スケジュール帳(仮)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

到達地点。

2010年5月の司法試験で合格点を取ること。

目標達成のために必要なこと。

ツール。

試験の前日には、これまでに読んだ教科書・問題集・判例集を、きっと読み返しているはず。

教科書。

繰り返し読める教科書を一冊用意する。
授業やゼミその他で手に入れた知識を書き込む。

問題集。

問題集そのものではなく、問題集に即応した解答集を用意する。
解答集を繰り返し読み返す。

判例集。

百選の判例を覚える。
見た瞬間に事案と判旨が思い浮かぶように。

日々の勉強。

教科書を読む。
問題集を解いて、解答を作る。
判例を読んで、声で吹き込む。
授業を受けて、復習して、ウィキにアップロードする。
ウィキにある程度溜まったら、教科書もしくは問題集の解答集に落とす。

理想的な一日、という妄想。(授業が一日に1コマver.)

  • 午前6時起床。
カーテンを開けて朝日を浴びて、近所を散歩する。
5つくらい判例を読む。【1時間】
朝ご飯を食べて、シャワーを浴びる。
大学院へ行く。
  • 午前9時。
司法試験や定期試験の過去問をゼミで解く。【2時間30分+休憩30分】
  • 午後0時。
家に帰って、もしくは大学院で、お昼ご飯。
  • 午後1時。
粛々と、居眠りせずに授業を受ける。【1時間半】
  • 午後3時。
家に帰って、教科書を読む。【2時間30分+昼寝30分】
  • 午後6時。
晩ご飯を作って、美味しく食べる。
  • 午後7時30分。
ゼミのために、問題を解く。【2時間+休憩30分】
  • 午後10時。
朝に読んだ判例を確認して、レコーダーに吹き込む。【30分】
教科書で読んだところを、Q&A形式でウィキにまとめる。【1時間】
  • 午後11時30分。
明かりを暗くして、お香を焚いて、メールをチェックして、歯磨き。
  • 午前0時。
就寝。

これができたら、一日11時間勉強することになる。もはや合格するしかないんじゃないか。

春休みに読みたい本たち。

科目名 著者 題名 ページ数 所要時間 予定日数 実所要時間
憲法 高橋和之 『立憲主義と日本国憲法』 399 20 4
行政法 櫻井敬子=橋本博之 『行政法』 408 21 4.2
行政法 大橋洋一 『行政法―現代行政過程論』 432 22 4.4
刑法 山口厚 『刑法』 531 27 5.4
刑事訴訟法 田中開ほか 『刑事訴訟法』 410 21 4.2 これよりも論文の方が。
刑事訴訟法 長沼範良ほか 『演習刑事訴訟法』 362 19 3.8 19時間00分・6日
民法 佐久間毅 『民法の基礎1』 454 23 4.6
民法 佐久間毅 『民法の基礎2』 322 17 3.4
民法 道垣内弘人 『担保物権法』 391 20 4
民法 潮見佳男 『プラクティス債権総論』 661 34 6.8
民法 潮見佳男 『債権各論Ⅰ』 329 17 3.4
民法 潮見佳男 『債権各論Ⅱ』 223 12 2.4
会社法 神田秀樹 『会社法』 370 19 3.8
民事訴訟法 伊藤眞 『民事訴訟法』 729 37 7.4
労働法 森戸英幸 『プレップ労働法』 344 18 3.6 6時間30分・2日
労働法 浅倉ほか 『労働法』 486 25 5
労働法 菅野和夫 『労働法』 800 40 8 読まない。辞書。



総日数が春休みの長さを超えています。

欲しい本と読みたい本のリスト


欲しい本

最近、春休み以降の勉強計画を考えるのが楽しくて仕方ないので、とりあえず買いたい本だけでも書き留めておこう。
  • 森戸英幸『プレップ労働法』(弘文堂、第2版、2008)
 →立ち読みしたら面白かった。たぶんかなりグッドな入門書。割と分厚い。
 →買って読書中。やはり面白く読みやすい。春休みの勉強はじめにはもってこいである。
  • 内田貴『民法Ⅰ』(東京大学出版会、第4版、2008)
 →Ⅱ以降も読みたい。法哲学特殊講義で内田貴の契約法を扱うので。
  • 田中開ほか『刑事訴訟法』(有斐閣、第3版、2008)
 →あのN先生も名前を並べるアルマ。これを使ってケースブックを解きたいのだよ。
  • 山口厚『刑法』(有斐閣、2005)
 →刑法の復習を兼ねて、気になる山口センセの一冊本を読みたい。全教科これくらいの厚さならいいんやけど。
  • 佐久間毅『民法の基礎』
 →ⅠとⅡを。これまた評判が良いよね。要件事実も終わったし、そろそろちゃんと民法の教科書が読みたい。
  • 潮見佳男『債権各論』(新世社)
 →良い評判しか聞かないので。
  • 潮見佳男『プラクティス債権総論』(第3版)
 →独学は難しいって聞くけど、どうなのかしら。どんどん京大系のケが…。
  • 道垣内弘人『担保物権法』(有斐閣、第3版、2008)
 →難しいと聞くけど、近江先生とどっちがいいのかしらね。確か、やまけいのオススメ本。
  • 菅野和夫『労働法』(弘文堂、第8版、2008)
 →労働法選択ならこれしか…ないのかな。将来ちゃんと使えるように。
  • 高橋和之『立憲主義と日本国憲法』(有斐閣、2005)
 →果たして、芦部以外に読む必要があるのか、という気もするのだが。
 →ヤフオクで1600円でゲット。出品から1時間以内という瞬殺ぶりである。
  • 藤田広美『講義 民事訴訟』『解析 民事訴訟』
 →前者が分かりやすいと評判だったところ、もうすぐ後者が出版されるらしい。
  上訴も入ってるらしいので、前者の改訂版の位置づけなら、やっぱり後者の方がいいかなぁ。
  とりあえず、読み通せるかどうかの問題である。アマゾンによると560頁とのこと。むー。
  • 西田典之編『事例で学ぶ刑法』(仮)
 →ネット上の噂によると、3月くらいに法学教室の連載が書籍化されるらしい。
  加筆修正もあるんやろうし、試験まで使える問題集になりそう。
  会社法事例演習みたいに、みんなあちこちでゼミを組んで解いてそうな予感。
以下、追加
  • 浅倉むつ子=島田陽一=盛誠吾『労働法』(有斐閣、第3版、2008)
 →ヤマタクのおすすめ。アルマやし、二人が早稲田の先生やし、ほどよいページ数やし、通読用はこれでいいかも。

読みたい本

買っただけで読んでない本があるけど、試験までに読みたい本をピックアップ。
  • 長沼範良ほか『演習刑事訴訟法』(有斐閣、2005)
 →酒巻センセのとこだけチラ見したけど、面白かった。
  • 伊藤眞『民事訴訟法』(有斐閣、第3版再訂版、2007)
 →試験勉強しながら調べて読んだけど、ニャメカワさんの言ってた通り、やはり良い本のようである。
  • 神田秀樹『会社法』(弘文堂、2008)
 →つかTは、「択一をやりながら、江頭か神田に書き込んで…」といつも言うので、神田に書き込みたい。
  • 櫻井敬子=橋本博之『行政法』(弘文堂、2007)
 →定期試験前に後半を読んだけど、分かりやすくまとまってたので前半も読みたいところ。
  • 大橋洋一『行政法―現代行政過程論』(有斐閣、2004)
 →あのK先輩オススメの一冊。ふと気が付くと、この先生は現司法試験委員である。

その他

印刷したりコピーしたり、部屋に資料をそろえるのだ。
  • 重要判例解説
 →実は平成18年までは全部大学院で印刷できるので、試験が終わったら平成分は全部コピーして家に備置。
  • 労働法判例百選
 →たぶん、同上。節約できるところは節約する方がいいよね。
 →現在印刷中。結構時間かかるな…。
  • 法学教室の連載
 →刑法の佐伯センセとか、刑訴の酒巻センセとか。
 →以下、CiNiiから酒巻リスト。裁判員関係は除く。

[40015997066]酒巻,匡
刑事手続における任意手段の規律について
法学論叢 162(1-6),91~107,2008/3(ISSN 03872866) (京都大学法学会)
 ■収録データベース :NDL 
 ■本文: なし         

 [40005795759]酒巻,匡 
令状における条件の付加について
研修 (658),3~18,2003/4(誌友会研修編集部)
 ■収録データベース :NDL 
 ■本文: なし         

 [40005443139]酒巻,匡 
新しい証拠収集手段--提出命令について (特集 規制緩和社会における制裁の役割) -- (手続上の諸問題)
ジュリスト (1228),125~132,2002/8/1-15(ISSN 04480791) (有斐閣 〔編〕/有斐閣)
 ■収録データベース :NDL 
 ■本文: なし         


[40006402681]酒巻,匡
「捜査」の定義について
研修 (674),3~14,2004/8(誌友会研修編集部)
 ■収録データベース :NDL 
 ■本文: なし         
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。