# 仮案データのページです。


部品構造


  • 大部品: スリーピーススーツ(フルオーダー) RD:27 評価値:8
    • 大部品: フルオーダー RD:8 評価値:5
      • 部品: フルオーダーとは
      • 部品: 細かな採寸
      • 部品: カウンセリング
      • 部品: お好きなデザインで
      • 部品: 生地と素材を選ぶ
      • 部品: 来店と納期について
      • 部品: 織りネーム
      • 部品: アフターサービス
    • 大部品: フルオーダーの紳士服 RD:6 評価値:4
      • 部品: 三つ揃い
      • 部品: スーツ生地
      • 部品: オーダードレスシャツ
      • 部品: 天然素材のボタン
      • 部品: 動きやすさとスタイル補正
      • 部品: 手入れ方法
    • 大部品: ネクタイ RD:6 評価値:4
      • 部品: 形状
      • 部品: 素材
      • 部品: 使い方
      • 部品: 色や柄
      • 部品: 取り付タイプ
      • 部品: 起源
    • 大部品: 紳士服用/上級者コーディネートセット RD:7 評価値:4
      • 部品: 遊び心のある革靴
      • 部品: 靴は大事
      • 部品: ダークカラーの靴下
      • 部品: サスペンダー
      • 部品: リネンのポケットチーフ
      • 部品: カフスボタン
      • 部品: タイの結び方



部品定義


部品: フルオーダーとは

体型、身長、身のこなしの癖などに応じて、一から体型にフィットする型紙を起こし、独自のデザインや顧客の細かな希望にも対応する。

部品: 細かな採寸

胸囲や胴囲などのサイズだけではなく、座った場合、手首周り、首周り、肩幅、総丈など左右を個別に、30箇所ほどを細かく採寸する。
これより動く際にも身体にフィットする服となる。

部品: カウンセリング

お客様の希望する出来上がりイメージや何のためのお洋服か、着心地、こだわりのポイント等を詳しくお聞きし、デザインに起こし提案・確認する。
これの変更・修正は、完成まで受け付ける。

部品: お好きなデザインで

ポケットはいくつ、どこにどんな形のものを?ショルダーのラインは?裏地に遊びを入れるか機能優先か、ボタンは美しい天然の物?丈夫な人工の物?かけやすい厚みは?大きさは?
決めることはいくつもある。

部品: 生地と素材を選ぶ

着用する使用時期や使用目的、予算によりある程度は選択肢が決まるが、基本的にはお客様の好きな生地・素材、特殊加工をするかどうかも選ぶことができる。
見本帳で実際に触って確かめながら選ぶことが多い。

部品: 来店と納期について

採寸やカウンセリング、仮縫いの試着などのため、何度か実際に店に来店してもらわなければならない。
また、お客様との話し合いと手作業の工程が多いため、お仕立て上がりまで時間のかかることが多い。1ヶ月~半年程度かかる場合もある。ご予約・ご注文はお早めに。

部品: 織りネーム

この服には、「水面に映った月」をデザインした歪月の織りネームが付いている。
これを切り取ってしまうと、アフターサービスが受けられないこともあるので注意。

部品: アフターサービス

お仕立て上がり後もサイズの調整やお直し、かけはぎ・かけつぎなどの修繕、お手入れについてやコーディネイトのご相談など承ります。
このサービスは、織りネームの確認ができれば、2ターンの間お請けいたします。

部品: 三つ揃い

共布で出来たジャケット、スラックス、ウェストコートのひと揃いとなっている。
シャツは元は下着とされるため緊急時にもシャツ姿で人前に立たないよう、内着としてウェストコートを着用するのが紳士のマナー。

部品: スーツ生地

ウール、カシミア、シルク、化繊混紡、多機能加工生地など揃えております。
その年一番の出来の羊毛から作られたウールを繊細に紡ぎ、綿密に織られた生地はしっとりとした肌触りと品のある光沢があり、通気性や耐久性にも優れ年間を通して活用していただけます。
きわめて細い糸で織られた細かなピンドットやピンストライプは、一見無地のようにも見えますが、派手すぎない華やかさを持っています。

部品: オーダードレスシャツ

綿、リネン、多機能加工生地などの生地から選べる。特に注文がなければドレスシャツに胸ポケットはありません。
綿のごく細い糸で織られたロイヤルオックスフォードのシャツならば、程良い光沢があり、通気性や肌触りが良く、しなやかで縮みにくいので長くご愛用いただけます。

部品: 天然素材のボタン

薄く削り出した蝶貝の真珠層の輝き、水牛の角のボタンの重厚な手触り。温かみのある木のボタンや、銀細工、宝石細工のものもございます。
ただし、耐久性は人工のものに劣りますので、丁寧な扱いをお願いいたします。

部品: 動きやすさとスタイル補正

体型に合ったスーツとなるので、着心地が良く、肩やウェストにフィットし軽く感じる。
また、着るだけで姿勢良く所作が美しいシルエットとなるよう、縫製や裾丈、衿のラインのバランスなど気を配り作られている。

部品: 手入れ方法

スーツを脱いだ後はポケットから物を全て取り出し、洋服用ブラシで埃や汚れをやさしく払う。
特に肩や衿裏、袖口やポケット、スラックスの裾などは念入りに。
霧吹きやシワ取りスプレーを吹きかけ、風通しの良い日陰で湿気を取りながら休ませると良いとされる。洗濯、クリーニングは最小限に。

部品: 形状

洋装の衿や首元に巻いて喉の前で結び目をつくる、布製の飾り。帯状や紐状のものが多く、結び下げるタイプのフォアインハンドタイが一般的。

部品: 素材

ビジネスや礼装用としては、結びやすく解けにくく品の良い光沢のあるシルク製のものが多い。その他にも化繊やウール、綿・麻のものなどもある。

部品: 使い方

特定の色使い・柄・紋などで、生まれた家や出身校、軍や団体などに所属している・していたことを表すこともある。反対に、個人の個性・趣味を表すための場合もある。

部品: 色や柄

様々のものがあるが、フォーマルなものは絹の無地やごく小さな水玉、国の風習にもよるが慶事には白やライトグレー、弔事には黒など、ある程度のマナーが存在する。

部品: 取り付タイプ

警察官や軍人の制服の場合、ネクタイを掴まれても首が絞められないよう、金具や磁石で引っ掛ける・留めるだけのものもある。自分で結べない小さな子供用に使うこともある。

部品: 起源

さだかではないが、長旅や兵役につく恋人や夫・息子などへ無事の帰還を願って贈る、家を表す色に染めたり縁起の良いモチーフを刺繍したりした小さなお守り布が始まりのようだ。万が一、怪我や病気で見た目が変わってもこれが身元の証明になったこともあるらしい。

部品: 遊び心のある革靴

牛や馬、羊などの皮をなめして作った靴。
スタンダードな靴をもうお持ちであれば、遊び心のある内羽根式のウィングチップや、外羽根式のモンクストラップなどは如何でしょうか。

部品: 靴は大事

実際に履いてみて、良い靴を探すべきである。むやみに軽いより一定の重さの靴の方が足が疲れにくい。最も費用と手をかけるべきは、服ではなく靴である。靴磨きも忘れずに。

部品: ダークカラーの靴下

スーツに合わせたダークカラーで膝下丈の、長めの靴下が望ましい。これは足を組んだ際にも脛を見せないようにするためである。

部品: サスペンダー

スーツにはズボン吊りを使用する。兵士の装備品であるベルトは正式には使用しない。また、近年はベルトレスのスラックスも増えてきたと云う。

部品: リネンのポケットチーフ

フォーマルなリネン100%の白いポケットチーフ。折り方、挿し方の小冊子付き。リネンはねじれに弱いので、お洗濯の際に絞ってはいけません。

部品: カフスボタン

すでにいくつもお持ちであれば、その中から今日の気分のものを。そうでないならば小振りの真珠や黒か白の蝶貝、シンプルな銀細工などが良いでしょう。

部品: タイの結び方

シャツの襟の形に合わせ、ダブルノットやウィンザーノットも良い。時にはアスコットタイやブラインドフォードノットも良いでしょう。



提出書式


 大部品: スリーピーススーツ(フルオーダー) RD:27 評価値:8
 -大部品: フルオーダー RD:8 評価値:5
 --部品: フルオーダーとは
 --部品: 細かな採寸
 --部品: カウンセリング
 --部品: お好きなデザインで
 --部品: 生地と素材を選ぶ
 --部品: 来店と納期について
 --部品: 織りネーム
 --部品: アフターサービス
 -大部品: フルオーダーの紳士服 RD:6 評価値:4
 --部品: 三つ揃い
 --部品: スーツ生地
 --部品: オーダードレスシャツ
 --部品: 天然素材のボタン
 --部品: 動きやすさとスタイル補正
 --部品: 手入れ方法
 -大部品: ネクタイ RD:6 評価値:4
 --部品: 形状
 --部品: 素材
 --部品: 使い方
 --部品: 色や柄
 --部品: 取り付タイプ
 --部品: 起源
 -大部品: 紳士服用/上級者コーディネートセット RD:7 評価値:4
 --部品: 遊び心のある革靴
 --部品: 靴は大事
 --部品: ダークカラーの靴下
 --部品: サスペンダー
 --部品: リネンのポケットチーフ
 --部品: カフスボタン
 --部品: タイの結び方
 
 
 部品: フルオーダーとは
 体型、身長、身のこなしの癖などに応じて、一から体型にフィットする型紙を起こし、独自のデザインや顧客の細かな希望にも対応する。
 
 部品: 細かな採寸
 胸囲や胴囲などのサイズだけではなく、座った場合、手首周り、首周り、肩幅、総丈など左右を個別に、30箇所ほどを細かく採寸する。
 これより動く際にも身体にフィットする服となる。
 
 部品: カウンセリング
 お客様の希望する出来上がりイメージや何のためのお洋服か、着心地、こだわりのポイント等を詳しくお聞きし、デザインに起こし提案・確認する。
 これの変更・修正は、完成まで受け付ける。
 
 部品: お好きなデザインで
 ポケットはいくつ、どこにどんな形のものを?ショルダーのラインは?裏地に遊びを入れるか機能優先か、ボタンは美しい天然の物?丈夫な人工の物?かけやすい厚みは?大きさは?
 決めることはいくつもある。
 
 部品: 生地と素材を選ぶ
 着用する使用時期や使用目的、予算によりある程度は選択肢が決まるが、基本的にはお客様の好きな生地・素材、特殊加工をするかどうかも選ぶことができる。
 見本帳で実際に触って確かめながら選ぶことが多い。
 
 部品: 来店と納期について
 採寸やカウンセリング、仮縫いの試着などのため、何度か実際に店に来店してもらわなければならない。
 また、お客様との話し合いと手作業の工程が多いため、お仕立て上がりまで時間のかかることが多い。1ヶ月~半年程度かかる場合もある。ご予約・ご注文はお早めに。
 
 部品: 織りネーム
 この服には、「水面に映った月」をデザインした歪月の織りネームが付いている。
 これを切り取ってしまうと、アフターサービスが受けられないこともあるので注意。
 
 部品: アフターサービス
 お仕立て上がり後もサイズの調整やお直し、かけはぎ・かけつぎなどの修繕、お手入れについてやコーディネイトのご相談など承ります。
 このサービスは、織りネームの確認ができれば、2ターンの間お請けいたします。
 
 部品: 三つ揃い
 共布で出来たジャケット、スラックス、ウェストコートのひと揃いとなっている。
 シャツは元は下着とされるため緊急時にもシャツ姿で人前に立たないよう、内着としてウェストコートを着用するのが紳士のマナー。
 
 部品: スーツ生地
 ウール、カシミア、シルク、化繊混紡、多機能加工生地など揃えております。
 その年一番の出来の羊毛から作られたウールを繊細に紡ぎ、綿密に織られた生地はしっとりとした肌触りと品のある光沢があり、通気性や耐久性にも優れ年間を通して活用していただけます。
 きわめて細い糸で織られた細かなピンドットやピンストライプは、一見無地のようにも見えますが、派手すぎない華やかさを持っています。
 
 部品: オーダードレスシャツ
 綿、リネン、多機能加工生地などの生地から選べる。特に注文がなければドレスシャツに胸ポケットはありません。
 綿のごく細い糸で織られたロイヤルオックスフォードのシャツならば、程良い光沢があり、通気性や肌触りが良く、しなやかで縮みにくいので長くご愛用いただけます。
 
 部品: 天然素材のボタン
 薄く削り出した蝶貝の真珠層の輝き、水牛の角のボタンの重厚な手触り。温かみのある木のボタンや、銀細工、宝石細工のものもございます。
 ただし、耐久性は人工のものに劣りますので、丁寧な扱いをお願いいたします。
 
 部品: 動きやすさとスタイル補正
 体型に合ったスーツとなるので、着心地が良く、肩やウェストにフィットし軽く感じる。
 また、着るだけで姿勢良く所作が美しいシルエットとなるよう、縫製や裾丈、衿のラインのバランスなど気を配り作られている。
 
 部品: 手入れ方法
 スーツを脱いだ後はポケットから物を全て取り出し、洋服用ブラシで埃や汚れをやさしく払う。
 特に肩や衿裏、袖口やポケット、スラックスの裾などは念入りに。
 霧吹きやシワ取りスプレーを吹きかけ、風通しの良い日陰で湿気を取りながら休ませると良いとされる。洗濯、クリーニングは最小限に。
 
 部品: 形状
 洋装の衿や首元に巻いて喉の前で結び目をつくる、布製の飾り。帯状や紐状のものが多く、結び下げるタイプのフォアインハンドタイが一般的。
 
 部品: 素材
 ビジネスや礼装用としては、結びやすく解けにくく品の良い光沢のあるシルク製のものが多い。その他にも化繊やウール、綿・麻のものなどもある。
 
 部品: 使い方
 特定の色使い・柄・紋などで、生まれた家や出身校、軍や団体などに所属している・していたことを表すこともある。反対に、個人の個性・趣味を表すための場合もある。
 
 部品: 色や柄
 様々のものがあるが、フォーマルなものは絹の無地やごく小さな水玉、国の風習にもよるが慶事には白やライトグレー、弔事には黒など、ある程度のマナーが存在する。
 
 部品: 取り付タイプ
 警察官や軍人の制服の場合、ネクタイを掴まれても首が絞められないよう、金具や磁石で引っ掛ける・留めるだけのものもある。自分で結べない小さな子供用に使うこともある。
 
 部品: 起源
 さだかではないが、長旅や兵役につく恋人や夫・息子などへ無事の帰還を願って贈る、家を表す色に染めたり縁起の良いモチーフを刺繍したりした小さなお守り布が始まりのようだ。万が一、怪我や病気で見た目が変わってもこれが身元の証明になったこともあるらしい。
 
 部品: 遊び心のある革靴
 牛や馬、羊などの皮をなめして作った靴。
 スタンダードな靴をもうお持ちであれば、遊び心のある内羽根式のウィングチップや、外羽根式のモンクストラップなどは如何でしょうか。
 
 部品: 靴は大事
 実際に履いてみて、良い靴を探すべきである。むやみに軽いより一定の重さの靴の方が足が疲れにくい。最も費用と手をかけるべきは、服ではなく靴である。靴磨きも忘れずに。 
 
 部品: ダークカラーの靴下
 スーツに合わせたダークカラーで膝下丈の、長めの靴下が望ましい。これは足を組んだ際にも脛を見せないようにするためである。
 
 部品: サスペンダー
 スーツにはズボン吊りを使用する。兵士の装備品であるベルトは正式には使用しない。また、近年はベルトレスのスラックスも増えてきたと云う。
 
 部品: リネンのポケットチーフ
 フォーマルなリネン100%の白いポケットチーフ。折り方、挿し方の小冊子付き。リネンはねじれに弱いので、お洗濯の際に絞ってはいけません。 
 
 部品: カフスボタン
 すでにいくつもお持ちであれば、その中から今日の気分のものを。そうでないならば小振りの真珠や黒か白の蝶貝、シンプルな銀細工などが良いでしょう。
 
 部品: タイの結び方
 シャツの襟の形に合わせ、ダブルノットやウィンザーノットも良い。時にはアスコットタイやブラインドフォードノットも良いでしょう。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "スリーピーススーツ(フルオーダー)",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "フルオーダー",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "フルオーダーとは",
             "description": "体型、身長、身のこなしの癖などに応じて、一から体型にフィットする型紙を起こし、独自のデザインや顧客の細かな希望にも対応する。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "細かな採寸",
             "description": "胸囲や胴囲などのサイズだけではなく、座った場合、手首周り、首周り、肩幅、総丈など左右を個別に、30箇所ほどを細かく採寸する。\nこれより動く際にも身体にフィットする服となる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "カウンセリング",
             "description": "お客様の希望する出来上がりイメージや何のためのお洋服か、着心地、こだわりのポイント等を詳しくお聞きし、デザインに起こし提案・確認する。\nこれの変更・修正は、完成まで受け付ける。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "お好きなデザインで",
             "description": "ポケットはいくつ、どこにどんな形のものを?ショルダーのラインは?裏地に遊びを入れるか機能優先か、ボタンは美しい天然の物?丈夫な人工の物?かけやすい厚みは?大きさは?\n決めることはいくつもある。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "生地と素材を選ぶ",
             "description": "着用する使用時期や使用目的、予算によりある程度は選択肢が決まるが、基本的にはお客様の好きな生地・素材、特殊加工をするかどうかも選ぶことができる。\n見本帳で実際に触って確かめながら選ぶことが多い。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "来店と納期について",
             "description": "採寸やカウンセリング、仮縫いの試着などのため、何度か実際に店に来店してもらわなければならない。\nまた、お客様との話し合いと手作業の工程が多いため、お仕立て上がりまで時間のかかることが多い。1ヶ月~半年程度かかる場合もある。ご予約・ご注文はお早めに。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "織りネーム",
             "description": "この服には、「水面に映った月」をデザインした歪月の織りネームが付いている。\nこれを切り取ってしまうと、アフターサービスが受けられないこともあるので注意。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "アフターサービス",
             "description": "お仕立て上がり後もサイズの調整やお直し、かけはぎ・かけつぎなどの修繕、お手入れについてやコーディネイトのご相談など承ります。\nこのサービスは、織りネームの確認ができれば、2ターンの間お請けいたします。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "フルオーダーの紳士服",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "三つ揃い",
             "description": "共布で出来たジャケット、スラックス、ウェストコートのひと揃いとなっている。\nシャツは元は下着とされるため緊急時にもシャツ姿で人前に立たないよう、内着としてウェストコートを着用するのが紳士のマナー。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "スーツ生地",
             "description": "ウール、カシミア、シルク、化繊混紡、多機能加工生地など揃えております。\nその年一番の出来の羊毛から作られたウールを繊細に紡ぎ、綿密に織られた生地はしっとりとした肌触りと品のある光沢があり、通気性や耐久性にも優れ年間を通して活用していただけます。\nきわめて細い糸で織られた細かなピンドットやピンストライプは、一見無地のようにも見えますが、派手すぎない華やかさを持っています。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "オーダードレスシャツ",
             "description": "綿、リネン、多機能加工生地などの生地から選べる。特に注文がなければドレスシャツに胸ポケットはありません。\n綿のごく細い糸で織られたロイヤルオックスフォードのシャツならば、程良い光沢があり、通気性や肌触りが良く、しなやかで縮みにくいので長くご愛用いただけます。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "天然素材のボタン",
             "description": "薄く削り出した蝶貝の真珠層の輝き、水牛の角のボタンの重厚な手触り。温かみのある木のボタンや、銀細工、宝石細工のものもございます。\nただし、耐久性は人工のものに劣りますので、丁寧な扱いをお願いいたします。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "動きやすさとスタイル補正",
             "description": "体型に合ったスーツとなるので、着心地が良く、肩やウェストにフィットし軽く感じる。\nまた、着るだけで姿勢良く所作が美しいシルエットとなるよう、縫製や裾丈、衿のラインのバランスなど気を配り作られている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "手入れ方法",
             "description": "スーツを脱いだ後はポケットから物を全て取り出し、洋服用ブラシで埃や汚れをやさしく払う。\n特に肩や衿裏、袖口やポケット、スラックスの裾などは念入りに。\n霧吹きやシワ取りスプレーを吹きかけ、風通しの良い日陰で湿気を取りながら休ませると良いとされる。洗濯、クリーニングは最小限に。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "ネクタイ",
         "children": [
           {
             "title": "形状",
             "description": "洋装の衿や首元に巻いて喉の前で結び目をつくる、布製の飾り。帯状や紐状のものが多く、結び下げるタイプのフォアインハンドタイが一般的。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "素材",
             "description": "ビジネスや礼装用としては、結びやすく解けにくく品の良い光沢のあるシルク製のものが多い。その他にも化繊やウール、綿・麻のものなどもある。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "使い方",
             "description": "特定の色使い・柄・紋などで、生まれた家や出身校、軍や団体などに所属している・していたことを表すこともある。反対に、個人の個性・趣味を表すための場合もある。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "色や柄",
             "description": "様々のものがあるが、フォーマルなものは絹の無地やごく小さな水玉、国の風習にもよるが慶事には白やライトグレー、弔事には黒など、ある程度のマナーが存在する。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "取り付タイプ",
             "description": "警察官や軍人の制服の場合、ネクタイを掴まれても首が絞められないよう、金具や磁石で引っ掛ける・留めるだけのものもある。自分で結べない小さな子供用に使うこともある。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "起源",
             "description": "さだかではないが、長旅や兵役につく恋人や夫・息子などへ無事の帰還を願って贈る、家を表す色に染めたり縁起の良いモチーフを刺繍したりした小さなお守り布が始まりのようだ。万が一、怪我や病気で見た目が変わってもこれが身元の証明になったこともあるらしい。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "紳士服用/上級者コーディネートセット",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "遊び心のある革靴",
             "description": "牛や馬、羊などの皮をなめして作った靴。\nスタンダードな靴をもうお持ちであれば、遊び心のある内羽根式のウィングチップや、外羽根式のモンクストラップなどは如何でしょうか。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "靴は大事",
             "description": "実際に履いてみて、良い靴を探すべきである。むやみに軽いより一定の重さの靴の方が足が疲れにくい。最も費用と手をかけるべきは、服ではなく靴である。靴磨きも忘れずに。 ",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "ダークカラーの靴下",
             "description": "スーツに合わせたダークカラーで膝下丈の、長めの靴下が望ましい。これは足を組んだ際にも脛を見せないようにするためである。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "サスペンダー",
             "description": "スーツにはズボン吊りを使用する。兵士の装備品であるベルトは正式には使用しない。また、近年はベルトレスのスラックスも増えてきたと云う。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "リネンのポケットチーフ",
             "description": "フォーマルなリネン100%の白いポケットチーフ。折り方、挿し方の小冊子付き。リネンはねじれに弱いので、お洗濯の際に絞ってはいけません。 ",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "カフスボタン",
             "description": "すでにいくつもお持ちであれば、その中から今日の気分のものを。そうでないならば小振りの真珠や黒か白の蝶貝、シンプルな銀細工などが良いでしょう。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "タイの結び方",
             "description": "シャツの襟の形に合わせ、ダブルノットやウィンザーノットも良い。時にはアスコットタイやブラインドフォードノットも良いでしょう。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]