知りたい!花火の豆知識♪


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夏と言えば、花火ですよね。
それ以外にも、夏らしい物は沢山あると思いますが、やはり代表的なものには花火があるのではと思います。


今回は、そんな花火についての、豆ちしきのような物を見て行きたいと思います。


花火と言うのは、その形も目を惹きますが、色も特徴付けるとても重要なポイントになりそうです。


花火の様々な色とは、どのようにして生まれるのでしょうか。


化学の時間に行った「炎色反応」、これが花火の色をあらわす元になっているそうです。
花火の星は、主に3つの薬剤の混合によってできているそうです。


色を出す焔色剤・酸素を供給する酸化剤・燃焼を促進する可燃剤だそうです。
これらの混合の度合いによって、色合いも変化して、独特の色合いを煙火業者ごとに出す事もできるそうです。


色を出す為の薬剤の例としては、「紅色」は炭酸ストロンチウム、「緑色」は硝酸バリウム、「黄色」はシュウ酸ソーダ・炭酸カルシウム、「青色」は花緑青・酸化銅、「銀(白)色」はアルミニウム、「金(錦)色」はチタン合金などがあるようです。
最近では、これらに加えてマグネシウムなども使用されて星の色はより明るくなる傾向にあるそうです。
そしてこれらの混合によって、かつては難しかったピンク・紫・水色・レモン色などの微妙な中間色も、次々に再現されているそうです。


菊星に使用される「引き」は主に黒色火薬を使用して、木炭が燃える時のやや暗いオレンジ色を出すそうです。


化学の実験と花火大会とは一見結びつかないようにも思えますが、とても大きく関わりあっていると言えるようですね。
花火大会に出かける際は是非、花火の「色」にも注目してみてはいかがでしょうか。