マニュアル > QandA一覧 > 概要 > ペイントツールSAIとは?

「ペイントツールSAI」は、株式会社SYSTEMAXの小松浩司氏個人により開発されたペイントツールです。
2004年08月02日より試用版が公開され、
2008年02月25日よりライセンスの販売が開始されました。価格は5,250円(税込)

以下大まかに紹介。

  • 気軽に気持ちよく絵が描けることを目指して開発されたペイントツールです。(と公式にあります。)
  • ペイントツールSAIはシェアウェアです。
  • 31日間の試用期間があり、その間だけ全ての機能を試用できます
  • 試用期間を過ぎると、ファイルの保存や読み込みができなくなります
  • 扱うことのできる画像形式は、一般的なpsd,tga,jpg,png,bmpの5種と、SAI専用のsai形式があります。
    ※不透明度付きbmp, pngとjpg, pngの解像度情報に対応(v1.1.0)
  • 編集データは、ARGB各色16bitです。(48bitカラー)
  • 編集可能な最大キャンバスサイズは縦横10000pixel。※推奨最大サイズは搭載メモリに依存し、それ以上のサイズでの安定動作は保障されません。
  • ベクタ形式での編集が可能な「ペン入れツール」があります。
  • ショートカットキーを押下中のみツールが切り替わる「ツールシフト」があります。
  • ブラシ形状・にじみ形状・ブラシテクスチャ・用紙質感などに、自分で作ったテクスチャを適用することができます。
  • 手ぶれ補正」や「筆圧補正」があります。
  • 画材効果として「水彩境界」があります。
  • その他、レイヤー・ブラシの個別設定・レイヤーマスク・クリッピングマスク・選択領域など、ペイントツールとして最低限の機能は揃っています。
    ※v1.1.0でより完成度が高まりました。
  • 設定により、操作パネルをフローティング化することができます。
  • 設定により、ナビゲータのみを分離しフローティングプレビューにすることができます。
  • フルスクリーン表示することができます。
  • フォトレタッチのような作業には不向きです。


最終更新日時: 2010-01-06 10:01:03 (Wed)