突発リレーSS


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ある冷えた朝、気が付くと私は神社の石段をゆっくりと降りていた

「俺はお前の拳では死なん!」

しかし前後の記憶があいまいだ、私は夢でも見ているのだろうか

ところで俺はりえむを使い手なんだが相手が残念がことにまりさを使ってきたので

「うっひょおおおおおおおおおおおおおお!」

「帝王に逃走はないのだ!」

見事に無想転生ぶっぱにあわせてブレイジングをあわせた

その時私は極限まで昇華された鳥のモモ肉は牛の胸肉と比べるのもおこがましいということを悟った

薄れ行く意識の中で私は思った

こわれたおにゃのこのおめめってさいこうじゃね?と

そのとき、不思議なことに私の中に戦う力が溢れ出して来た

だが、そのトキ私の中で何かが弾けた

「ハハハ!!!マシンにパワーがみなぎってきたぞ!やはりEXAMに選ばれた騎士はこの私なのだ!」

と、ここでネタばらし。実はこの戦闘、ターゲット以外すべてが仕掛け人。

彼らならきっと笑って許してくれるだろう。そう信じて俺は、筆を進める

よなかだー

「おい、パチュリー。何かいてるんだ?」

「デスノートを少々・・・吸血鬼ってこれで死ぬのかしら?」

パチュリーはふ、と息をついた。それから立ち上がり、こう叫んだ。

「やっべこれ婚姻届だ」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。