良い場所ゲットしよう!花火大会


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

花火大会というと、毎年恒例のイベントという感じですが、みなさんは、花火観賞を何か意識している事はあるでしょうか。


そこで今回は、より花火大会などを楽しむために、花火観賞のポイントを少しご紹介していきたいと思います。


単発で打ち上げられる割物花火の観賞ポイントは、花火のどこを見て良し悪しを判断するのか、という基準にはいくつかポイントがあるようです。


まず「玉の座り」ですが、これは美しい花火には大切なポイントで、発射された花火玉が空まで上り詰めて、ちょうど上昇力を失い落下に移る瞬間の静止状態にある事を指すそうです。
この一瞬で破裂する事が、理想的とされているそうです。


「割り口」とは、玉が座った所で点火し、星が一斉に飛び散る瞬間の事を言います。
全ての星に、同時に火がついて均等に飛び散る事が理想的なようです。


「盆」とは、玉が開いた時の形で、どれだけ均整のとれたきれいな球形に見えるかが良い花火のポイントと言えます。


開花した後、綺麗に星が一直線に放射状に飛ぶ事を「肩の張りが良い」と言います。


ここまで、日本の割物花火について伝統的な花火観賞ポイントを少し見てきましたが、古典とも基本とも薀蓄とも言えそうです。
というのも、最近は一発ずつの割物よりも、スターマインなどの速い連発物に関心が集まる傾向にあるからだそうです。
花火の見方にも、新しい基準が必要なのかもしれません。


最高の花火観賞の楽しみ方は「花火に現れるそれぞれの花火職人の個性、独自性や芸術性」を見るところにもあるとも言えそうです。
ひいきの花火職人ができるなどという事もあるかもしれないのが、花火マニアなのかもしれませんね。