※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

JWC@シミター

通 称:師匠、カトラス乗り、対地屋の大将、校長
二つ名:ジャパニーズワーカホリックコメディアン
乗 機:シミター
尾翼印:永●園ダンダラ模様
性 別:男
外 見:日本人

-備考-
第2クール死亡者の第3クール再スタート組み。
キャラは元自●官、F-1乗りだったとの事。中の人の好みで古い海軍機を改造して乗るのがお好きな模様。特にF7Uカトラスをお気に入りで予算を考えないで改造してしまい、あとでガクブルになっていた。
ちょっぴりうっかりで、漢らしいといえば漢らしいか。
機体は高機動型空戦向きになっているはずなのに対地攻撃でヒャッホウしちゃう、三つ子の魂百まで、を地で行く人。最近、やっと空戦をやるのも板についてきた模様。

改造代の支払いが滞った為、業を煮やした整備隊がF4D-1を強制売却される。
やけを起こして単機突撃 一応の戦果を上げるも高射砲弾により負傷
F7Uはイベントで限界値以上に振り回された結果、機体再起不能で廃棄処分
お詫び?にスカイランサーを入手

ウルフパック来襲により乗機損失、機体到着まで事務員のバイトの予定だったが、
その生真面目な性格と事務処理の腕を見込まれて輸送隊に拉致られ、その後は共に買い付け活動にいそしんでいた。
早々に自分の機体を運んで確保したりちゃっかりしたところもある。CH47乗の遊び癖に振り回されるあたり、苦労もしてる模様

機体入手当初大規模改造を検討していたが、メリットがあまり無いのかエンジンのみ換装。
以後F11F-2(自称)として搭乗。


2nd機体としてシービクセンを入手。
こちらに全財力を投入する模様。ただ、「お前それカトラスじゃねぇの?」とつっこみが入ったりしているところをみると、あの機体は麻薬のように忘れられないのかも知れない

シービクセンの改造費の為にF11Fを生け贄にしてイベントにてF-18を入手。機体を売却して改造費を入手。
だが、完成する前に地上空母が来てしまった為、乗る機会が無かった。

地上空母には中古のF-5で参戦したが、整備不良により爆撃終了後に不時着。
救難ヘリにて無事に回収された。

現在、シミターに乗っているが改造余地の無さに飽きが来ている模様。
次はライトニングの出物を狙っているそうだが・・・


コテ経歴
U4カトラス乗り→元カトラス乗り→元カトラス乗り@JWC→JWC@F11F-2









| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー