# 仮案データのページです。


部品構造


  • 大部品: フルオーダーの紳士服 RD:6 評価値:4
    • 部品: 三つ揃い
    • 部品: スーツ生地
    • 部品: オーダードレスシャツ
    • 部品: 天然素材のボタン
    • 部品: 動きやすさとスタイル補正
    • 部品: 手入れ方法



部品定義


部品: 三つ揃い

共布で出来たジャケット、スラックス、ウェストコートのひと揃いとなっている。
シャツは元は下着とされるため緊急時にもシャツ姿で人前に立たないよう、内着としてウェストコートを着用するのが紳士のマナー。

部品: スーツ生地

ウール、カシミア、シルク、化繊混紡、多機能加工生地など揃えております。
その年一番の出来の羊毛から作られたウールを繊細に紡ぎ、綿密に織られた生地はしっとりとした肌触りと品のある光沢があり、通気性や耐久性にも優れ年間を通して活用していただけます。
きわめて細い糸で織られた細かなピンドットやピンストライプは、一見無地のようにも見えますが、派手すぎない華やかさを持っています。

部品: オーダードレスシャツ

綿、リネン、多機能加工生地などの生地から選べる。特に注文がなければドレスシャツに胸ポケットはありません。
綿のごく細い糸で織られたロイヤルオックスフォードのシャツならば、程良い光沢があり、通気性や肌触りが良く、しなやかで縮みにくいので長くご愛用いただけます。

部品: 天然素材のボタン

薄く削り出した蝶貝の真珠層の輝き、水牛の角のボタンの重厚な手触り。温かみのある木のボタンや、銀細工、宝石細工のものもございます。
ただし、耐久性は人工のものに劣りますので、丁寧な扱いをお願いいたします。

部品: 動きやすさとスタイル補正

体型に合ったスーツとなるので、着心地が良く、肩やウェストにフィットし軽く感じる。
また、着るだけで姿勢良く所作が美しいシルエットとなるよう、縫製や裾丈、衿のラインのバランスなど気を配り作られている。

部品: 手入れ方法

スーツを脱いだ後はポケットから物を全て取り出し、洋服用ブラシで埃や汚れをやさしく払う。
特に肩や衿裏、袖口やポケット、スラックスの裾などは念入りに。
霧吹きやシワ取りスプレーを吹きかけ、風通しの良い日陰で湿気を取りながら休ませると良いとされる。洗濯、クリーニングは最小限に。



提出書式


 大部品: フルオーダーの紳士服 RD:6 評価値:4
 -部品: 三つ揃い
 -部品: スーツ生地
 -部品: オーダードレスシャツ
 -部品: 天然素材のボタン
 -部品: 動きやすさとスタイル補正
 -部品: 手入れ方法
 
 
 部品: 三つ揃い
 共布で出来たジャケット、スラックス、ウェストコートのひと揃いとなっている。
 シャツは元は下着とされるため緊急時にもシャツ姿で人前に立たないよう、内着としてウェストコートを着用するのが紳士のマナー。
 
 部品: スーツ生地
 ウール、カシミア、シルク、化繊混紡、多機能加工生地など揃えております。
 その年一番の出来の羊毛から作られたウールを繊細に紡ぎ、綿密に織られた生地はしっとりとした肌触りと品のある光沢があり、通気性や耐久性にも優れ年間を通して活用していただけます。
 きわめて細い糸で織られた細かなピンドットやピンストライプは、一見無地のようにも見えますが、派手すぎない華やかさを持っています。
 
 部品: オーダードレスシャツ
 綿、リネン、多機能加工生地などの生地から選べる。特に注文がなければドレスシャツに胸ポケットはありません。
 綿のごく細い糸で織られたロイヤルオックスフォードのシャツならば、程良い光沢があり、通気性や肌触りが良く、しなやかで縮みにくいので長くご愛用いただけます。
 
 部品: 天然素材のボタン
 薄く削り出した蝶貝の真珠層の輝き、水牛の角のボタンの重厚な手触り。温かみのある木のボタンや、銀細工、宝石細工のものもございます。
 ただし、耐久性は人工のものに劣りますので、丁寧な扱いをお願いいたします。
 
 部品: 動きやすさとスタイル補正
 体型に合ったスーツとなるので、着心地が良く、肩やウェストにフィットし軽く感じる。
 また、着るだけで姿勢良く所作が美しいシルエットとなるよう、縫製や裾丈、衿のラインのバランスなど気を配り作られている。
 
 部品: 手入れ方法
 スーツを脱いだ後はポケットから物を全て取り出し、洋服用ブラシで埃や汚れをやさしく払う。
 特に肩や衿裏、袖口やポケット、スラックスの裾などは念入りに。
 霧吹きやシワ取りスプレーを吹きかけ、風通しの良い日陰で湿気を取りながら休ませると良いとされる。洗濯、クリーニングは最小限に。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "フルオーダーの紳士服",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "三つ揃い",
         "description": "共布で出来たジャケット、スラックス、ウェストコートのひと揃いとなっている。\nシャツは元は下着とされるため緊急時にもシャツ姿で人前に立たないよう、内着としてウェストコートを着用するのが紳士のマナー。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "スーツ生地",
         "description": "ウール、カシミア、シルク、化繊混紡、多機能加工生地など揃えております。\nその年一番の出来の羊毛から作られたウールを繊細に紡ぎ、綿密に織られた生地はしっとりとした肌触りと品のある光沢があり、通気性や耐久性にも優れ年間を通して活用していただけます。\nきわめて細い糸で織られた細かなピンドットやピンストライプは、一見無地のようにも見えますが、派手すぎない華やかさを持っています。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "オーダードレスシャツ",
         "description": "綿、リネン、多機能加工生地などの生地から選べる。特に注文がなければドレスシャツに胸ポケットはありません。\n綿のごく細い糸で織られたロイヤルオックスフォードのシャツならば、程良い光沢があり、通気性や肌触りが良く、しなやかで縮みにくいので長くご愛用いただけます。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "天然素材のボタン",
         "description": "薄く削り出した蝶貝の真珠層の輝き、水牛の角のボタンの重厚な手触り。温かみのある木のボタンや、銀細工、宝石細工のものもございます。\nただし、耐久性は人工のものに劣りますので、丁寧な扱いをお願いいたします。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "動きやすさとスタイル補正",
         "description": "体型に合ったスーツとなるので、着心地が良く、肩やウェストにフィットし軽く感じる。\nまた、着るだけで姿勢良く所作が美しいシルエットとなるよう、縫製や裾丈、衿のラインのバランスなど気を配り作られている。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "手入れ方法",
         "description": "スーツを脱いだ後はポケットから物を全て取り出し、洋服用ブラシで埃や汚れをやさしく払う。\n特に肩や衿裏、袖口やポケット、スラックスの裾などは念入りに。\n霧吹きやシワ取りスプレーを吹きかけ、風通しの良い日陰で湿気を取りながら休ませると良いとされる。洗濯、クリーニングは最小限に。",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]