見てみたい!熱海の花火


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

みなさん、熱海と言えば「花火」というのを、ご存知だったでしょうか。


夏と言えば「花火」という事はよく聞くのですが、熱海でも花火は、夏の風物詩なようなのです。
熱海で花火を見るには、「熱海海上花火大会」や、市内各地の初島や伊豆湯河原などでの、花火大会があるようです。


「熱海海上花火大会」の特徴と言えば、まず「大空中ナイアガラ」だそうです。


毎開催の最後を飾るのが大空中ナイアガラで、これは仕掛花火ではなく、打ち上げ花火だそうです。
何発もの花火がいっせいに上がり、夜空一面に広がる様子だそうです。
真昼のような明るさにもなるそうです。


そして会場である、熱海湾は花火業者も絶賛するほどの、「日本一」の打ち上げ海上だそうです。
山に3面を囲まれた、すり鉢状の地形の為、海で上げる花火の音が反響し、大きなスタジアムの様な音響効果があるそうです。
見るだけでなく、体感できるのが熱海海上花火大会なようです。


熱海海上花火大会は、昭和27年に開催され、平成20年で57回目だそうです。
昭和24年「キティー台風」による高波で、海岸地区の多くの家屋が流失する災害、翌昭和25年には「熱海駅前火災」更に10日後に、中心街の979戸が消失する大火に見舞われ、その後の復興に向けて市民による努力が続いたそうです。
街の復興とその努力にむくいるべく、昭和27年に花火が打ち上げられたのが、熱海海上花火大会の始まりだそうです。
その伝統が以来受け継がれて、今では熱海の代名詞にもなっているそうです。


熱海海上花火大会は車椅子の人にも配慮した会場作りがされているなど、とても行きやすい花火大会でもありそうです。
今年の花火大会の候補に、この花火大会を入れておくのもいいかもしれません。