※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アプローの涙/ネクストステージ21


Aの魔法陣コース 制限時間17日18時00分まで
○A-DICガンオーケストラ+AマホVer4を使います。3ターンの掲示板ゲームです。ゲーム開始は21時。
5人1班、10人1小隊で20個小隊を編成してください。
中隊および大隊長には、まだアプローの涙でエースゲームを行っていないエースをあてること。さらにネクストステージ20で選出されたエースを出してはいけません。戦闘序列も構成すること。

タイトル : ステージ#21戦闘序列
記事No : 1355
投稿日 : 2006/12/17(Sun) 07:42
投稿者 : 伯牙(+エース一同)

■“ミッドナイト・クリアー”作戦指令書

●“ミッドナイト・クリアー”作戦について
 本作戦は、『ガンパレード・オーケストラ』世界に進出し、いずれ来るであろう人間と幻獣の和平、ないしはさらなる火星の百年の平和を阻害せんとする敵(*1)に対し、先んじて戦力を展開し、その目的をくじくものである。
 わかりやすく言えば、悪者を退治するということだ。

●キャラクターの作成
 もしあなたが『ガンオケA-Dic』でこれまで公式オンセに参加したPCを持っていないのなら、《キャラクター作成ガイダンス-Becoming Gunparade-》を参照のこと。
 あなたがこれまで公式オンセで使用したPCを所持している場合、基本的には「プレイヤーに払われた」「ガンオケのPCに払われた」と言われている根源力は使用できる。不安な場合は、公式掲示板で芝村さんに問い合わせること。司令部では相談に乗れない場合がある。発言力についてもこれは同様である。

●配属部隊
 本作戦は五個中隊で行われる。中隊というとわかりにくいが、学校のクラスのようなものだと思っていただければよい。中隊長が担任の先生である。先生の指示を聞いて、集団行動をすること(*2)。
 中隊はそれぞれ、おおまかな役割を割り振られている。第一中隊は偵察、第二中隊は攻撃、のように(*3)。基本的に自分がやりたいな、と思うところに入るとよいだろう。もちろん、人数その他の事情によって希望が叶わない場合もある。その場合は、気をとりなおして自分を必要としてくれるところに行こう。部隊は以下のとおり。まずは入りたい中隊を決めよう(*4)。
 中隊はさらに五個の小隊に、小隊はさらに二つの班にわけられる。一個小隊10人、1班5人である。基本的には小隊で仲良くやろう。

▼第一中隊:偵察中隊
推奨技能:無線、幻視、地形把握
 本中隊の目的は「偵察」である。敵を発見し、その布陣を調べ、そしてそれを生きて司令部に伝えることが目的である。したがって、[静寂]や[彼方]などの偵察兵用ウォードレス、[互尊P型]などの移動修正の高いウォードレスなどがあるとよいだろう。
 武器は基本的に必要ない。偵察部隊が交戦しているというのは、偵察が失敗したのとほぼ同義語である。むしろ[信号弾][発光弾][ウィンチ(ワイヤー)]などがあるとよいかもしれない。どうしても欲しいなら、おまじない程度に[ナイフ][手榴弾]拳銃などを、重量で動きがさまたげられない程度に持ってもよいだろう。

▼第二中隊:主力中隊
推奨技能:射撃、機関銃、狙撃
 主戦場において敵主力と真っ向から交戦し、その足を止めることを主眼とした部隊である。いわゆる“前衛”“ファイター”に相当する。
 第二中隊にとって、敵は正面から来るものである。従って、偵察についてはさほど心配する必要はないし、装備が重いことについても心をわずらわせる必要はない。戦闘の基本は火力と装甲である。
 ウォードレスとしては、重装甲の[互尊狙撃型][彼方]などがよいだろう。余裕があれば、[至心][可憐]などでもよい。
 武器はとても重要だ。班単位で相談して、対装甲火器、対非装甲火器は分担して持っておきたい。たとえば、[88式軽機関銃]×1、[97式突撃銃+擲弾発射機]×2、[92式自動砲]×1、[99式狙撃銃]などである。別にこうしなければならないわけではないので念のため。「たくさん来るゴブリン」と「でかいミノタウロス」の両方に対応できれば、手段は問わない。
 また、細かいことであるが小隊単位では[信号弾]を携行しておくこと。万一、味方に敵と間違われて撃たれた時に通信が通じるとは限らない。友軍が無線封鎖をしている場合もあるからである。

▼第三中隊:主力中隊
推奨技能:砲術、機関銃、狙撃
 第二中隊がひきつけている敵の側面ないし後方に高速で回り込み、素早く敵を撃滅する部隊。このゲームでは後方や側面からの攻撃は非常に有効なので、大切な部隊である。
 移動速度が重要なので、ウォードレス兵なら荷重は280まで、非着用なら140までにすることが望ましい(荷重は装備根源力÷10)。
 ウォードレスは移動力を重視した[彼方][互尊P型]などがよいだろう。敵の攻撃が皆無とは言えないので、[静寂]はあまりおすすめできない。発言力に余裕があるなら[98式警戒車][95式高機動車]などを班で一台用意してもよいだろう。ただし、戦場が山地の場合役立たずということもありえるので、頼りすぎないこと。
 火器としては、[88式軽機関銃][72式重機関銃][90式中迫撃砲][99式狙撃銃]などの軽量で長射程のものをチョイスしたい。斬り込みを重視するなら、[超硬度カトラス][ナイフ][99式手榴弾]などでもよいだろう。
 軽量の武器が主体になる分、一撃の火力は低くなる。必殺の状況を整えるまでは撃たないこと。たとえ友軍がやられていても、敵の側面・後方に回るまではこらえて走る忍耐力を持とう。

▼第四中隊:機械化中隊
推奨技能:事務、整備、砲術、車両運転
 機械化した戦力を中心に、砲撃可能なポイントに移動して前線からの支援に従って間接砲撃を行う部隊である。機動砲兵と考えてよい。
 班で一台、[98式警戒車][95式高機動車]を配備。ウォードレスは安ければほぼなんでもよい。これに、[90式中迫撃砲][92式自動砲][99式狙撃銃][72式重機関銃][99式直接支援火砲]などを満載して撃ちまくる。車輌があるので、移動速度についてはあまり気にしなくてよい。特に、[98式警戒車]を導入できる発言力があるなら、この隊に入るとよいだろう。
 ただし、車輌は維持に大変な整備コストが必要である。整備兵は多めに配備したい。

▼第五中隊:火力支援中隊
推奨技能:狙撃、無線、砲術
 迫撃砲などを用いて必要なポイントに移動し、間接砲撃を行う部隊。こちらは非機械化。
 [彼方][互尊戦車兵型]などの軽量ウォードレスを使用。火器のメインは[90式中迫撃砲]。これを集中運用する。何小隊かは[99式狙撃銃]による集中狙撃でもよいだろう。防御は考えずとにかく撃つこと。接近されたら死である。また、前線の味方との連絡のため、無線技能は各小隊で必ず保持すること。

●FAQ(よくある質問)

Q:この作戦で本当に勝てますか?
A:勝てます。あなたはあなたを信じなさい。

Q:この装備で隊に参加して大丈夫ですか?
A:作戦書に一字一句従う必要はありません。実際には根源力や発言力が千差万別なので、動物兵器やキャリアなどを動員できる場合もあるでしょうし、どうしてもこの銃が撃ちたい、ということもあるでしょう。そのあたりは小隊長・中隊長と相談していいようにやってください。

Q:こんな作戦を考えましたが、前提変換に使えますか?
A:やってみないとわかりません。司令部はSDではないので責任ある解答も返せません。不安ならお友達に話してみて、変な顔をされたらやめたほうがいいかもしれませんが、これさえも確実は言いかねます。

Q:敵の奇襲、天候の変化、宇宙怪獣の襲来、クーラの逆襲、オーケ復活などの不測の事態が起きたらどうするんですか?
A:その都度司令部が適切な指示を出します。今は、流言飛語や憶測、デマや疑心暗鬼にまどわされないでください。

Q:この計算で合っていますか?
A:電卓を信じなさい。とりあえず検算です。

Q:ルールに不満や疑問があるのですが。
A:とりあえず今回はこのルールに従うほかないでしょう。あとで不満点を芝村さんにメールすると、フィードバックされるかもしれません。人間、不満は言われないとわからないものです。

Q:仕事で忙しくても参加できますか?
A:3ターン必要であるとの発表から見て、21:00~25:00くらいの拘束は覚悟したほうがよいと思います。フルタイム参加できないのなら、あらかじめ班長・小隊長に断っておいて、行動をまかせるくらいの余力は必要でしょう。

Q:仕事で忙しいと参加できないのはおかしい!
A:司令部では対処できません。

Q:前回の作戦で何も出来なかった! 出番がなかった!
A:大規模作戦だとそのようなことも起こりえます。予備戦力、偵察兵、陽動など、たくさんの人による勝利です。銃で敵を殺したものだけが勝利に貢献しているわけではありません。全員がひとつの作戦を遂行する仲間なのです。撃ちまくって目立ってエース、それ以外はクズ、という考え方はよくありません。あなたは戦場の主役です。胸を張ってください。

 *1:あくまで司令部が類推した世界の未来、また敵の目的である。世界がそのように動くかどうかは芝村さんの胸の内であるし、敵についてはいぜんとして未知数である。しかしながら、ここではこれを前提として進めたい。
 *2:なぜ集団行動に従う必要があるのか、どうして教師がえらいのか、なんで戦争をするのか、などについては、とりあえずゲームが終わったあとで考えること。
  *3:戦争とは、相手がジルバを踊ろうとしたらタンゴを、タンゴを踊ろうとしたらワルツを踊るものである。したがって、偵察中隊が戦闘を、攻撃中隊を偵察を、機動中隊が待機を命じられるかもしれない。だが、紙の上に書かれた作戦と違って実戦は生きている。あなたの戦友と上官を信じて、焦らず行動して欲しい。
 *4:中隊の解説について。装備品のチョイスに際して、発言力の問題があるためキャリア(車輌のこと)にはほとんど言及していない。あなたが勲章などをもらってリッチなら、財布と相談して適切に対応してほしい。

タイトル : ネクストステージ#21編成発表(エントリはまだです)
記事No : 1522
投稿日 : 2006/12/17(Sun) 16:30
投稿者 : りょー@大隊長

今回大隊長を任されましたりょーです。

今回の部隊の編成の発表です。中隊長の希望を読んで、どの中隊に行くか
各班各小隊で考えておいてください。(エントリスレは17時過ぎに立てる予定です)

第一中隊:指揮>古河切夏:偵察中隊。機動力と偵察能力優先。推奨:無線・幻視
第二中隊:指揮>かくた:主力部隊。混合・対応能力優先。推奨:戦闘系
第三中隊:指揮>ニンジャ:主力部隊。混合・機動力重視。推奨:戦闘系
第四中隊:指揮>XH-834:機械化部隊。機動力火力両立。推奨:事務整備、砲術
第五中隊:指揮>ちゃき:火力支援。火力最重視。遠距離対応。推奨:機関銃・狙撃・砲術。


ゲーム用スレッド

司令部チャット