※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リアルデータとは

リアルデータとは、1.5のn乗のnを評価に置き換えた数字(小数点第1位まで、それ以下は四捨五入)
例:評価2は1.5の2乗で2.3になります。
同様に評価-2だと1.5の-2乗で0.4になります。

とりあえずむつかしいことは考えないで下記のリアルデータ早見表を見ましょう。

ゲーム中の処理の仕方

1.プレイヤーの評価がリアルデータに度変換されます。
2.冒険参加者(2名だったら2名分、30名だったら30名分)のリアルデータが合計され、再度評価に戻されます。
  ちなみに、技を使うことが指定されている場合、燃料1を消費するかわりに指定されている技能に1の評価修正が加わります。
3.最終評価と要求能力が比較され、成功判定が行われます。
  これは評価の差分を見ることで、簡単に類推できます。

例1:要求能力が幸運2の場合
  参加者Aの幸運評価1
  参加者Bの幸運評価1  として
 1.技が指定されているか、いないか確認
   技は+1になるが、今回設定していないのでそのまま。
 2.プレイヤーの評価をリアルデータにする(下の早見表参考)
   参加者Aの幸運評価値1→リアルデータ=1.5
   参加者Bも同様
 3.参加者のリアルデータを合計し、再度評価に戻す
   1.5+1.5=3.0。二人のリアルデータ合計値は3.0となります。
   そして下のリアルデータ速見表で3.0にちかい数字を見ます。
|2|2.25|←誤差1.13
|3|3.38|←誤差0.38。3.0に一番近い。
|4|5.06|←誤差2.06
   3.38、つまり評価値3が一番二人の合計値に近く、二人の幸運評価値は3となる。
 4.評価の差分と比較して成功判定を類推する
   今回の要求能力は2なので
   3(参加者)-2(要求能力)=1(判定値)
   下の判定早見表より+1は60%の成功率
 よって、このイベントの成功率は60%である


例2:要求能力:敏捷10
  参加国Aの敏捷評価1が5名
  参加国Bの敏捷評価1が3名で、全員が敏捷+1の技を使用する場合。

  1.技使う/使わないを確認
   今回、参加国Bは技を指定している。
   技は+1で1.5倍の計算となるため、リアルデータにする前にプラスする。
   参加国Bの一人当たり。敏捷1+1(技分)=2 →リアルデータ2.25
   参加国B:2.25(リアルデータ)×3(人)=6.75

  2.参加国Aの一人当たり。敏捷1→リアルデータ1.5
   1.5(リアルデータ)×5(人)=7.5

  3.リアルデータを合計、再度評価へ
   参加国A+B=7.5+6.75=14.25
   14.25に一番近い評価は11

  4.評価の差分と比較して成功判定を類推する
   要求能力は10なので
   11(我)-10(要求能力)=1
   下の判定早見表より1は60%の成功率
 よって、このイベントの成功率は60%である

注意:なお、厳密な話をすると、「評価値の中間値のリアルデータ」と「評価値のリアルデータの中間値」の間には差があります。たとえば、評価10と評価11の中間値10.5のリアルデータは70.62、一方、評価10のリアルデータ50.67と評価11のリアルデータ86.5の中間値72.08の間には2ほどの差があります。このため、非常にまれですが71のようなその間の値が出た場合には、評価10ではなく評価11になります。どうしてもそのことが気になる方は、儀式魔術/第二次黄金戦争/アイドレスでの計算についてで提供されているエクセルシートなどを利用するのがいいでしょう。

判定早見表

差分(我から彼(要求能力)を引いた値) 成功率
+4  120%
+3  100%
+2  80%
+1  60%
0   50%
-1  40%
-2  20%
-3  0%
-4  -20%



リアルデータ速見表

規模
-5 0.13
-4 0.2
-3 0.3
-2 0.44
-1 0.67
0 1
1 1.5
2 2.25
3 3.38
4 5.06
5 7.59
6 11.39
7 17.09
8 25.63
9 38.44
10 57.67
11 86.5
12 129.75
13 194.62
14 291.93
15 437.89