花火大会の選び方のポイント!


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

花火大会というと、窓から眺める遠い物だったり、テレビの中継だったりする人も中にはいるかもしれません。
しかしそれだけでは、もったいない事とも言えそうです。


でも暑い・人混みが嫌・面倒などという気持ちもありえる事です。


そこで今回は、より快適に花火大会を楽しめる方法を、少しご紹介したいと思います。


他のイベントなどと同様に、花火観賞にもある程度の計画・準備が必要になります。
「良い」花火大会といっても主観の問題があります。
花火観賞のマニアと言われる人達でさえ、前評判や噂だけでは良し悪しの判断はできないです。
しかし良い花火大会にも、それを見極めるポイントが何点かあるようです。


情報誌などには、玉数とか何千発で規模を現している花火大会もあるようですが、ポイントはそちらではなく、尺玉など大きな花火が上がるかどうかだそうです。
また、複数の業者が担当している事も、良い花火大会のポイントなようです。
同じ大会の中でも、業者が変われば、花火内容・組み合わせも変わるからだそうです。


そして、何らかの特色や、目玉のプログラムがある事もポイントのひとつです。
また、広い観覧エリアがあるか、交通機関が便利かなどのポイントもあります。


最後のポイントは、「予算」とも言えるみたいです。
何千発の打ち上げよりも、予算の額で花火大会の規模が把握できやすいそうです。
殺伐としているようですが、やはり予算は重要といえるようです。


ここまで色々とポイントを見てきましたが、まずお勧めはやはり地元の花火大会なようです。
地元の花火大会で勝手などが分かれば、少し遠くまで足を運んでみるというのも良いと思われます。
もちろん最初から遠出するのも良いと思います。


花火大会、「季節限定」という感じもしますが、それだからこそしっかり情報収集して出かけるのも良さそうです。