楽しみです!新作の花火♪


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日本には四季があり、それぞれの季節にそれぞれの風物詩のような物がありそうですが、夏の風物詩と言えば何があるでしょうか。
風物詩には、食べ物や植物などもあると思いますが、ひとつに花火があるのではと思います。


花火といっても、家庭用のおもちゃ花火や花火大会などの大きな花火があると思いますが、今回は花火大会の花火について見て行きたいと思います。


花火大会などの打ち上げ花火は、新作と言う物は、なかなか出ないそうなのですが、今回はそんな中でも少し目新しい物を見て行きたいと思います。


2002年5月ごろの新作が「三色牡丹・三色染分け」という花火で、普通染分けという花火は玉皮の片方にひとつの色を、もう片方に別の色を入れて2色でつくる所を、3食に分けているのがこの花火だそうです。
ちょうど良い角度で見ると、色の境目がベンツのシンボルマークのように見えるそうです。


2002年3月頃の新作は「12色の花火大会」で、パステルカラーが世に出てからしばらく経ちましたが、埼玉県で12色の色をそろえた花火大会が実施されたそうです。
花火の基本色(紅・青・緑・黄・紫・銀・金)に加えて、パステルカラー5色(ブルー・ピンク・レモンイエロー・オレンジ・ライムグリーン)が大会で打ち上げられたそうです。


そして2000年8月頃には、新作の「芯入り立方体」が出ました。


また1999年11月頃には長野県の花火屋さんが、「五重芯」に挑戦したそうです。


1998年12月頃には「紅すいせん」という感じの中国製と思われる花火が打ち上げられたそうです。


まだまだ過去にさかのぼると新作花火、目新しい花火が見られる事もあるようですが、今回は1998年の物まで見てきました。
今後も新作の花火が上がる事も期待したいものです。