録画に関して


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

主な録画方法

①P2PTVツールに付属している録画機能を使う
②asf形式のストリーミングを保存できるツール(インデックス付加機能付き)を使う


注意点

①の場合、録画したファイルは再生時にシークできないものになるのがほとんど。
(早送り・巻き戻しや途中から再生するといったことができない)
理由は、保存したasfファイルにインデックスを付加する機能がないため。
従って、録画する場合は②の方法が推奨される。
ただし、②の場合でもインデックスが付加されるのは保存ツールの「録画停止」時であるため、
ストリーミングの方が先に停止・中断してしまうと、インデックス付加に失敗してしまうので注意。
(録画中のままSopcast等を先に停止してしまったり配信者が配信停止してしまうと、インデックスが付加できなくなる)

インデックス付加に失敗した場合は、AsfToolsのSeelable機能を使えば修復できる場合がある。
または、Windows Media エンコーダ等を使って再エンコするなど。


主な録画ツール

  • Cool-Recorder
P2PTV専用の録画ツール
HP
Download

  • GetASFStream
asfストリーム保存ツール
Vectorの配布ページ

  • NetTransport
v2.0以上はシェアウェア。
録画保存したあと、「右クリック→ASFストリームインデックスを作成」でインデックス付加。
フリー版配布ページ

  • WM Recorder
シェアウェア。v8.0以下はフリー
フリー版


各ツールのストリーミングアドレス

再生中に画面を右クリック→プロパティで確認できる

Sopcast
http://127.0.0.1:8902/stream
Tvants
http://localhost:16900/リスト番号
(Channelタブのリスト順に番号が振られる)
TVUPlayer
http://localhost:8901
など
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル