俺と謙虚な妹紅


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

―俺ともこy―

永いなあい夜謙虚な月はホーリを地上に送りながら
人々は眠りにつき
人ならざるものは起きた

そんな理の中からアワレにも少し外れた恥知らずな人間がいた!




ッ!・・・
「hai!!もうやめてください!まだ僕は死にたくないんです!!人生ロストが怖いんです!」
 「君が泣くまで殴るのをやめないという名セリフを知らないのかよ」

、アよいの竹林映めん亭と間逆の方向にある館
屋敷と呼ぶには貧弱すぎる家と呼ぶにはどちかというと大反対だな
その館を優しく照らす月光を突き破るような破壊力ばつ牛ン男の声

「頼むから許してくだしあ;;」
 「お前ちゃんと話聞けよ?今宵は私にとっては神の贈物だがお前にとっては地獄の宴だからな」

男はアワレにも両腕と両足を台に越え衣されていた
二つの長方形を並べその間を跨ぐように
その横に立つ処女がいた
背からグエrんのツバサを広げあたりを舞う火の粉の美しさに彩られて最強に見える
その姿は火の女神と呼ぶに相応しい姿だった英語でいうとフェニックス

「もう限界です・・・やめる気はないのか?;」
 「まただよ(笑)何度いったらわかるんですかねえ・・?」

長方形の台の間から立ち上る炎は焼くには貧弱すぎる
温まるにはそのまま骨になる
その炎は男の背をジzリリイと焼いていく
炎はヒキョウにも畳や壁に移らずアワレにも男の背のみを炙り続えkる

「んm紅・・・俺が悪かった・・・反省・・・している・・・本当だ・・・」
 「お前本当にそれでいいのか?」
「こんな恐ろしいい敵を作りたくないので僕はあやまりますごめんなさいはやく炎けしテ!」
 「ふんっ」パチンッ

モこんと呼ばれた少女が指を鳴らすと男を炙る炎はアワレにも裏世界でひっそり幕を閉じた

「ハァ・・・ハァ・・・」

男の汚い息遣いが静かな夜によく響く
カカッとモ功は男の体をヒキョウにも拘束していた4つの留め金の封印をといた!
ゴオrンッ男の体は台と炎から開放されてアワレにも背に焼け跡を残したまま畳へ転がった

ドスッ
「オゥフ!・・・カハッ・・・・」

いつの間にか男の傍に立っていた茂光がガードを崩した男についげきのグランドヴァイパでさらにダメージは加速した。
アワレにも男の口からは赤黒い血が痰とともに吐き出される
終わる頃にはズタズタにされた人間の雑魚がいた
だが謙虚にも妹紅は男の肩を優しく抱き上げると

 「ほう、生命力が生きたな命は助けてやる私は優しいからな」



と少し褒めると蒙古は奥から小さなちtyボを手に戻ってきた
その中に入っている白濁色の薬を謙虚にも優しく男の背に塗ってやった!
凄いなー憧れちゃうなーモテる秘訣はここにあるのかも(謙虚)
すると男の背の焼け爛れはカカッという間に消え、もとの健康的な肌色へと戻っていた
二人は優しく抱き合いその姿を月光英語で言うとルナライト
が優しく照らしていた



「ちょっとsyレにならんしょこれは…?」
 「永林の薬があって良かったな、なかったらお前はもう死んでるぞ」
「アドリブで蹴りなんていれちゃうことでおれの怒りが有頂天になったこの痛みはしばらくおさまる事を知らないど」
 「ああれはだな・・・その・・・」
「まぁ俺はよかったけどなー妹紅のあの蔑むような目なんて特に」
 「鬼の首取ったように騒がれ妹ン玖は深い悲しみに包まれた」
「は?」
 「そ、それはお前の体に傷なんてつけたくないからに決まってるしょ…たとえ全快するんだとしてもな」
「ほぉ、優しさが生きたな拘束して鞭を使ってもいいぞ」
 「たいがいにしろよカスがマジで親のダイヤの結婚指輪のネックレスを指にはめてぶん殴るぞ」



反省しないで御座る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。