不動のペア!花火と浴衣


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

浴衣といえば花火、浴衣といえば夏祭り、と浴衣は、夏には絶対的に欠かせない衣装ともいえそうです。


そこで今回は、これから夏に向けて、浴衣についての情報などを、少しご紹介したいと思います。


まず、浴衣の購入については、織傷や染めムラがないかを確認し、浴衣は必ず着用して寸法、外観、縫製などを確認するのがよいそうです。
また購入したら、浴衣に付いていた注意表示の紙や、家庭用洗濯等取り扱い方法を大切に保管しておくのが良いようです。


着用する時は、濃色系の浴衣は、雨や汗、着用中の摩擦で色移りする場合があるので注意が必要なようです。
また、汗がついたまま光に当たると、色あせる傾向があるそうです。
汗が直接浴衣に付かないように工夫したり、もし付いた場合はなるべく早く洗濯するなどの心がけが必要です。


そして洗濯時の注意ですが、洗濯する前に、取り扱い絵表示などをしっかりと確認しましょう。
洗濯の水温が高いと、浴衣の色が落ちやすくなる場合があります。


濃色系の浴衣は、生地の色が色移りする場合があるので単独洗いが良いです。
手洗いの場合には、しわになりやすいため、浴衣をきちんと、袖だたみにして、手で押し洗いをします。
絞る時はねじらず、バスタオルの間に挟んで押し絞りが良いです。


洗濯機で洗う場合には、衿の中がごろつかないように、しつけを共衿と衿にしてから、洗濯ネットに入れて弱い水流で洗い、軽く脱水をします。
洗濯したまま長時間置くと、色落ちや色移りの可能性があるので、手早く洗って干します。
そして干す時は、たたいてしわを伸ばして形を整え、光にあたると色あせの可能性があるので、日陰で干します。


クリーニングに出す場合には、しわ加工してあるものは店に出す時、しわ加工してあることを伝えると良いです。
外観やしみの種類、場所などをクリーニング店と一緒に確認するとよいです。


ここまで、ごく基本的な浴衣についての情報を見てきましたが、他にも、「美しい着こなしのために」、「浴衣を着てみる」、「帯の結び方・アレンジ方法」、「ゆかた用語」など、浴衣情報と言っても様々なものがありそうです。
女性も男性も、衣装として浴衣を着て花火を見るなどというのも、夏らしさがあってとても良いのではと思います。