりの小花が一斉に開き、空に花園が浮かび上がるように見えるのが「千輪」だそうです。
日本に最初に千輪が登場したのは、大正中期頃だそうです。
千輪物においても、新作が次々と作られ、夜空に無数の蝶が舞うものや、リボンが飛び交うといった作品も見られるようになったそうです。


夜空を金色に染める「椰子」は、大胆な美しさに定評があるそうです。
椰子は、昭和50年頃に開発された比較的新しい花火だそうです。
この花火には、チタン合金と言う物が使われており、これは人工衛星、ロケットの胴体などに使われる金属だそうです。
南国の風にそよぐ椰子の葉が表現されているこの花火は、最近では「スターマイン」の構成などに欠かせない花火ともなっているそうです。


「型物」という花火は、オーソドックスな丸い花火とは、違う花火です。
型物には、球形に開かず、魚や蝶、ハート形などの絵柄、文字などを夜空に描き出すそうです。
型物は多彩な表現ができますが、見る角度によっては花火師が意図する形に見せる事ができない事は欠点なようです。


現在は、花火大会の主役は連発なのだそうです。
短時間に、何十、何百、何千の花火玉を連発して打ち上げるそうです。
次から次に花火が打ち上げられ、光と色と音、そして「間」の芸術をみせるのがスターマインだそうです。


ごく簡単に見てきましたが、花火にも様々な種類があるようです。
また、毎年新作も次々と打ち上げが試みられているようです。


今年の夏も是非花火大会などに足を運んでもよいのではと思います。