# 仮案データのページです。


紳士用セットアップスーツ

部品構造


  • 大部品: 紳士用セットアップスーツ RD:19 評価値:7
    • 部品: 製造販売
    • 大部品: パターンオーダーの紳士服 RD:6 評価値:4
      • 大部品: パターンオーダー RD:6 評価値:4
        • 部品: パターンオーダーとは
        • 部品: 注文の仕方
        • 大部品: 紳士用スーツ RD:4 評価値:3
          • 部品: 4点セット
          • 部品: スーツの素材
          • 部品: ドレスシャツ
          • 部品: 手入れ方法
    • 大部品: ネクタイ RD:6 評価値:4
      • 部品: 形状
      • 部品: 素材
      • 部品: 使い方
      • 部品: 色や柄
      • 部品: 取り付タイプ
      • 部品: 起源
    • 大部品: 紳士服用/基本のコーディネートセット RD:6 評価値:4
      • 部品: 基本の革靴
      • 部品: 靴は大事
      • 部品: ダークカラーの靴下
      • 部品: サスペンダー
      • 部品: リネンのポケットチーフ
      • 部品: 着こなしと振る舞い



部品定義


部品: 製造販売

このスーツはTdmこと、ナニワアームズ商藩国にある「The distortion moon ~歪月」が製造、販売をしている。

部品: パターンオーダーとは

用意されたパターンの中から好みのものを選んでもらい、縫製する。あらかじめ決められた数種類の中から生地やデザイン、ボタン等を選ぶことができる。

部品: 注文の仕方

個人の細かな採寸はしないためサイズも用意されたものから選ぶことになるが、直接仕立て屋へ足を運ばなくても良いのが強み。
取り寄せた注文表に、オーダー内容と氏名・連絡先・出来上がったスーツの送り先などを記載して送付する。

部品: 4点セット

共布で出来たジャケット、スラックス、ウェストコートと、ドレスシャツ(ワイシャツ)のひと揃いがセットとなっている。
ウェストコートを着用するのが正式だが、使用しないこともできる。

部品: スーツの素材

ウールと化繊の混紡生地で出来ている。重厚さは無く静電気が起きやすいが、シワになりにくく軽量で、ある程度のストレッチ性がある。

部品: ドレスシャツ

綿のブロード生地で出来ており、吸湿・保温・通気性が良く、肌触りと着心地が良い。洗濯にも強いが、アイロンは必須である。

部品: 手入れ方法

スーツを脱いだ後はポケットから物を全て取り出し、洋服用ブラシで埃や汚れをやさしく払う。
特に肩や衿裏、袖口やポケット、スラックスの裾などは念入りに。
霧吹きやシワ取りスプレーを吹きかけ、風通しの良い日陰で湿気を取りながら休ませると良いとされる。洗濯、クリーニングは最小限に。

部品: 形状

洋装の衿や首元に巻いて喉の前で結び目をつくる、布製の飾り。帯状や紐状のものが多く、結び下げるタイプのフォアインハンドタイが一般的。

部品: 素材

ビジネスや礼装用としては、結びやすく解けにくく品の良い光沢のあるシルク製のものが多い。その他にも化繊やウール、綿・麻のものなどもある。

部品: 使い方

特定の色使い・柄・紋などで、生まれた家や出身校、軍や団体などに所属している・していたことを表すこともある。反対に、個人の個性・趣味を表すための場合もある。

部品: 色や柄

様々のものがあるが、フォーマルなものは絹の無地やごく小さな水玉、国の風習にもよるが慶事には白やライトグレー、弔事には黒など、ある程度のマナーが存在する。

部品: 取り付タイプ

警察官や軍人の制服の場合、ネクタイを掴まれても首が絞められないよう、金具や磁石で引っ掛ける・留めるだけのものもある。自分で結べない小さな子供用に使うこともある。

部品: 起源

さだかではないが、長旅や兵役につく恋人や夫・息子などへ無事の帰還を願って贈る、家を表す色に染めたり縁起の良いモチーフを刺繍したりした小さなお守り布が始まりのようだ。万が一、怪我や病気で見た目が変わってもこれが身元の証明になったこともあるらしい。

部品: 基本の革靴

牛や馬、羊などの皮をなめして作った靴。
スーツに合わせるのならば、まずは甲部が一体化した内羽根式のストレートチップかプレーントゥが基本であるとされる。

部品: 靴は大事

実際に履いてみて、良い靴を探すべきである。むやみに軽いより一定の重さの靴の方が足が疲れにくい。最も費用と手をかけるべきは、服ではなく靴である。靴磨きも忘れずに。

部品: ダークカラーの靴下

スーツに合わせたダークカラーで膝下丈の、長めの靴下が望ましい。これは足を組んだ際にも脛を見せないようにするためである。

部品: サスペンダー

スーツにはズボン吊りを使用する。兵士の装備品であるベルトは正式には使用しない。また、近年はベルトレスのスラックスも増えてきたと云う。

部品: リネンのポケットチーフ

フォーマルなリネン100%の白いポケットチーフ。折り方、挿し方の小冊子付き。リネンはねじれに弱いので、お洗濯の際に絞ってはいけません。

部品: 着こなしと振る舞い

誰のため、何のために身を整えるのか。それを考え自分自身で必要であるものを選び、また選ぶ目を養うことが洗練された装いの第一歩である。



提出書式


 大部品: 紳士用セットアップスーツ RD:19 評価値:7
 -部品: 製造販売
 -大部品: パターンオーダーの紳士服 RD:6 評価値:4
 --大部品: パターンオーダー RD:6 評価値:4
 ---部品: パターンオーダーとは
 ---部品: 注文の仕方
 ---大部品: 紳士用スーツ RD:4 評価値:3
 ----部品: 4点セット
 ----部品: スーツの素材
 ----部品: ドレスシャツ
 ----部品: 手入れ方法
 -大部品: ネクタイ RD:6 評価値:4
 --部品: 形状
 --部品: 素材
 --部品: 使い方
 --部品: 色や柄
 --部品: 取り付タイプ
 --部品: 起源
 -大部品: 紳士服用/基本のコーディネートセット RD:6 評価値:4
 --部品: 基本の革靴
 --部品: 靴は大事
 --部品: ダークカラーの靴下
 --部品: サスペンダー
 --部品: リネンのポケットチーフ
 --部品: 着こなしと振る舞い
 
 
 部品: 製造販売
 このスーツはTdmこと、ナニワアームズ商藩国にある「The distortion moon ~歪月」が製造、販売をしている。
 
 部品: パターンオーダーとは
 用意されたパターンの中から好みのものを選んでもらい、縫製する。あらかじめ決められた数種類の中から生地やデザイン、ボタン等を選ぶことができる。
 
 部品: 注文の仕方
 個人の細かな採寸はしないためサイズも用意されたものから選ぶことになるが、直接仕立て屋へ足を運ばなくても良いのが強み。
 取り寄せた注文表に、オーダー内容と氏名・連絡先・出来上がったスーツの送り先などを記載して送付する。
 
 部品: 4点セット
 共布で出来たジャケット、スラックス、ウェストコートと、ドレスシャツ(ワイシャツ)のひと揃いがセットとなっている。
 ウェストコートを着用するのが正式だが、使用しないこともできる。
 
 部品: スーツの素材
 ウールと化繊の混紡生地で出来ている。重厚さは無く静電気が起きやすいが、シワになりにくく軽量で、ある程度のストレッチ性がある。
 
 部品: ドレスシャツ
 綿のブロード生地で出来ており、吸湿・保温・通気性が良く、肌触りと着心地が良い。洗濯にも強いが、アイロンは必須である。
 
 部品: 手入れ方法
 スーツを脱いだ後はポケットから物を全て取り出し、洋服用ブラシで埃や汚れをやさしく払う。
 特に肩や衿裏、袖口やポケット、スラックスの裾などは念入りに。
 霧吹きやシワ取りスプレーを吹きかけ、風通しの良い日陰で湿気を取りながら休ませると良いとされる。洗濯、クリーニングは最小限に。
 
 部品: 形状
 洋装の衿や首元に巻いて喉の前で結び目をつくる、布製の飾り。帯状や紐状のものが多く、結び下げるタイプのフォアインハンドタイが一般的。
 
 部品: 素材
 ビジネスや礼装用としては、結びやすく解けにくく品の良い光沢のあるシルク製のものが多い。その他にも化繊やウール、綿・麻のものなどもある。
 
 部品: 使い方
 特定の色使い・柄・紋などで、生まれた家や出身校、軍や団体などに所属している・していたことを表すこともある。反対に、個人の個性・趣味を表すための場合もある。
 
 部品: 色や柄
 様々のものがあるが、フォーマルなものは絹の無地やごく小さな水玉、国の風習にもよるが慶事には白やライトグレー、弔事には黒など、ある程度のマナーが存在する。
 
 部品: 取り付タイプ
 警察官や軍人の制服の場合、ネクタイを掴まれても首が絞められないよう、金具や磁石で引っ掛ける・留めるだけのものもある。自分で結べない小さな子供用に使うこともある。
 
 部品: 起源
 さだかではないが、長旅や兵役につく恋人や夫・息子などへ無事の帰還を願って贈る、家を表す色に染めたり縁起の良いモチーフを刺繍したりした小さなお守り布が始まりのようだ。万が一、怪我や病気で見た目が変わってもこれが身元の証明になったこともあるらしい。
 
 部品: 基本の革靴
 牛や馬、羊などの皮をなめして作った靴。
 スーツに合わせるのならば、まずは甲部が一体化した内羽根式のストレートチップかプレーントゥが基本であるとされる。
 
 部品: 靴は大事
 実際に履いてみて、良い靴を探すべきである。むやみに軽いより一定の重さの靴の方が足が疲れにくい。最も費用と手をかけるべきは、服ではなく靴である。靴磨きも忘れずに。
 
 部品: ダークカラーの靴下
 スーツに合わせたダークカラーで膝下丈の、長めの靴下が望ましい。これは足を組んだ際にも脛を見せないようにするためである。
 
 部品: サスペンダー
 スーツにはズボン吊りを使用する。兵士の装備品であるベルトは正式には使用しない。また、近年はベルトレスのスラックスも増えてきたと云う。
 
 部品: リネンのポケットチーフ
 フォーマルなリネン100%の白いポケットチーフ。折り方、挿し方の小冊子付き。リネンはねじれに弱いので、お洗濯の際に絞ってはいけません。
 
 部品: 着こなしと振る舞い
 誰のため、何のために身を整えるのか。それを考え自分自身で必要であるものを選び、また選ぶ目を養うことが洗練された装いの第一歩である。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "紳士用セットアップスーツ",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "製造販売",
         "description": "このスーツはTdmこと、ナニワアームズ商藩国にある「The distortion moon ~歪月」が製造、販売をしている。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "パターンオーダーの紳士服",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "パターンオーダー",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "パターンオーダーとは",
                 "description": "用意されたパターンの中から好みのものを選んでもらい、縫製する。あらかじめ決められた数種類の中から生地やデザイン、ボタン等を選ぶことができる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "注文の仕方",
                 "description": "個人の細かな採寸はしないためサイズも用意されたものから選ぶことになるが、直接仕立て屋へ足を運ばなくても良いのが強み。\n取り寄せた注文表に、オーダー内容と氏名・連絡先・出来上がったスーツの送り先などを記載して送付する。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "紳士用スーツ",
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "title": "4点セット",
                     "description": "共布で出来たジャケット、スラックス、ウェストコートと、ドレスシャツ(ワイシャツ)のひと揃いがセットとなっている。\nウェストコートを着用するのが正式だが、使用しないこともできる。",
                     "part_type": "part",
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "title": "スーツの素材",
                     "description": "ウールと化繊の混紡生地で出来ている。重厚さは無く静電気が起きやすいが、シワになりにくく軽量で、ある程度のストレッチ性がある。",
                     "part_type": "part",
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "title": "ドレスシャツ",
                     "description": "綿のブロード生地で出来ており、吸湿・保温・通気性が良く、肌触りと着心地が良い。洗濯にも強いが、アイロンは必須である。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "手入れ方法",
                     "description": "スーツを脱いだ後はポケットから物を全て取り出し、洋服用ブラシで埃や汚れをやさしく払う。\n特に肩や衿裏、袖口やポケット、スラックスの裾などは念入りに。\n霧吹きやシワ取りスプレーを吹きかけ、風通しの良い日陰で湿気を取りながら休ませると良いとされる。洗濯、クリーニングは最小限に。",
                     "part_type": "part"
                   }
                 ],
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": false
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "ネクタイ",
         "children": [
           {
             "title": "形状",
             "description": "洋装の衿や首元に巻いて喉の前で結び目をつくる、布製の飾り。帯状や紐状のものが多く、結び下げるタイプのフォアインハンドタイが一般的。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "素材",
             "description": "ビジネスや礼装用としては、結びやすく解けにくく品の良い光沢のあるシルク製のものが多い。その他にも化繊やウール、綿・麻のものなどもある。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "使い方",
             "description": "特定の色使い・柄・紋などで、生まれた家や出身校、軍や団体などに所属している・していたことを表すこともある。反対に、個人の個性・趣味を表すための場合もある。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "色や柄",
             "description": "様々のものがあるが、フォーマルなものは絹の無地やごく小さな水玉、国の風習にもよるが慶事には白やライトグレー、弔事には黒など、ある程度のマナーが存在する。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "取り付タイプ",
             "description": "警察官や軍人の制服の場合、ネクタイを掴まれても首が絞められないよう、金具や磁石で引っ掛ける・留めるだけのものもある。自分で結べない小さな子供用に使うこともある。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "起源",
             "description": "さだかではないが、長旅や兵役につく恋人や夫・息子などへ無事の帰還を願って贈る、家を表す色に染めたり縁起の良いモチーフを刺繍したりした小さなお守り布が始まりのようだ。万が一、怪我や病気で見た目が変わってもこれが身元の証明になったこともあるらしい。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "紳士服用/基本のコーディネートセット",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "基本の革靴",
             "description": "牛や馬、羊などの皮をなめして作った靴。\nスーツに合わせるのならば、まずは甲部が一体化した内羽根式のストレートチップかプレーントゥが基本であるとされる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "靴は大事",
             "description": "実際に履いてみて、良い靴を探すべきである。むやみに軽いより一定の重さの靴の方が足が疲れにくい。最も費用と手をかけるべきは、服ではなく靴である。靴磨きも忘れずに。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "ダークカラーの靴下",
             "description": "スーツに合わせたダークカラーで膝下丈の、長めの靴下が望ましい。これは足を組んだ際にも脛を見せないようにするためである。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "サスペンダー",
             "description": "スーツにはズボン吊りを使用する。兵士の装備品であるベルトは正式には使用しない。また、近年はベルトレスのスラックスも増えてきたと云う。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "リネンのポケットチーフ",
             "description": "フォーマルなリネン100%の白いポケットチーフ。折り方、挿し方の小冊子付き。リネンはねじれに弱いので、お洗濯の際に絞ってはいけません。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "着こなしと振る舞い",
             "description": "誰のため、何のために身を整えるのか。それを考え自分自身で必要であるものを選び、また選ぶ目を養うことが洗練された装いの第一歩である。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]