どこが良い?迷います、花火大会!


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

花火大会と言えば、夏の風物詩ですが、毎年出かけるという方も、たくさんいるのではないでしょうか。


その様な方の場合は、観覧なども慣れているかもしれませんが、今回は花火観賞の際の、基本的なポイントを少しご紹介して行きたいと思います。


初めに、花火の観覧場所選びのポイントですが、まずは「風向き」が重要なポイントとなってきます。


自分に向かって風の吹いてくる風下は、もちろん花火の燃えカスを避ける為や、煙を避ける為にNGです。
ただし風向きは思い通りにならない要素のひとつなので、夜になったら風向きが変わるなどという事もよくありそうな事です。


上空の風の状態を知るためには、昼間から上げられる「呼び込み花火」を利用するのが良いようです。
この時の煙の流れる方向や、速さをよく観察しておくと良いそうです。


そして「花火がどこに並べてあるか」というのも、場所決めに必要なポイントと言えそうです。
打ち上げ場所を知るには、大会本部で聞いたり、プログラムを見て確認する方法があります。


花火との「間合い」や、良い席と言うのは好みによります。
あまり近くと言うのは、迫力はありますが、首が痛くなるなどの難点もありそうです。


花火の形がよく分かる場所の目安としては、打ち上げ場所から400~500m離れた所だそうです。
花火大会の場所は明るいうちから探しておくのも、スムーズな観覧のポイントだそうです。


観覧場所に「ふさわしくない」場所としては、通路・道路・駐車場・夜店・仮設トイレの付近、強力な仮設照明の付近、放送用スピーカの至近距離、巨大建築用シートの周辺だそうです。
特に少人数の場合は、巨大建築用シートの周辺は避けた方が良いそうです。
たいていは、巨大シートは大人数で宴会などを始まるため、花火観賞を静かにしたい場合などには向かない場所のようです。
そして「立入禁止区域」は、もちろんふさわしくない場所です。


花火大会の場所取りのコツのようなものを見てきましたが、花火大会観覧には他にも色々とポイントがあるようです。


花火大会もその他のイベントと同じ様にある程度の下調べなどが必要とも言えそうです。