絢爛舞踏祭@Wiki バイオ・サイボーグ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バイオ・サイボーグ

コンピューター上でエミュレーションされた人間を
人間として認めるかどうか、盛んな議論が繰り返されていた頃、
別種の進歩を繰り広げてきたものがあった。

それはバイオ・サイボーグである。

人間の機械化そのものはメンテナンス、稼動年数の問題で
実用域に達せず失敗に終わったものの、生体そのものをいじることで、
人でありながら人でない存在“亜人種”を生み出すことは、徐々に可能になった。

部品単位で人体の入れ替えがきくようになり、生物化学の許す範囲内で、
強化を行う事が可能になったのである。
これら、新しい亜種の中に、コンピューターと相性の良い、あるいは、
コンピューターのような制御が可能な新たな亜種が現れた。
プログラムの読み込みや、実行、制御が規格化され、一部は機械とコネクト
するための共通設備(目)を持った人類である。

これらは、ウイルス・マイクロマシン(ウイルス形式のマイクロマシン)と
組み合わせて“バイオ・サイボーグになる病”として世に出回り、
そのウイルスを自由に設計し、生み出すウイルスの母、“水素の心臓”を
持つ宿主の出現によって、さらなる飛躍をとげる。

バイオ・サイボーグの中には、知能を強化された
海洋哺乳類や、鴉、犬、猫、蛇などがいた。
これらは最初の準人類と見られ、100年の階級闘争の後に、
ほぼ人権の獲得に成功した。
AIや、エミュレーター人類もこれに加わる。

こうして、多様な“知性”存在の出現に際して、人類は己を万物の霊長、
主役と名乗ることをやめざるをえなかった。
もはや知性は唯一の種族のものではなく、皆のものとなっていた。

ここに、人類を含む“知類”、インテリジェント・レースが誕生し、
太陽系は、宇宙船から動物まで心を持つ、アニミズムな世界となった。
知類の種類はもはや数え切れず、仮想世界と現実世界の双方に生命は広がり、
随分と騒がしい世の中になっている。

| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|