冬のプレゼント


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

いつも図書館に篭りっきりのパチュリーさんが寒いだろうという事でマフラープレゼントしてあげたら
「魔法で暖取れるから別にいいわよ・・・」と不満たらたらなんだけどとりあえず貰ってくれて
後日紅魔館にお邪魔したらお茶を用意してくれたさくやさんからマフラーの事言われて
「パチュリー様ったらずいぶん喜んでるようで、室内にいる時もマフラーつけっぱなしなんですよ。暖房が利いてるからつけなくてもいいと思うのですが
せっかくあの人がくれたものなんだしいつも身につけてたい」と仰ってまして・・・
みたいなことさくやさんの口から聞かされてるところにパチュリーがきて顔真っ赤にしながらむきゅむきゅ否定してるのを見て
さくやさんが気を利かせてくれて二人っきりにしてくれて
「喜んでくれてたんだ?」って聞いたらもうサマーレッドでそうなくらい耳まで赤くしてむきゅむきゅしてたから「他はなんのプレゼントがいい?」って聞いたら
「こ、これだけでいいわよ!ほ、他なんてそんな・・・これだけで充分だし・・・」って言ってて教えてくれなかったんだけど
ずっと本読んでたら手とか冷たくなるんじゃないかなーと思って何気なく手を取って握ってみたら「あひゃぇ!?」みたいな声出して驚いて
「本読んでると手が冷たくなりそうだね。ていうか冷たいね。今度は手袋にしようか。一緒に買いにいこうよ」って聞いたら
「て、て手袋なんてつけても本がよ、読みにくくなるだけだし!それに私は外出なんてつ、疲れるからしないの!」って言われちゃって
「一緒にいくの、嫌?」って聞いたら「べ、別に嫌ってわけじゃ・・・」と拒否はしなかったので「じゃ行こうよ。一緒に。ね?」ってもう一度聞いたらちっちゃな声で「・・・うん」
って言ってくれたから嬉しくて「デートだー」って言っちゃったらサマーレッドを通り越してサマーフレイムでそうなくらいあわてて「で、デートなんかじゃない!ち、違うってちょっと!」
と大慌てなパチュリーさんを見たい


以下改変物


いつも雪を降らしっぱなしの幽々子様が寒いだろうという事でマフラープレゼントしてあげたら
「妖夢が暖を用意してくれるから別にいいわよ・・・」と不満たらたらなんだけどとりあえず貰ってくれて
後日白玉楼にお邪魔したらお茶を用意してくれた妖夢からマフラーの事言われて
「幽々子様ったらずいぶん喜んでるようで、室内にいる時もマフラーつけっぱなしなんですよ。暖房が利いてるからつけなくてもいいと思うのですが
せっかくあの人がくれたものなんだしいつも身につけてたい」と仰ってまして・・・
みたいなこと妖夢の口から聞かされてるところに幽々子様がきて顔真っ赤にしながらあらあらうふふと否定してるのを見て
妖夢が気を利かせてくれて二人っきりにしてくれて
「喜んでくれてたんだ?」って聞いたら逆さ屏風ぶっぱしたからカカッとバックステッポして「他はなんのプレゼントがいい?」って聞いたら
「こ、これだけでいいわよ!ほ、他なんてそんな・・・これだけで充分だし・・・」って言ってて教えてくれなかったんだけど
ずっと雪降らしてたら体が冷えるんじゃないかなーと思って何気なく手を取って握ってみたら「あひゃぇ!?」みたいな声出して驚いて
「雪の中和服だと体が冷えそうだね。ていうか冷たいね。今度は五衣唐衣裳にしようか。一緒に買いにいこうよ」って聞いたら
「い、五衣唐衣裳なんて重たいしう、動きにくくなるだけだし!それに私は炬燵から出るなんてつ、疲れるからしないの!」って言われちゃって
「一緒にいくの、嫌?」って聞いたら「べ、別に嫌ってわけじゃ・・・」と拒否はしなかったので「じゃ行こうよ。一緒に。ね?」ってもう一度聞いたらちっちゃな声で「・・・うん」
って言ってくれたから嬉しくて「デートだー」って言っちゃったらギャストリドリームを通り越して華胥の永眠ぶっぱしそうなくらいあわてて「で、デートなんかじゃない!ち、違うってちょっと!」
と大慌てな幽々子をみてからブレイジング余裕でしたしたい
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。