※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

儀式魔術/第二次黄金戦争/5週目



今後の予定

1月24日 イベント26 新ドレスデータ登録
1月24日 帝國宰相府からのお知らせ(罰金、改易、動員令)
1月24日 イベント27 宰相の密使
1月25日 イベント28 改易令
1月24日 ジェントルラット塞殺
1月25日 イベント29 吏族チェック(ドレスデータ)罰金その他
1月25日 イベント30 法官試験
1月25日 イベント31 星見司第3級試験
1月25日 裏マーケット決済
1月26日 ターン更新(ターン3)
1月26日 立国判定
1月26日 収入判定
1月26日 中央市場再開(26日のみ次回はターン4)
1月26日 吏族チェック(ドレスデータ)26日までの集計 無名騎士藩国、奇眼藩国指定
1月27日 イベント32 新人歓迎キャンペーン(初心者対策強化週間)総額600億相当/同時・特産品の買い上げ
1月27日 裏マーケット再開
1月27日 イベント33 戦勝パレード
1月27日 イベント34 ポチ巡幸
1月27日 イベント35 FEG査問会→シナリオ分岐
1月27日 動員令(各国戦力50人分)
1月27日 作戦会議
1月28日 人狼滅亡(わんわん)
1月28日 大規模調査隊(にゃんにゃん)

ステージ2 イベント27 帝國からの密使

”我々わんわん帝國は平和を望んでおります”
ぽち王女からのビデオレター 42107002

作業期限:2007年1月25日23時まで。

物語背景:
わんわん帝國宰相、シロは早期開戦を断念した。現状の藩国の状況では、にゃんにゃん共和国に勝てる可能性は万に一つもない。
まずは国内を一新するべきだ。

シロは先の戦いでの大隊長以下の指揮官に対して恩赦の条件に人狼領を攻め落とさせる指令を出す一方、小笠原へのリンクゲートの譲渡を条件に、にゃんにゃん共和国との休戦交渉に出た。
交渉に出たわんわん帝國の使者はたけきの藩国の藩王、たけきのこである。
彼女の領土には交渉支援のための絶滅部隊が既に配置されており、彼女の交渉成功を祈っていた。

課題:
たけきのこは期日までにアイドレスを派遣し、以下のミッションを成功させよ。
ただし、短時間で問題を解決した場合、なにかいいことがあるかも知れない。

NO:EX05:タイトル:休戦条約を結ぶ:舞台:政庁:お宝タイプ:和平:要求根源力:0:要求能力:外見 4:要求能力:幸運3:要求能力:器用4:総合難易度:11:人数:4:予算:自費:デスペナルティ:藩国滅亡

一人のアイドレスを出すために1億、もしくは食料1万tが必要になる。
技・特殊効果を一つつかうごとに燃料1万tを必要とし、ペナルティのある職業を使用する場合は2倍の燃料を消費する。
たけきのこは和平の文言を作って藩国に貼り付け、チェックを受けることで各能力判定で最大+-1のシフト修正を受けることが出来る。

(投稿、質問はここのコメント欄からどうぞ)

このイベントの報酬
交渉が成功すれば、たけきの藩国は10億の予算と燃料5万tを与えられる。
また新しいアイドレス3つを手に入れることが出来、即座に獲得を宣言してイベント21に準じたリクエストを満たした作業を開始することが出来る。作業の期限は28日である。

ステージ2 イベント26 新ドレスデータ登録

”くらすちぇーんじ!”
くるくるまわりながら決めをとるにゃんにゃんの図 42107002

作業期限:2007年1月25日12時まで。(たけきの藩国は29日12時まで)

物語背景:
アイドレスは魂に鎧う服である。それを着てはじめて人は電網適応し、陰謀と策謀うずまく冒険の大地を自由に歩くことが出来る。
各国はアイドレスの新型を開発し、配備にいそしんでいた。

課題:
各国は以下のルールに従って新アイドレスを組み込んで期限内に藩国の・(イグドラシルを満たして)登録されたアイドレスのイラスト、名前、説明欄にデータと共に掲示を開始してください。

ルール:
○施設アイドレス
施設アイドレスの効果のうち、収入に関するものは藩国の収入欄に書き込んでください。チェックしやすいように施設アイドレスの掲示されている場所へのリンクもつけてください。

○個人アイドレス
これまでのものに加え、人+職業+職業+新規追加職業アイドレスを新たな個人アイドレスとして登録してください。能力は人+職業+職業+新規追加職業アイドレスを加算したものを掲示してください。
この時、以下のルールがあります。

ルール:人+職業+職業+新規追加職業アイドレスの組み合わせは、リクエスト時の絵に準じていなければなりません。(例えば人+バトルメイドの条件しか満たしていない場合は人+職業+職業+新規追加職業アイドレスとして登録できない)*注意:前のチェックのときにこの課題に準拠して書いてもらっているはずですので、普通に申請時の組み合わせどおりに掲示してくれれば問題ありません。


ステージ2 イベント28 改易令

”ニューワールドのニューワールドとは、とほほ”
”今度こそ安住の地になるといいですね”
”何を言ってる。帰るんだ。いつかは冬の京に”
悲劇王として知られる者の会話 52107002

作業期限:2007年1月28日12時まで。

物語背景:
ほねっこ男爵領と伏見藩国は国土が焦土と課したゆえに、集団亡命したジェントルラット國は国を捨てたがゆえに、それぞれ新天地で国を立て直すことになった。
戦争よりはよほど大変な仕事がはじまったのだった。

課題:
以下、各国によって異なります。
ほねっこ男爵領、伏見藩国は地図をすべて変更してください。
ほねっこ男爵領は大分、伏見藩国は奈良に移ります。
イグドラシルやアイドレスのうち、施設アイドレスはすべて作り直しです。>(対象になるのはアイドレス工場、食糧生産地、食料倉庫です)
これらの手間への報酬として30億わんわんがわたされます。
ほねっこ男爵領は、新しいアイドレスを2つ得ることができます。イベント21、26の要領でアイドレスを獲得してください。

ジェントルラットはにゃんにゃん共和国の藩国となります。
要領は前記の2国に準じますが、もらえる資金はにゃんにゃんになります。>また、新しいアイドレスを2つ得ることができます。イベント21、26の要領でアイドレスを獲得してください。

質問、完成申請+URL掲示はここのコメント欄にどうぞ。

ステージ2 イベント31 法官登用試験

”さて、答えのない問題に、そなたはなんと答えるかな”
試験を行う際に宰相が言った言葉。 52107002

作業期限:2007年1月26日23時まで。

物語背景:
法官とは法をもてアイドレス世界の不正と戦う戦士であり、同時に護民官とならぶ藩国の守護者である。かれらは通常のアイドレスと違い、試験を受けて専用のアイドレスを着用した。

課題:(この課題は法官、護民官アイドレスをとりうる国の藩民しか挑戦することはできません)
受験者は以下の設問に答えなさい。 合格率は一回の採点につき3割とするが、期日内なら何度でも挑戦できる。
回答は各藩国内に掲示し、URLをここのコメント欄にかきなさい。

設問1 なぜ法をもて人を管理する必要があるかを答えなさい。
設問2 未必の故意とはなにか、答えなさい。
設問3 殺人を犯したのに死刑ではなく懲役刑になることが多いのはなぜか、答えなさい。
設問4 アイドレス世界での標準的な罰則金の額を答え、増減の仕組みを説明しなさい。
設問5 法を厳しく適用する場合のデメリットと、法の適用を機械ではなく人間が行う意義を答えなさい。

  • ブログトップ更新
吏族チェックは延期中です。

ステージ2 イベント30 星見司第3級試験

”さて、答えのない問題に、そなたはなんと答えるかな”
試験を行う際に宰相が言った言葉。 52107002

作業期限:2007年1月26日23時まで。

物語背景:
星見司とは世界の謎を追うハンターであり、物語を読み解く

課題:(この課題は星見司アイドレスをとっている国の藩民しか挑戦することはできません)
受験者は以下の設問に答えなさい。 
回答は個人ごと、各藩国内に掲示し、URLをここのコメント欄にかきなさい。
情報ソースを必ず明示すること。

設問1 星の寓意を実例3つ以上あげて説明しなさい。
設問2 瞳が青いの寓意を実例3つ以上あげて説明しなさい
設問3 にれの木の木陰の寓意を実例3つ以上あげて説明しなさい。
設問4 投票ボーナス4 谷口&咲良に寓意があることを推定しなさい。
設問5 投票ボーナス4 谷口&咲良の寓意はなにか。


ターン更新(ターン3)
第2ターンではゆっくりお休みいただいたと思います。
第3ターンからはいよいよ練習ステージも終わり、皆様が大好きな目のくらむようなハイスピード&ハイパワーの高難易度ステージが目白押し、などは用意しておりませんが、心に安らぎがあたえられることでしょう。生きててよかった第3ターン。電網適応アイドレスをどうぞお楽しみください。

各種判定の案内とお知らせ

立国判定
新規参入国は立国判定を行いますのでここのコメント欄で申請してください。
ターン3からの参加の場合、追加資金20億、新アイドレス2つからゲームスタートできます。

収入判定
各藩国は施設にあわせて収入を計算し、ここのコメント欄に申請する一方で藩国内の財政表示を書き換えてください。

ステージ3 イベント32 新人歓迎キャンペーン(初心者対策強化週間)>総額600億相当/同時・特産品の買い上げ

”わかばさんいらっしゃーい”
みらの、借金返済にがんばるの図 72107002

作業期限:2007年1月30日23時まで。

物語背景:
国力の背景は人の数である。人の数こそはアイドレス世界の屋台骨であり、その富の源泉であった。
内乱に怯えるわんわん帝國は戦争のために、にゃんにゃん共和国は例によってあまり考えず、新たな国民を増やそうとしていた。

課題:(第三ターンで稼げるのはこのイベントと戦勝パレードのみです)
以下のものを作成し、報告することで資金を得ることが出来ます。
各国内にこれらの作成物は掲示してください。その上で応募する旨をこの記事のコメント欄に宣言してください。

このイベントに参加すると資源/娯楽/食料のいずれかが消費されます。説明を読んでご注意ください。

募集総額1200億わんわん/にゃんにゃん(支払い総額が1200億を越えるとこのイベントは終了します)

○募集1:携帯対応
藩国が携帯に完全対応している場合資金+30億
大部分対応している場合資金+15億
さしあげます。募集はここのコメント欄からどうぞ。

○募集2:相談所恩典
これまで初心者へのふりわけを行っていて、特に力を入れた対応をしていたFEGには60億にゃんにゃんをさしあげます。FVBには+30億を差し上げます。
これらは即座に対応していただいてかまいません。

○募集3:見やすい藩国恩典
見やすい藩国、さらにデザインで優れた藩国については資源~+40万tを差し上げます。

○募集4:コンテンツ総量恩典
コンテンツの総量が一定基準を超えた藩国には燃料~+40万tをさしあげます。

○募集5:独自イベント恩典
藩国内で独自のイベントを行っている場合、資金~+40億までをさしあげます。

○募集6:読みきりコンテンツ(消費物:娯楽4万t)報酬:資金3億わんわん/にゃんにゃん+出来高(0~7億)
各国の面白い話やイラストを、買わせていただきます。テンダイスに転載しますのでその旨ご了承ください。間違って書籍商品化の際に乗ってても笑って許してください。(可能な限り削りますが、削りミスはありえます)

○募集7:現在の進行状況のアウトソージング:(消費物:食料2万t)報酬:資金3億わんわん/にゃんにゃん(毎日募集。複数応募の時は1つのみ採用)
▽第2次黄金戦争:現在の進行状況070103
http://blog.tendice.jp/200701/article_14.html
のような記事をアウトソージング(外注)して記事の買い上げを開始します。
似せた感じで進行状況を書いてみてください。

○持ち込み随時募集中:こんなもの作りましたという方がいらしたらどうぞ、持ち込んでいただければ鑑定し、有用であれば買い上げさせていただきます。これまで単にファンのがんばりですませていた部分も電網適応はフォローします。

ステージ3 イベント33 戦勝パレード
”ご覧ください、これが帝國の精鋭たちであります”
TV放送から 72107002

作業期限:2007年1月30日12時まで。

物語背景:
にゃんにゃん共和国、わんわん帝國では戦勝パレードが行われている。
それは戦いの終わりを告げるものでありながら、何も戦いは終わってないことを暗示するものでもあった。

動員令が迫る中、偽りの祭りがはじまる。


課題:(このイベントは任意参加です)
各国は以下のルールに従ってイラスト×1(推定作業時間10時間以上、合作推奨)+実況中継のリポーターの台詞(400文字以上、お国自慢+国民参加を呼びかける形)をUP、掲示してください。
これらのイラストはテンダイスで掲示されます。

ルール:
前回戦闘に参加した国民達に正装させてパレードをさせる姿をイラスト化しなさい。

このイベントの報酬
このベントに参加し、テンダイスに掲示された藩国は資金25億、もしくは資源25万t、あるいは同額の燃料か食料を手に入れることが出来る。


  • 1月30日、ブログトップ更新
現在ステージ3、イベントが3つ起きています。
わんわん帝國 尚書省からのお知らせ
03107002
国士無双、をわんわん帝國の騎士として認め、下記の封土を与えます。
グローリーオブマージャン
神聖巫連盟

さて、それではこれからが本当の星見司3級試験です。
同じ設問を出しますので、今回は全員正解を叩きだしてください。
今度は共同回答を認めます。
星見司の基礎を存分に味わってください。

○参謀賞
  • サターン(5億にゃんにゃん)
「猫に小判」による囮作戦の提案による。

○連隊長賞
共に和するをもって、貧富も共に分け合うべく、以下の国に恩典を与える。
  • 芥辺境藩国(5億にゃんにゃん)
  • ナニワアームズ商藩国(5億にゃんにゃん)
  • akiharu国(5億にゃんにゃん)


ステージ3 イベント29 吏族招集(2)
登録期限:2007年1月31日12時まで。
作業期限:2007年2月2日23時まで。
注意:
○この課題の質問はここのコメント欄から行ってください。

物語背景:
吏族は目を回している。それは大きなイベントの直後に、たいてい吏族チェックも入るからであった。小国では並大抵の苦労ではない。

課題:
各藩国は吏族アイドレス+フィクションノートを1名づつ出して後述する仕事0から仕事2までの作業をさせてください。
ただし、各藩国の吏族ともに自国のチェックには関われません。
また、1項目につき三人以上の吏族がチェックしなければなりません。

今後の予定(改訂版)
1月30日 吏族チェック1(半数動員)
1月31日 公休日(戦勝パレードでバロメーターの作業量が全員限度を越えたため)
2月1日 イベント34 ポチ巡幸
2月1日 イベント35 FEG査問会→シナリオ分岐
2月1日 吏族チェック2(小国、連続参加者は動員をしない方向で調整中)
2月2日 動員令(各国戦力50人分)
2月3日 作戦会議
2月4日 人狼滅亡(わんわん)
2月4日 奇眼奇襲(にゃんにゃん)