【第九演奏会:白井市市制10年記念、白井市音楽協会25周年記念】

 1.日程 10月3日(日曜日)  ・・ 白井市文化会館大ホール
 2.管弦楽担当
   千葉ニュータウン・フィルハーモニー・オーケストラ 代表 佐藤 巌
 3.参加合唱団
   「M.I.N」「おたまじゃくし」「おやじってブラボー合唱団」「コーラス響」「ハミングウェーブ」
   「コーラスむつみ会」「コーラルリーフ」「コール・ありの実」「千葉ニュータウン混声合唱団」
 4.プログラム
   ベートーベン : 「レオノーレ」序曲第3番 Op.72

   ベートーベン : 交響曲第9番「合唱付き」 Op.125
     第一楽章 アレグロ・マ・ノン・トロッポ、ウン・ポーコ・マエストーソ ニ短調
     第二楽章 モルト・ビバーチェ ニ短調
     第三楽章 アダージョ・モルト・エ・カンタビーレ 変ロ長調
     第四楽章 プレスト アレグロ・アッサイ  ニ短調
 5.出演
   指揮 : 高橋  俊之
   独唱 : 新保  真理子(ソプラノ)
        谷地畝 昌子 (アルト)
        横山  和彦 (テノール)
        小畠  博照 (バリトン)
 6.コメント
   皆さん、ご存知ベートーベンの「第九」です。
   私達も一度は歌いたかった曲目ですが、3月の練習初めから20回の練習が必要です。
   ドイツ語、暗譜、20回の練習、開催日10月3日の予定等の障壁を乗り越えたメンバーが
   当団からも参加致しました。
   合唱指揮の田村(玄)先生の的確で、かつウィットに富んだご指導を頂きながら練習を重ね、
   オーケストラとの合同練習(3回しかありませんでした)を経て当日の演奏会に望みました。

   反響板を配した舞台に、久し振りの大合唱団(約80名)が3段のお立ち台に乗り、その前に
   4名のソリスト、約60名のオーケストラの皆さんが構え、かなり怪しいドイツ語を、思いっ
   きり唄わせて頂きました。

   専門的には解説できませんが、軽やかの調子、重厚な調子など、色んなリズムを組み込んだ
   合唱でした。オーケストラとの架け合いもあり、最後はオーケストラと、合唱団の各パートと
   一緒に最高潮を迎え、とても気持ち良く歌い切ったコンサートとなりました。
   流石、ベートーベン先生。良~い構成だ!










*