見たいなぁ!琵琶湖の花火大会


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

例年8月8日に、「琵琶湖大花火大会」が、大津市で開催されるそうです。


2007年も8月8日水曜日に「琵琶湖大花火大会」は開催され、19:30から20:30までの間、花火が打ち上げられたそうです。
この2007年のテーマは、「びわ湖周遊の旅」で、スターマイン、4~10号玉、約10000発が打ち上げられたそうです。
ロケーションは、大津港周辺のびわ湖畔、なぎさ公園などで、JR琵琶湖線大津駅または膳所駅から徒歩15分くらいで、京阪電車浜大津駅からは徒歩5分くらいだそうです。
また、もうひとつのロケーションで、皇子山運動公園などは、JR湖西線西大津駅から徒歩約10分くらいとなっています。


「琵琶湖大花火大会」の大会のポイントは、大津港沖の二箇所から花火が打ち上げられ、多くのスターマインの中で、湖上開発スターマインや斜め打ちスターマイン、大スターマインなど、湖上打ち上げならではの企画だそうです。
有料観覧席も、用意されているようです。


2007年のプログラムは、「びわ湖周遊の旅」がテーマで、各地の名所、風景をイメージした花火を約10000発で表現したそうです。
そのプログラム内容は、プロローグ(19:30)→オープニング→湖西~海津の桜~→湖南~水~→日本のこころ→湖東~彦根城~→湖北~歴史の町~→地割→フィナーレ(20:27)と進行していったそうです。


花火大会というと、海や川といったイメージもありますが、湖での花火も趣きがあって良いのではと思います。
是非、8月8日の琵琶湖の花火大会に、足を運んでみてはいかがでしょうか。