マニュアル > ファイル一覧

解凍直後のフルセットと上書き更新用に含まれているオブジェクトの一覧とその補足説明です。
太字はファイル名、< 太字 >はフォルダ名です

フルセット(17個)

readme.txt
ファイル名の通り、まずは読んで下さい。
また、よく分からない事があったらこれを読むことによって気付くことも多いでしょう。
history.txt
更新履歴です。頻繁に仕様は変わっていくので、
仕様の変化に混乱した時などにこれを確認すると良いかもしれません。
sai.exe
ペイントツールSAI本体。
ダブルクリックすることでSAIが起動します。
sfl.dll
SYSTEMAXフレームワークライブラリ。
SAIの土台のようなものです。
< blotmap >
にじみ形状のテクスチャを格納するフォルダ。
< elemap >
筆形状のテクスチャを格納するフォルダ。
< brushtex >
ブラシテクスチャを格納するフォルダ。
< papertex >
用紙テクスチャを格納するフォルダ。
brushform.conf
にじみ・筆形状に関する設定ファイル。
brushtex.conf
ブラシテクスチャに関する設定ファイル。
papertex.conf
用紙テクスチャに関する設定ファイル。
< toolink >
ペン入れ系ブラシツールの情報を格納するフォルダ。
< toolnrm >
通常のブラシツールの情報を格納するフォルダ。
presetcvsize.conf
キャンバスサイズのプリセットに関する設定ファイル。
新規作成時のプリセットサイズ一覧をこのファイルを編集することで変更できます。
help.chm
ヘルプファイルです。
_language_ja.conf
言語設定ファイルです。日本語で良い方にはあまり関係ありません。編集方法などはファイル内の説明を参照して下さい。
misc.ini
補助設定ファイル。
  • 手ぶれ補正時のマウスカーソルの位置
  • ワコムのタブレットドライバ Ver6.04 以降のマルチディスプレイ切り替えのバグへの対処
  • カラーパレットのマスのサイズ、マスの数を任意に設定できます。

※.confファイルや.iniファイルが関連付けられていない人は、メモ帳などにドラッグ&ドロップすれば開くことができます。

上書き更新用(3~4個)

※上書き更新用には、ブラシ設定などを残したままアップデートするために必要最低限のファイルだけが入っています。
history.txt
sai.exe
sfl.dll
_misc.ini
フルセットの misc.ini を上書きしないようファイル名の先頭にアンダーバーが付いています。 バージョンアップ等をした後ではSAIフォルダに misc.ini_misc.ini の二つのファイルができます。 _misc.ini で設定可能な項目が増えている場合があるので、このファイルで設定を変更する場合は既存の misc.ini を削除し、こちらのファイル名を misc.ini にリネームして下さい。

起動後に作成されるファイル

■SAI本体フォルダ内
.cidおよび.datファイル
描画中に生成される、REDOやUNDO用の一時的なヒストリーデータ。
SAIを終了したあとに自動的に消えますが、残ってしまっている場合は、消してしまっても大丈夫です。
sai.ssd
SAIの終了後に生成される、恐らくSAIの環境情報などを保存しているファイル。ユーザーパレットなどもこの中です。
sysinfo.txt
SAIの終了後に生成される、ユーザーPCの情報です。
自分のPCのスペックを他人に報告する場合などにこれをコピペしましょう。
errlog.txt
SAI起動中に内部エラーが発生し、右下にエラーログが出た時に生成されます。
このファイルが不具合の原因の手がかりになることもあるので、出来れば再現方法なども添えてKOJI氏へメールで送信しましょう。
メールアドレスはreadme.txtの「開発への協力のお願い」に記載されています。

■ユーザープロファイルフォルダ内
< thumbnail >
ファイルビューア用のサムネイルデータが入っています。
サムネイルが壊れた時は、このフォルダ内の.ssdファイルを削除してみましょう。
keyconfig.txt
[その他]>[ショートカットキー設定]で変更を反映させると、生成されるファイルです。
これを削除すればショートカットキーの割り当てが初期化されます。 (ブラシのショートカットキーは< toolnrm >フォルダのiniファイルに記述されてます)
recent.txt
[ファイル]>[最近使ったファイル]のリストがここに保存されています。
bookmark.txt
ファイルビューアでブックマークとして保存したパスが記述されています。

その他

sai-xxxxxxxxxxxx.slc
ライセンスファイルです。起動するSAI本体と同じ場所に置きます。