バレエを楽しく見るために


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「見る準備」などと言っても、それほど大げさに考えることはありません。ですが、少しでも楽しくするために、心得ておいたほうがいいことを、少しだけ説明しておきたいと思います。
まずは、演目選びになります。初めてならば、やはり全幕ものがお勧めでしょう。教室で自分が踊りたいものを見に行くのも良いと思います。
自分が何を見たいのか、様々な情報から、よく考えてみましょう。

そして、チケットを取る段ですがバレエは「見る」ことも重要ですが音楽を「聴く」ことも重要な要素です。
ですから一番前の席が一番良い、ということでは必ずしもありません。
ただし、バレエ教室で習っていて、ダンサーの足技を確認したいという方は前がお勧めですけれども。
音はホールの作りにもよりますが、前から10列ほどのところがいいと思われます。もちろん、センターですね。
このあたりが音が楽しめますし、また舞台の全体を見渡せますから、物語にもついていきやすいでしょうね。

そして、物語のおおよそのあらすじや登場人物などをつかんでおくと、台詞がないバレエなのでまごつかないで済みます。

さて、当日ですが服装は特にこだわることはありません。
ただし、それなりの格式があるホールであらたまった演目が上演されるのであれば、ドレスコードを楽しむのも日常から離れた自分を楽しめるかもしれませんね。
会場にはパンフレットなどが販売されていますので、ダンサーやあらすじをそこでチェックすることもできます。
また配役は当日に発表されるので、本日の主役が誰なのか確認しておきましょう。

さあ、あとは五感をフルに活用して楽しみましょう!