|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ネタ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オイルの話

バイク用のオイルは高い。安いオイルは無いのか?
ってわけで、バイクの維持費を安く上げるべく、4輪用オイルの流用を試みる。

注意

まず、保証期間内の人や、確実にバイクを長持ちさせたい人は「MA」や「MB」などの「バイク用」オイルを使って下さい。
「いや、バイクは維持費が安くてなんぼじゃい!!」という人は、自己責任の基に4輪用オイルを試みても良いと思います。
かくいう私も、4輪用オイルを400ccレプリカに使用して通学やツーリングに使っています。レッドにぶち込んで使っています。

オイル選びのポイント

確実なオイル選びのために、重要な条件の順に並べてみます。
  1. 「MA」あるいは「MB」の表記があるか、「バイク用」として販売されているオイル
  2. 「SG」グレード以下の4輪用オイル
  3. 「SH」グレード以上でGF-1、GF-2、GF-3のいずれの表記も無いオイル
  4. 以上に示した意外の4輪用オイル

実際のところ、4輪用オイルはバイクとの相性があって、同じオイルでも使える場合と使えない場合があるようです。ですので、「実際に使ってみる」というのが正解だと思います。

なぜ4輪用オイルは推奨されないか

ではなぜ4輪用オイルはバイク用として推奨されないのでしょうか?4輪とバイクの大きな違いは、「エンジンオイルがギヤオイルも兼ねている」という点です。

最近市場に出回っている4輪用オイルの多くは、低燃費化のため、極端に粘度の低いオイルや、「モリブデン」などの減摩剤を含んでいるオイルが多くなってきました。また、環境への配慮から触媒に悪影響をもたらす「リン」の配合を極力抑えたものになってきています。
以上の理由から、ミッションの潤滑に必要な「リン」の含有が多く、クラッチが滑る原因となりうる「モリブデン」などの減摩剤が含まれていないオイル(「SG」以前、もしくは「GF」表記のないオイル)がバイク用として好ましい、という見解に達します。

少々蘊蓄が長くなってしまいましたが、以上のポイントを抑えておけば、「4輪用」として売られているオイルでもバイク用としての使用に十分耐えられる筈です。

おすすめのオイル

おすすめのオイル
など