(企画大草案)Masspyを利用したセルフブランディング

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

目次

基本情報

【企画名】
「Masspyを利用したセルフブランディング」

【コンセプト・キャッチコピー】
Masspyを就活に直リンク!

【提案者】
小野寺健

【更新】
  • 2010/06/16 思いつく
  • 2010/06/16 企画大草案の作成
  • 20--/--/-- ミーティングで発表


【関連企画】
とくになし

企画概要

【背景】
実際に就活をはじめてみて、あったらいいなと思ったものを具体化してみた。

【目的】
Masspyでがんばった成果が、就活でめっちゃ活きるようになる=人に伝えやすくなる。説明しやすくなる。

【対象】
Masspyメンバー自身

【目標・手段】
メンバーコラムとメンバー紹介ページを大活用する。

【規模と難易度】
  • 規模:個人レベル
  • 難易度:easy(やることはvery easyだが、メンバーの心を動かす必要があるため、easyとした。)

【どんなメンバーに向けた企画か】
  • 実名をWeb上に公開し、自己PRをしたいメンバー
  • Masspyでがんばった結果を、ブログ記事として残したいメンバー

本文

【内容】
メンバーコラムとメンバー紹介ページを大活用し、就職活動でそのまま使えるレベルの自己PRページを構築する。

1. メンバーコラムの使用法
  1. a) 実名のカテゴリを用意する
  2. b) Masspyで活動するごとに、自分の名前のカテゴリで、ブログ記事を執筆する。ブログ記事には、最低限、[学んだこと][失敗したこと][できるようになったこと][自己分析(この活動を通して明らかになった自分の性格、得手不得手、好き嫌いなど)]の4つを記入する。
  3. c) 卒業までこれを繰り返す。卒業する頃には、その人の燦然と輝く大学生活がまとめられた、自己研鑽の軌跡が出来上がっている。実名のカテゴリを読み返せば、その人がどのように成長したのか、一発でわかる

2. メンバー紹介ページの使用法
  1. a) メンバー紹介は、Masspyでの肩書きに留まらず、総合的な自己分析と目標管理を集約させたページとする(=射程距離が可視化されたページとする)
  2. b) そのために、次の項目を追加する
あとでブラッシュアップ必要
  1. c) 全員が好きなタイミングでメンバーコラムのXMLを編集できるように、教える場を設ける
敷居が高い場合は、メンバー紹介ではなく、Masspediaで代用する


【スケジュール】
もし、本当に上記のようなセルフブランディングのページを用意できれば、その後の人生におけるメリットは大きい。今すぐにでも実施すべき。

実施するとき、個々人のスケールでのスケジュールは、Masspy加入~離脱まで、となる。

【必要素材】
  • チーム規模:1人(提案者兼メンター)
  • 役職:なし
  • 準備物:自己分析手法、コーチング、キャリアコーディネートに長けた頭脳と、それらの経験値
  • 情報共有の方法:その都度個別MTGを設ける
  • 活動拠点:部室or空いている川内C教室

【コスト】
経費はゼロ。
企画者は、この企画の成果が見えるようになるまで、一年以上にわたり根気よく関わり続ける必要がある。
(どのくらい準備時間が必要かは、やってみないとわからない。)

【リスク分析】
メンバーのモチベーションを高く保ち、巻き込み続けるのが難しい。
企画者は年間をとおして、一定のプライベートな時間を失う。
また、企画者自身にはメンターとなる存在がいないため、企画者自身の自己分析にはならない。

【備考】
とくになし



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|