いろいろなスポーツとのつながり


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最近は、フィギュアスケートも人気がありますよね。男子も女子も、日本選手のレベルは高くなり、それにつれてフィギュア人気も、どんどん高まっています。
フィギュアはスポーツでありながらも、表現力が問われるものであり、音楽の捉え方や柔軟の重要性など、バレエとの共通点が多くあるスポーツです。
今は浅田真央選手や韓国のキム・ヨナ選手が強いですが、それまでフィギュアと言えば、ロシアの独壇場でした。(今でもペアなどでは強いですが。)
それは、ロシアの選手はいち早くバレエのレッスンにより表現力をつけてフィギュアをしていたからです。
またフィギュアや他のスポーツで素質を見出されて、バレエ学校に入るダンサーもいます。
それだけ、ロシアはバレエが根付いている国だったんですね。
実際、浅田選手もバレエのレッスンを取り入れてからますます表現力に磨きがかかりました。

また、シンクロナイズドスイミングや体操、新体操にもバレエが取り入れられています。これらのスポーツには共通点があるような気がしますね。

スポーツでこのように取り入れられるのですから、そのほかのダンスに取り入れられているのは当たり前です。
ミュージカルのダンサーが一歩前に出るときに、バレエのレッスンを受けているのと受けていないのとではまるで動きが違いますからね。
今ではバレエレッスンが当たり前にされているようです。

バレエ教室に通うのを躊躇している人のなかに、「体が硬いから」という理由を挙げる人がいます。
でも練習によって、柔軟性は確実に増します。柔軟性をつけて、表現力を磨きましょう!